アトピー治療全般 アトピーとステロイドについて アトピーと腸内細菌について

赤ちゃんが花粉症やアトピーならない新薬についての個人的な見解

トシです、

2018年11月26日(月) にYahooニュースで
赤ちゃんをアトピーにしない新薬について
発表がありました。

そのことについて
Twitter上で話題となっていたので
僕なりの意見を書いていきます。

国立成育医療研究センターが行った
この実験についてですが、
個人的にかなり危険な考えだと
思ってなりません。

そもそもlgEとは


lgEとは石坂公成博士らが
1996年に発見した概念です。

アレルギー反応があると
lgE数値が上昇することから

アレルギーを検査する上で
数値化しやすいということで
多くのアレルギー検査で
判断の指標となっています。

ただ、このlgEというのは、
悪者というわけではなく体に入ってきた
アレルギゲンを退治する大切な機能です。

アレルギー体質の方の場合は
この機能が過剰に反応してしまい
無害な物にも攻撃をしてしまうことで
アレルギー症状が出ているのです。

もし、今回の新薬を人間に使い
lgEが作られない体になった場合、
一体どうなるのでしょうか?

これまで地球上にlgEが
全く作られない人間は出現していないので
完全に予想での話しになってしまいますが

おそらく、

『かなり病弱な人間』

と予想します。

なぜなら、lgeは血液中に漂いながら
主に寄生虫の侵入から体を守っています。

さらに、

毒素、真菌、胞子、塵性ダニなどの
体に害を与える可能性がある物質を

アレルギー反応
(熱、くしゃみ、粘液分泌)

を出すことによって
体から有害物質を取り除き
健康維持に貢献しています。

lgEが完全に作られないとなると
確かにアレルギー反応そのものは
起こりようがありません。

が、

その結果、体内に侵入した寄生虫や
毒素が内側で好き放題に暴れまわり
徐々に体を崩壊させていきます。

しかもアレルギー症状が出ないので
深刻なレベルになるまで
自覚することすら出来ない
可能性があります。

西洋医学というのは
悪い部分は切ってしまえば良い。

という単純な思考で成り立っています。

僕個人としては、この考えは否定的で
体に備わっているメカニズムはどれも
健康を維持するために大切なものであって

人が操作してはならない
神聖な領域だと考えています。

どうすればアトピーが治せるのか?


こういった新薬が出た時に
喉から手が出るほど欲する人は
アトピーに悩み苦しみながら
なんとか生活をしていると思います。

僕自身も相当アトピーが酷い状態で
死んだほうがマシだと感じながら
生きていた時期があります。

なので、

その苦しみから開放されるのであれば
どんなことでもやってもいい。

という考えになりがちです。

ただ、アトピーという病気は
何も原因が無いのに出ているのではなく
ちゃんとした理由がそこにはあります。

体はアトピーという症状を通して
SOSをあなたに訴えかけています。

そういった体の声を無視して
目先の快楽のために体の構造を
滅茶苦茶にしてしまえば
そこには地獄が待っています。

アトピーの場合、大抵の場合は
歴史的な変化から考えてみても

食生活の変化から来る
腸内細菌の減少が原因です。

腸には体の70%もの免疫細胞が集結し
健康を支えてくれています。

現代人の食生活の乱れで
この腸に異常が現れしまい

結果的にアトピーとして
表面化しているのです。

もちろん、

内側だけでなく外側からの
アプローチも非常に大切です。

この考え方については
こちらの記事で解説しているので
参考にして下さい

なぜアトピーは何年経っても治らないの?完治させるための2つの視点

アトピーの方の場合は肌を掻いたことで
バリア機能が壊れているので保湿をし
保護することも大切な行為です。

この内側と外側の2つの側面から
治療を行っていくことによって
アトピーは改善可能です。

大前提としてアトピーは
元々の体の力で治せるものであると
肝に命じておく必要があります。

そうでないと、

こういった薬に簡単に手を出してしまい
一生後悔することにもなりかねません。

西洋医学との正しい付き合い方


今回の新薬に関わらず
薬にはいい面と悪い面が必ず存在します。

例えば、

ステロイド薬という薬は
アトピーの症状を一時的に抑えますが
免疫機能を弱めてしまうため
感染症になりやすいリスクがあります。

薬は確かに便利ですし
人間の生存率を高めています。

ただ、

多用し過ぎると副作用が発生し
体を自ら痛めつけることになります。

あくまで薬は緊急時に使うものだと
考えておいたほうが体への負担がなく
健康的な付き合い方が出来ます。

西洋医学については
こちらの記事を
チェックしてもらえると
より理解出来るかと思います。

西洋医学は病気を治せない!?薬の役割と賢い付き合い方とは?

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー治療全般, アトピーとステロイドについて, アトピーと腸内細菌について,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー