アトピー治療全般 アトピーとステロイドについて

大人のアトピーはうつるのか?アトピーの正しい認識と対処法を解説!

2018年11月30日

トシです、

アトピーは感染すると
言われた事はありませんか?

アトピーを幼少期から抱えながら
日常生活をおくってきた方の中には
酷いイジメを経験しています。

アトピーは見た目で分かりやすく
子供はどストレートに発言するので
ついついアトピーの子を見ると
気づくような言葉を発します。

大人になればアトピーという病気を
理解することができてくるので
あからさまに中傷することは
ほとんど無くなるかと思います。

今回はそんなアトピーに対する
イジメの中で言われがちな

『アトピーは感染する』

ということについて
解説していきます。

結論から言えばアトピーは感染しません。

アトピーで悩んでいる方であれば
そんなことは当たり前に知っています。

ただ、アトピーであることで
発症しやすい病気などもあるため
そのことについて紹介します。

アトピーを治すためにはこの病気が
どんな仕組みで発症しているのか
ということを知ることは大切です。

アトピーの深く知れば自然と
治し方も見えてくるので
今回の内容を理解することで
アトピーを改善させていきましょう。

アトピーは感染するの?


冒頭でもお伝えしましたが
アトピーはうつりません。

感染するタイプの病気というのは
ウイルスなどによるタイプです。

一般的に知られている感染型の病気は

・風邪
・インフルエンザ

などが有名です。

これらの病気は病原となるウイルスが
体に侵入することで発病していきます。

さらに、発病した方が咳をすると
その咳に含まれているウイルスが
空気中に漂います。

そのため、

偶然あなたがその空間に居た場合
空気感染という形でウイルスを
吸い込んでしまう可能性があります。

アトピーというのは特定のウイルスで
発症するような病気ではありません。

根本的な原因は免疫システムの暴走なので
アトピーがうつることはありません。

とはいえ、アトピーである場合
少しだけ覚えておきたい事があります。

それは、ステロイドによるリスクです。

アトピーの方の場合、
ステロイドと呼ばれる
薬を処方されるかと思います。

このステロイドは免疫の働きを弱め
暴走しがちな免疫システムを
強制的に停止させる働きがあります。

アトピーで悩んでいる方にとっては
非常に有り難い存在なのですが
免疫の働きを抑えることによって
感染型の病気にかかりやすい。

というリスクもあります。

『副作用の無い薬は無い』

と言われるほど、

薬は作用と反作用があります。

アトピーを抑える代わりに
ステロイドを多用してしまうと
反作用が起こることがあります。

具体的なステロイドとの付き合い方

アトピーの炎症を抑える方法として
確かにステロイドは効果的です。

これは僕自身も幼少期から
使ってきたので確信しています。

ただ、

薬を多用すれば副作用を起こす
というリスクが高まります。

なので、

最終的にあなたには
ステロイドを使わなくても

アトピーが全く出ない、
あるいは多少は出るけども
気にならない程度。

という段階まで上がって
もらいたいと思っています。

ステロイドは非常に便利なので
ついつい多用してしまいがちですが
そもそも西洋医学の始まりは
戦時中の兵士への応急処置でした。

この辺りに関しては
こちらの記事にまとめたので
読んでみて下さい。

西洋医学は病気を治せない!?薬の役割と賢い付き合い方とは?

応急処置で使われる薬というのは
基本的に効果は凄まじい威力です。

ただ、

その威力は身体に負担でもあります。

なので、長期的に薬を使用することは
健康を目指すのであれば避けるべきです。

「でも、ステロイドを使わないと
アトピーが悪化してしまって無理です!」

と思うかもしれません。

その気持は良く分かります。

僕もかつてステロイドを止めようと思い、
脱ステを行った経験があります。

ステロイドを止めた途端に
関節部分がパックリと傷で割れてしまい
体を動かすだけで激痛が走りました。

手の平でさえ、アトピーが出てしまい
Amazonのダンボールを開封することすら
一人で出来ない状態でした。

なので、

僕は脱ステは絶対にオススメしません。

脱ステをするのではなく
徐々にステロイドを減らしていき

無理の無いペースで
薬の依存から抜け出していき、
最終的にステロイドから
卒業できればそれで良いのです。

なので、

現在ステロイドを使っている場合でも
全く問題ありませんので安心して下さい。

具体的なステロイド依存から
抜け出す方法に関しては
過去に記事を書いているので

詳しく知りたい場合は
そちらをチェックしてみて下さい。

脱ステは地獄の入り口?ステロイドから安全に抜け出す4ステップとは!?

ざっくり説明すると

・薬の使用頻度を減らす
・薬のレベルを減らし使用頻度を増やす
・薬の使用頻度を減らす
・薬をほぼ使わない状態

の4つのステップを踏むことで
僕自身はある程度はステロイドを使わず
日常生活をおくれるようになりました。

感染症になった小学校3年生


僕自身、実は過去に
感染症になった経験があります。

記憶が曖昧ではあるのですが
おそらく小学校3年生頃だと思います。

朝目が覚めると全身にブツブツが
ブワーッと広がっていました。

アトピーとはまた違った湿疹に驚き
母親に泣きながら事情を説明し
すぐさま近くの皮膚科へ向かいました。

医者曰く、

「これはヘルペスなので
もっと大きい病院で見てもらいましょう」

ということで、
紹介状を書いてもらいました。

大きな病院の医者の体を見せ
ヘルペスであることが確定し
しばらく入院することになりました。

入院中は毎日注射を打つため
針に怯えて泣きわめいていました。

必要以上に体に力入るので
針がなかなか上手く入らなかったようで
何度も注射を行っていました。

ヘルペスというのは
『ヘルペスウイルス』と呼ばれる

特定のウイルスに感染することで
発症する病気のことを言います。

「当時はどうして
こんな病気になったのかな?」

と不思議に思っていたのですが

おそらくステロイドによって
免疫力が低下したことで
発症した可能性が高いです。

薬は便利ではありますが
注意するべき点が必ずあります。

アトピー自体は感染することは無いですが
薬などの副作用で感染症を伴うリスクは
十分に考えられることです。

最終的にはステロイド依存から抜け出し
薬を使わなくても生活がおくれる。

そんな状態を目指していきましょう。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー治療全般, アトピーとステロイドについて,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー