アトピー治療全般 アトピーと環境変化について

空気清浄機でアトピーは改善するのか?購入してみて分かったこと

トシです、

空気清浄機でアトピーは改善するのか?

アトピーが悪化し始めると
やたらと原因を追い求めがちです。

「あれがダメなのでは?」

「これがダメなのかも…」

と。。。

僕自身もアトピーが悪化していた頃は
藁にもすがる思いでネット上で

『アトピー 改善』

『アトピー 完治』

などと検索をして、

少しでも効果がある方法は
なるべく取り組んでみました。

今回はそんな数々の取り込みの中で
空気清浄機について解説します。

空気清浄機を購入しようと思ったのは
アトピーが先進国で多く発症しており

「空気の汚れが原因なのでは?」

と疑問に感じたからです。

この記事を読むことで
アトピーが荒れてしまい
冷静な判断が出来ない状態から抜け出し、

しっかりと冷静にアトピーと向き合い
根本的な問題を解決させることで
アトピーを改善させることができます。

大気汚染物質によりアトピーが悪化する


2016年11月15日に東北大学大学院
医学系研究科の日高高徳医員チームが
公式に発表した研究結果によると、

大気汚染物質が皮膚に付着することで
AhRと呼ばれる受容体が活性化し
アーテミンが働き痒みが出る。

ということが分かりました。

実際にマウスによる実験によると
意図的にAhRを活性化させたマウスは
喘息やアトピーに近い症状を示しました。

アーテミンについては以前に

『温度変化の痒みの原因』

というテーマでも
詳しく解説しているので
こちらの記事を参考にして下さい。

大阪大学院が解明した痒みと温もりに関係している『アーテミン』とは?

アーテミンが活性化することにより
痒みが強く出てしまいます。

その結果、肌を掻くことで
バリア機能が壊れてしまい
余計に刺激に敏感となります。

AhRを活性化させる大気汚染として
最も多いと言われているのが、

『ディーゼル排気』

です。

ディーゼル排気というのは
Wikipediaで検索してみると、

ディーゼルエンジンの排気に含まれる微粒子成分を指し、濃度が高い場合は黒煙として見ることができる。その成分には発ガン性が指摘されるものや呼吸器疾患の原因物質として考えられているものが含まれていて、古くから研究が続けられている。また、ディーゼルエンジンに触媒を用いた排気浄化装置が長らく実用化されなかった理由の一つでもある。

引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E6%8E%92%E6%B0%97%E5%BE%AE%E7%B2%92%E5%AD%90

と書いてあります。

ディーゼル排気は主にディーゼル車から
排出される有毒なガスなので、

先進国の都市部や車を扱う工場では
無意識に口や鼻から吸収していたり
肌に付着しているケースがあります。

こういった背景があることから
経済発展している先進国や都市部には
アトピー患者が多いと言えます。

僕自身がこのことを突き止め
どのように対策をしたのかと言えば
今回のテーマである空気清浄機を
部屋に設置することにしました。

当時は、

「少しでもアトピーを改善したい!」

と必死の思いでした。

なので、

空気清浄機を買うことに
ためらいはありませんでした。

購入した空気清浄機は加湿器機能があり、
乾燥肌だった僕は加湿をしながら
部屋の空気を清浄することにしました。

ただ、

僕の場合は全くアトピーに対して
効果はありませんでした。

そもそも冷静に考えてみたら
仕事をする人間にとっては、

部屋で過ごす時間よりも
外で過ごす時間の方が多いです。

当然、外では大気汚染が飛んでいるので
いくら部屋の空気をキレイにしても
全く意味がありません。

アトピーや喘息持ちの赤ちゃんであれば
一日を部屋で過ごすことが多いので
症状を和らげるという意味では
良いのかもしれません。

ただ、ある程度の年齢の方には
空気清浄機でアトピーを改善させる。

という方法はあまり
現実的ではありません。。。

アトピーが酷いと頭の中が恐怖で支配され
正常な判断が出来なくなってしまうので

ついつい、

「アトピーに効果があるよ!」

という声を聞くと、
衝動買いをしてしまいがちです。

何かを購入する時は
よく考えるようにする。

と反省しています。

上手な空気汚染との付き合い方


それでは、、、

どうすれば汚染された空気でも
アトピーを改善させることができ、

健康でストレスの無い平和な日常を
過ごすことができるのでしょうか?

理想的なことを言えば、

汚染物質の少ない空気のキレイな
オアシスのような空間で暮らすことです。

ただ、そんな場所は限られますし
何より仕事に忙しい現代人には
そのようなことは非現実的です。

では、今の生活スタイルのままでも
アトピーを改善させるには
どうすれば良いのか?

それは、

『環境に負けない体にすること』

です。

人間はこれまでの歴史の中で
様々な病気を戦い生き残っていきました。

中には病気に打ち勝つことができず
命を落としてしまった方もいます。

そんな中でも病気を克服し
生き残った人々があなたの先祖です。

人間の体には病気に打ち勝つ
強い生命力が宿っています。

僕たちはただその力を引き出せるように
環境を用意してあげれば良いのです。

環境を用意してあげるというのは
『体の機能を邪魔しない』ことです。

例えば、

毎日のようにビールばかり飲めば
お腹がみっともない状態になるのは
あなたも知っていると思います。

ただ、ビールを飲みすぎることで
確実に肝臓を痛めていますし
負担を与え続けています。

「お酒を飲むな!」

と言いたい訳ではありません。

体があなたを健康にするために
毎日汗水たらして頑張っているのに、

あなたが健康に悪い習慣を続けるのは
体の毎日の仕事量を増やしてしまい
余計に負担を与えてしまいます。

そのことを理解してほしいのです。

体を応援してあげられるような
最適な環境を整えることで
病気は自然と消えていきます。

アトピーであれば、

まずは腸を完全に健康体にしましょう。

また後々、詳しく腸の健康法について
解説していきたいと思っていますが、

基本的な腸へのアプローチは
食物繊維を沢山与えてあげることです。

食物繊維は人間の栄養にはなりませんが
腸内細菌にとっては大好物の食べ物です。

食物繊維の摂り方については
こちらの記事でまとめているので
参考にしてみて下さい。

【完全保存版】食物繊維が枯渇した現代で豊富な食物繊維を摂る方法

空気清浄機を購入して個人的に思うこと


僕はアトピーを改善させる目的で
空気清浄機を購入しました。

今その空気清浄機が
どうなっているのかと言うと、

コンセントから外し押入れの奥の方に
寂しくしまい込まれています。

おそらく、もう使うことはありません。

もし、空気清浄機を使うことで
アトピーが改善したとしても

それは、

ステロイドで一時的に症状を抑えるのと
さほど変わらないことです。

病気に限ったことではありませんが
起こっている現象というのは、

・根本的な現象
・表面的な現象

の2種類に分類できます。

例えば、

「風邪の原因は何ですか?」

と質問をすれば9割以上の方が

「ウイルスが原因」

「お腹を出して寝たから」

などと答えると思います。

確かにその通りなのですが、
この原因を深く掘り下げていくと

ウイルスをしっかりと駆除できない
体の免疫力に原因がありますし、
その免疫力を支えているのは腸です。

すると、

腸内環境が整っているか。

という部分を考えることとなり
もし整っていないのであれば

腸内細菌がエサとしている食物繊維が
不足している可能性が高いです。

そう考えると、

日頃から食物繊維を
十分に食べていないことが

『根本的な風邪の原因』

ということになります。

「アトピーを治したい!」

と真剣に考えているからこそ
表面的な原因に惑わされてしまい、
余分な健康グッズを買うのではなく、

本質的な原因を忘れること無く
アトピーを改善していきましょう。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー治療全般, アトピーと環境変化について,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー