アトピー海外体験記

【遂に解明!】海外に行くとアトピーが治る1つの理由 Part1

2018年9月9日

トシです、

 

海外に行くとアトピーが治ります。

 

僕がまだ19歳の時、縁あって
フィリピンのセブ島で働く機会がありました。

 

当時は英語を喋ることもできないどころか
海外に行くことすら初めての状態でした。

 

ただ、10代が終わる前に何かに
チャレンジしておきたい!

 

そんな気持ちがあったので
思い切ってセブ島に飛び込みました。
海外 飛び込む
案の定、英語は喋られない日本人は
タクシー代をぼったくられたり
からかわれたりされました。

 

ただ、そこで様々な親切な人との
大切な出会いもありました。

 

クタクタになりながらも
なんとか現地にある会社に辿り着き
セブ島での生活をスタートしました。

 

一番気がかりだったのかアトピーです。

 

日本を出る前に皮膚科の先生に
相談をしました。
 
「先生、フィリピンのセブ島という場所に
数ヶ月間、働くことになったのですが
アトピーは悪化しますかね?」

 

「そんなこと無いと思うよ。
むしろアトピーを改善させる良い環境だと思う。」

 

と言ってもらえました。

 

セブは一年中、季節が夏です。

 

マンゴーやココナッツ、バナナなど
南国の果物が豊富に実っていて
とてもジューシーで美味しいです。

 

スーパーに行くと、マンゴーが
りんごやみかんのように山積みになり
売られているので驚きました。

 

親日国ということもあってか、
フィリピン人は日本人に対して優しく
とても良い環境だと感じました。
(何故か韓国人は嫌われていました。)

 

日本と比べると発展途上国なので
裸足でボロボロの服を着た子供たち
ゴミを漁っている肋骨が浮き出た
ガリガリの野良犬をたくさん目撃します。

 

生活は貧しいかもしれませんが
瞳がキラキラしていてパワーがあります。

 

日本は豊かではあるのですが
こういった瞳の輝きは感じないので

 

非常に新鮮な思いを体験し
今でもよく覚えています。

 

町中を歩くことさえ
ビクビクしていた自分が

 

次第に慣れていき一人で散歩したり
タクシーに乗ってスーパーに行ったりと
徐々に現地の生活に慣れていきました。

 

そんな時、、、

 

ふとアトピーのことを思い出しました。

 

日本であれだけ治らなかったアトピーが
セブ島に来てからすっかり治り

アトピーのことを忘れているほどでした。

海外 アトピー 治る

なぜ、アトピーが治ったのか。。。

 

これは長年、全く分かりませんでした。

 

気候、メンタル、人間関係、食事など
不覚的要素が非常に多いので
検証しにくいのです。

 

セブ島でしばらく過ごし日本に帰国すると
ものの数週間で徐々に肌は荒れていき
再びアトピーを発症してしまいました。

 

食事はセブに居た頃、白砂糖が入った
甘いお菓子を習慣的に食べていましたが
何も変化がありませんでした。

 

帰国後は、そういったお菓子は食べず
日本食を中心に食事をしていたのですが
なぜかアトピーが荒れてしまう。

 

食事が原因では無いのだろうか。。。

 

それなら、塩素入りの日本のシャワー?

 

そう思い、塩素除去のシャワーヘッドを
自宅に取り付け試してみたのですが、
効果はありませんでした。。。

 

こうなってくると、気候や精神面など
フワフワした捉えどころの無い部分が
要因となってきてしまい、途方にくれました。

 

結局、ストロイドで炎症が出ている部位を
治していくことを繰り返しながら
日常生活を過ごしていました。

 

そんな時、嬉しい連絡がありました。

 

…続く

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー海外体験記,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー