将来的に伸びる事が約束されている『ある』市場とは!?

エクササイズ

将来的に伸びる事が約束されている『ある』市場とは!?

トシです、

 

今回は僕が学んでいる
JrコピーライターA級レベル
第2話のエクササイズをシェアしたいと思います。

 

動画はこちら

www.youtube.com

第2話ではこれから伸びる市場について
詳しく解説されていました。

これから急激に伸びる市場というのは
VRやドローンなどの新しい技術の分野です。

VRというはヴァーチャルリアリティの略で
仮想空間の中で動いたり
見たり聞いたりする事が可能な技術です。

 

VR ヴァーチャルリアリティ

引用先:

https://www.phonearena.com/news/Samsung-working-on-a-standalone-OLED-Gear-VR-with-ultra-high-pixel-density_id95196

ドローンは小型ヘリコプターのような物で
空からの撮影や人が入れない奥地などの調査、
ビルの劣化度合いをチェックするなど
命の危険が伴うような場所で活躍しています。

今回のエクササイズは
以下のとおりです。

【エクササイズ1】

自分が興味ある事、知識ある事、
経験ある事と、VRやドローンを融合するとして、
どんな市場に出来るか考える。

●興味がある事

 

健康、旅行、人に教えること、心理学

 

●融合すると

 

・健康面:

 

VRの世界で肉体の健康について学ぶ事が出来る。

 

例)自分の体が小さくなり
口から体内に入り体の構造を勉強するなど

 

・心理学:

 

人の心理機能をVRのソフトに取り入れ
心理機能のタイプ毎にどのような特徴があるのか
仮想空間のキャクターを相手に
コミュニケーションしながら学ぶ。

 

自分と同じ心理機能のタイプが
人からどのように見られているのか
客観的に見ることが出来る

 

・旅行:

 

家に居ながらでもVRの空間で
旅行先を歩き美味しいものを食べて
アトラクションで興奮する。

VRで視覚だけでなく
触覚や嗅覚、味覚まで
現実のように再現出来れば可能。

 

ドローンの技術を使い
空の映像をVR上に移すことで
自分が空を飛んでいるように世界が出来る。

 

空を飛ぶ

引用先:

https://paferia.com/yume/yokumiruyume/04.html

 

仮想空間では空を飛んで
国と国を行き来することが出来る。

 

・人に教えること:

 

VRの世界で自分そっくりのアバターを作り
その世界の中で会い人を教育をしていく。

 

現実では離れていても
仮想空間では毎日のように
対面で教えることが出来る。

 

【エクササイズ2】

興味のある分野のコミュニティに
顔出しに行く(3回くらい行く)。

行けていない。

ただ、VRはゲームセンターの機械で
体感してみた。

【エクササイズ3】

その上で、お客さんの感じている
恐怖、不安、不満、欲望、夢を書き出す

 

コミュニティに参加していないので
完全には理解していませんが

 

健康面に関しては
情報が多すぎて何を信じればいいのか
混乱している事が多い気がします。

 

食材にこだわればこだわるほど
食べられるモノが無くなってしまう。

 

心理学では皆、自分や他人が
どんな人物なのか実は気になっている。

心理を勉強すれば、行動パターンや
タイプごとに考えていること、

好意を抱いてもらいやすい
方法などが分かったり

 

自分にあった職業や
成功方法などが
理解することが出来る。

 

 

10億円ビジネスモデルを構築する
『ある』意外な市場とは!?

気になる答えはコチラ!

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

エクササイズ,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー