アーユーハッピー?35億の借金から成り上がった矢沢永吉の生き様

書籍レビュー 尊敬する人物

アーユーハッピー?35億の借金から成り上がった矢沢永吉の生き様

トシです、

『成り上がり』という言葉が好きです。

この言葉の意味をウィキペディアによると

低い身分の者が急に出世したり、
貧乏人が急に金持ちになることや、
そういった人を意味する。

と書かれています。

要するに逆転勝利ということです。

人生を生きていると何度か
こういった経験をすることがあります。

だからこそ人生は面白いと感じます。

『成り上がり』

という言葉を初めて知ったのは
おそらく中学の頃だと記憶しています。

当時、家の本棚に立て掛けてあった
『アー・ユー・ハッピー?』という本に
なぜか興味を持ちペラペラと
ページをめくりました。

読んでいくうちに徐々に夢中になり
結局、机に座り真剣に読み込みました。

この本の中に『成り上がり』
という言葉が出てきて
素直にカッコいいなと感じました。

この本を書いた人物は矢沢永吉さんで
世界的なロック歌手として有名です。

矢沢永吉 成り上がり
参照元:https://natalie.mu/music/news/145983

当時は

『よく分からないおっさん』

という印象でしたが、
それでもカッコいいと思わせるだけの
凄まじい人生経験を持っていました。

男が惚れる男。
自分の信念を持っている。
こういう人になりたい。
こういう人生を歩みたい。

と子供ながらに心底感じました。

自分の信念に従い人生の難題を突破し
批判、中傷にも屈せず前だけを見て
誰にも縛られずに突き進む姿勢は
非常にカッコいいです。

結果的に、矢沢永吉さんは
世界的なロック歌手となり

好きな時に好きな場所で暮らせるような
自由なライフスタイルを手に入れ
世界中に多くの熱狂的なファンがいます。


人々から尊敬され憧れるような
素晴らしい人物と評価されています。

なぜ、ここまで矢沢永吉さんは
人々を惹きつけるのか…

それは、あるエピソードが
大きく影響しています。

親戚中にたらい回しにされる幼少期

矢沢永吉さんは1949年9月14日、
広島県生まれです。

母親は矢沢永吉さんが
3歳の頃に家を飛び出してしまい

父親は原爆の後遺症で
矢沢永吉さんが幼少期の頃に
既に他界されていました。

その結果、親戚中でたらい回しされながら
幼少期を過ごすこととなりました。

近所の裕福な子供から

「お前の家は貧乏でケーキなんか変えないだろう」

という言葉と共に顔面にケーキを
叩きつけられるような経験もしていて
イジメが耐えない日々を過ごしていました。

そんな矢沢さんにも希望はありました。

それは音楽です。

中学の頃にラジオで聴いた
ビートルズの音楽に深く感動し
将来はアーティストになると目標に掲げ

「俺はBIGになる!」

と心に誓いました。

そして、高校卒業と同時に上京を決意し
ギターと現金5万円を握りしめ
夜行列車で東京に向かいました。

ところが、夜行列車で固い床に
座りっぱなしだったこともあって
ケツに限界が来てしまい耐えられず
途中の横浜で降りることになりました。

これが矢沢さんにとって幸運でした。

横浜では米軍基地やキャバレーなどで
演奏を行う日々を過ごし音楽漬けの日々でした。

それからアーティストとして
事務所に所属するようになり
徐々に本格的な活動をスタートしました。

革ジャンにリーゼントの
ロカビリースタイルが受けて
矢沢さんの人気は高まっていき

日本のロックソロアーティストとして
初の日本武道館単独公演を
果たすことに成功しました。

しかし、その後矢沢さんに
とんでもない悲劇が訪れます。

日本で人気となった矢沢さんは
なぜか心が満たされないことに気が付き
単身で渡米することを決意しました。

そしてアメリカでも結果を残し
矢沢さんは更に成長を遂げました。

矢沢さんはこの頃から
音楽学校を作れないか?

と考えるようになり
オーストラリアの土地に
音楽教室を建てることにしました。

現地でのやり取りに関しては
英語が喋れる知り合いと
交渉が上手い知りたいの2人に任せ

矢沢さんは必要な資金を都度
送金する形で進めていきました。

35億という巨大な借金に心が折れた

そんな時、衝撃のニュースが
世間に報道されました。

なんと、矢沢さんが任せた2人が裏切り
矢沢さんは35億もの借金を背負ったのです。

35億の借金…

想像できない程の桁違いの額に
さすがの矢沢さんも心が折れてしまい
やけ酒を繰り返す日々を過ごしました。

ただ、そんな生活をしていても
仕方がないと考え借金完済を決意しました。

これまで以上にライブを開催したり
CM、映画などに出演を果たすようにしていき、
なんと数年で35億もの借金を完済したのです。

矢沢さんは当時を振り返ってこのような
言葉を残しています。

「僕は皆さんにも言いたいね。
リストラされたって、借金を背負ったってそれは役だと思え。
苦しいけど死んだら終わりだから、本気でその役を生き切れ。
つまり視点を変えれば、気持ちが切り変わるってことなんだ」

矢沢さんは『アー
ユーハッピー?』の中で
このような言葉を残しています。

ーーーー

リストラ?べつにされりゃ、いいじゃん。
こっちからくれてやると、こんな会社。
〜中略〜
会社をリストラされただけで、
『もうオレの人生はおしまいだ』
なんて、なんで思うんだ?

まぁいいじゃん、
皿洗いでもなんでもやる根性を持てよ。
空き缶でも拾えよ。
空き缶を拾うことは悪いのか?

空き缶を拾ったら、
それで人生は終わるのか?

そんなことはない。

参照元:アーユーハッピー?

ーーー

本当に自分の信念を貫き
熱く生きている人物だと感じますし
自分もそれぐらい熱意を込められることに
全力でエネルギーを注ぎ込みたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

書籍レビュー, 尊敬する人物,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー