アトピー 食事制限 アトピー治療全般

1日1食健康法でアトピーは改善するのか?実践してみて感じたこと

トシです、

1日1食でアトピーは治るのでしょうか?

今回は食事制限とアトピーの関係について
詳しく解説していきたいと思います。

具体的には、

・食事を減らすことで得られる
メリット&デメリット

・なぜ、食事回数を減らすことで
アトピーが改善する場合があるのか?

ということについて解説します。

僕自身、1日1食に関しては
過去に実践してきた経験があるので
その頃の個人的な体験談を踏まえて
アトピーとの関係性を紹介します。

1日1食健康法とは!?

健康法とネットで検索すると
様々な方法が表示されます。

その中でも意外性があるのが

『1日1食健康法』

です。

初めて聞いた方であれば、

「えぇ〜1食しか食べないの??」

と感じると思います。

この健康法は固形物を食べるのは
1日に1回のみであって、

それ以外は水分補給しかしない。

というものです。

人によっては軽い間食であれば
食べても良いとされていますが、

基本的に食べないことで
健康体になろうという考え方です。

実は有名人の中でも
1日に1食しか食べないと
公言されている方が数名います。

例えば、

・タモリ
・Gackt
・京本政樹
・ビートたけし
・福山雅治
・サンプラザ中野
・千葉真一
・辰吉丈一郎
・三枝成彰
・水谷豊
・ピンクレディーのmie

などなど。

皆さん、とても若々しく
エネルギッシュな方々ばかりです。

なぜ食べなくても健康になるのか?

一般的に考えると食事を摂らないことは
不健康であると感じると思います。

特に仕事でパワフルに動くのであれば
食事を3食きっちりと食べる方が良いと
考えるのが世間の常識です。

ところが、

食事をした後の体というのは
消化に莫大なエネルギーを消費する。

と言われています。

そのエネルギー量は3食分の消化で
フルマラソン(42.195キロ)相当の
体力を消費していると言われています。

食事の回数を減らすことで
消化する回数も減ることになります。

すると、

消化による莫大な
エネルギー消費がなくなり
結果的に他のことに使える
エネルギーが増える。

という考え方があります。

1日1食を実践されている有名人が
多忙の中でも元気いっぱいな姿を見ると
この考え方も間違いとは言い切れません。

また、

『腹八分目』

と言われるように食事を制限することは
科学的にメリットがあるとされています。

例えば、

必須栄養素はしっかりと与えながら
カロリー摂取量を制限することで、

ハエ、酵母、げっ歯類の寿命は
約40%も延長されることが
科学的に分かっています。

また、

食事制限をしたサルと
そうではないサルでは、

見た目の若々しさに驚きの差が生まれる
ということも分かっています。

これは、

『サーチュイン遺伝子』

と呼ばれている長寿活性化遺伝子が
活性化したことで起こります。

普段はこの遺伝子のスイッチはOFFで
機能することは無いのですが、

一定水準の食事制限を行うと
スイッチがONとなり長生きしやすい
体質へと変化するとされています。

アトピーに効果はあるのか?

それではこの1日1食健康法は
アトピーに効果があるのでしょうか?

個人的な考えとしては、

『NO』

です。

確かに食事制限をすることで
体の機能が活性化していき
若々しさを保てる方法なのですが、

アトピーを改善するという事であれば
それはまた別の話しだと言えます。

確かに食事制限をすることで
アトピーが改善した事例は存在します。

ただ、

それは単純に痒みに繋がっていた
食べ物を食べる機会が減ったから
アトピーが改善した可能性が高いです。

痒みの原因となっている食べ物が
体内に入ってくる回数が減った。

痒みが起こる回数が減り
アトピーが改善した。

という流れでとてもシンプルです。

ただ、だからといって
これでアトピーが良くなった。

とは言い切れません。

なぜなら、食事制限をやめれば
途端にまたアトピーが再発するからです。

根本的な解決にはなっていないので
個人的には食事制限をしたからと言って
アトピーが治るわけではない。

と考えています。

具体的なアトピー改善方法

もし、食事制限によって
アトピーが改善した。

という経験をされたのであれば

普段から食べている食べ物が
痒みを引き起こしている可能性が
非常に高いと言えます。

昔行ったアレルギー検査で
問題が無かっとしても年齢とともに

反応する食べ物が変化しますし
加工食品の材料として

痒みの原因となっている食べ物が
密かに含まれていて、
それに気がついていなかった。

というケースも考えられます。

この辺りは『グルメ日記』
非常におすすめです。

この方法は日記形式で
翌朝に前日の食事内容と
翌朝の体調をメモする方法で、

ほぼ確実にアレルギーの原因を
特定することができます。

しかもお金をかけずに。

僕自身がこの方法で突き止めたのは
『日本米』でした。

実は日本米に含まれている
アミロペクチンという成分が
痒みに繋がっていたのです。

このあたりに関しては
僕の海外生活をまとめた記事で
詳しく解説しているので
参考にしてみて下さい。

【遂に解明!】海外に行くとアトピーが治る1つの理由 Part1

 

1日1食にハマった時期

僕自身、1日1食健康法に
かなりハマった時期があります。

当時、Amazonで健康本を検索していて
1日1食健康法という本を見つけました。

 

そのことがきっかけとなり、
アトピーが治るのでは?

という期待を持ちながら
1日1食健康法を実践しました。

ただ、

やはり食べないということは
非常にツライもので、
お腹はぺたんこで常に空腹でした。

消化にエネルギーが使われない分
他のことに力を注げるのかもしれませんし
寿命が伸びるのかもしれませんが、

個人的にはこの健康法は
長続きしないと思います。

結局のところ、

健康法というのは
何十年も継続しなければ
効果を最大限に発揮しません。

食事制限によって体が活性化するとしても
僕には1日1食を何十年も続けるよりも

腹八分目で1日に2食、3食と食べるほうが
精神的にもストレスなく
続けられると感じます。

この辺りは個人の価値観よって
意見が分かれると思うので

興味があれば実践してみるのも
アリかと思います。

実際にやってみて自分に合っていれば
そのまま継続すれば良いですし、
僕のように合っていないと感じれば
止めれば良いかなと思います。

ただし、あくまでもこの健康法は
アトピーを改善させる方法ではなく

消化に使っていたエネルギーを
他のために注いだり、
長寿のためのものだと考えましょう。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー 食事制限, アトピー治療全般,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー