アトピー治療全般 アトピーと敏感肌について

アトピーの保湿にニベアは効果的?様々な保湿剤を使用してみて感じること

2018年11月29日

トシです、

保湿していますか?

アトピーといえばまずは、

『保湿!』

というぐらいアトピーで悩んでいる方は
保湿を意識しているかと思います。

僕自身も保湿は昔から意識しており
これまで様々な保湿剤を試してきました。

今回はそんな実体験を元に
保湿の方法やオススメ商品を
紹介していこうと思います。

この記事を読むことで
どんな保湿剤を使えば良いのか?

そして保湿はアトピーに対して
どのような効果が期待できるのか。

ということについて深く理解でき
肌を安全に保護しながらアトピーを
しっかりと改善させることが可能です。

保湿の有効性

アトピーの方の肌というのは
何度も何度も掻いたことによって
肌のバリア機能が崩れています。

すると、

崩れたバリアの隙間から
刺激が肌に伝わりやすい状況となります。

さらに、

肌の水分も外に蒸発しやすくなり
カサカサと乾燥しやすいです。

そのような状況だとちょっとした刺激でも
肌が敏感に反応してしまうこととなり、
強い痒みを感じてしまいます。

ただ、そこで掻いてしまうと
余計にバリア機能が崩れてしまい
さらに痒みを感じやすい状況となります。

アトピーを根本から解決するためには
痒みの根本的な原因となっている、

食べ物などの要素を意識していき
それと同時にバリア機能が回復するまで
保湿剤などを活用して

肌を守ることが大切です。

実際にアトピー体質の疑いがある
赤ちゃんに対して行われた研究では、

保湿剤を塗ったグループと
そうではないグループでは、
保湿剤を塗ったグループの方が

4割ほどアトピーの発症率が
低下したことが分かっています。

保湿剤を塗ることなアトピー解決の
根本的な改善にはならないですが
痒みを抑えるという部分に関しては
非常に有効的な手段だと言えます。

僕自身もアトピーを抱え育ってきたので、
保湿に関しては意識が強いです。

小さい頃は皮膚科から処方された
ピンクの蓋の保湿剤を塗っていました。

ただ、ニオイがあまりよくなく
あまり好んではいませんでした。

中学生や高校生のタイミングになると
思春期ということもあってか

いい匂いがするシャンプーやワックス、
化粧水などにこだわりが出てきます。

僕自身もそんな時期に入った際に
今まで使っていた皮膚科の保湿剤を止め、

市販で売られている保湿剤の中で
何か良いものはないかと探しました。

今まで使ってきた物としては、

薬局でよく見かける乳液タイプの保湿剤や

アトピーの方向けのクリームタイプ

 

 

 

 

 

多くの保湿剤に使われているワセリン

などなどです。

その他にも、

シュッと吹きかけて使用する
液体タイプの保湿剤なども
試した経験があります。

いくつかの保湿剤を使用してみて
僕の場合は乳液タイプはNGでした。

商品にもよりますがヒリヒリと
肌が痛むものが多くあったのです。

また、ワセリンは無難ではあったのですが
独特の油のニオイがどうしても気になり
今は使わなくなってしまいました。

それでは、

現在は何を使っているのかと言えば、
『ニベア』を使用しています。

青缶に入ったあのニベアです。

 

ニベアの成分

ニベアは、ドイツバイヤスドルフ社の
化粧品で世界中に愛用者がいます。

ラテン語で『雪のように白い』
という意味の『nivea』から
その名前が付けられました。

日本では1968年から製造が開始され
今では多くの方が使用しています。

ニベアに使われている成分は、

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

となっており、

よく比較される保湿剤として
ドゥ・ラ・メールがあります。

ドゥ・ラ・メールは
定価2万円ほどする高級クリームで、
マドンナや酒井若菜さん、
鈴木えみさん、小嶋陽菜さんなど

キレイな女優さんが
愛用していることで有名です。

ただ、その成分を見てみると、

水、ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mg、オレイン酸デシル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン

と、ニベアとさほど違いがありません。

その事実はNAVER まとめとして
記事になっているほど有名です。

ニベアで肌が蘇る?!実はあの超高級クリームとほぼ同じ成分!!
https://matome.naver.jp/odai/2133334537207152901

商品の価格というのは成分以外にも
広告費やCM起用している方の
人件費なども含まれるので
違いは出て当然ですが、

コスパという意味で考えると
ニベアは優秀だと言えます。

ニベアクリームの使い方

ニベアは全身に使用できる
保湿クリームです。

僕自身は手や体、顔に塗り
これ一つで全身に使っています。

お風呂上がりや朝などに付け
昼間に乾燥が気になる部分には

カバンに入れてある
チューブ式のニベアを取り出し
乾燥を抑えています。

 

 

ニベアを使い続けてみて感じること

これまで乳液やローション、
液体タイプなど、

様々な保湿剤を使用してみて
やっぱり最終的には
ニベアに落ち着いています。

ニオイも強すぎず清潔感があるので
とても使いやすいですし価格も安価で
手軽に購入がしやすいのが嬉しいです。

アトピーの場合だと他の方よりも
保湿を念入りにするので
どうしても保湿剤を使う量が
多くなってしまいがちです。

なので、あまり値段が張る物だと
経済的に負担になり続けにくいです。

・コスパ
・使いやすさ
・信頼性

という部分でニベアは非常に優秀な
保湿クリームだと感じています。

ちなみに、

ニベアの青缶はスーパーやコンビニなど
あらゆるところで見かけると思いますが、
薬局の方が少しだけ安く購入できます。

地域差もあるかもしれませんが
一度確認してみて下さい。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー治療全般, アトピーと敏感肌について,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー