牛乳は飲めば飲むほど骨を弱くする!?衝撃の新事実とは?

健康法 健康法-牛乳のリスク

牛乳は飲めば飲むほど骨を弱くする!?衝撃の新事実とは?

トシです、

今回は牛乳の間違った常識について
詳しくお伝えします。

現代社会では牛乳の間違った常識が
日常に溢れています。

そのため日本人の9割以上が牛乳について
『間違った常識』を持っています。

このことを知らないと
あなたは牛乳や乳製品を摂り続け
体がどんどん不健康になる危険性があります。

牛乳を飲む理由ってなに?
ところであなたが
どうして牛乳を飲むのですか?
 
と聞かれたらなんて答えますか?

おそらく多くの方は

「不足しがちな
カルシウムを摂りたいから」

「身長を伸ばしたいから」

という理由だと思います。

ただ残念ながら、
牛乳を飲んでも
ほぼカルシウムは摂れません。

「え!どういうことですか?
牛乳といえばカルシウムが豊富でしょ。」

と思うかもしれません。

確かに牛乳は

カルシウムが豊富です。

ただ、問題は人間が牛乳のカルシウムを
体内に取り込めていないということです。

牛乳のカルシウムを吸収するには
『ラクターゼ』という
消化酵素が必要です。

このラクターゼは赤ちゃんの頃しかなく
離乳期を過ぎた生後1年前後には
無くなってしまうのです。

一部例外として
デンマークやスウェーデン、
ノルウェーなどの北欧の人々は
ラクターゼを持っています。

なぜなら歴史的に乳製品を
摂取してきた歴史があるので
体がそれに対応出来るのです。

「同じ人間でも
そういった違いがあるのですか?」
と思うかもしれませんが

実は日本人も特有の
消化酵素を持っています。

例えば、

日本人は昔から
海苔を食べてきましたが

世界で海苔を消化できる民族は
実は日本人だけなのです。
 
海苔を食べる習慣が
古くからあったので
体が対応したのです。

因みに焼いた海苔であれば
海外の方も消化することが出来ます。
牛乳や乳製品は
『酸性食品』に分類されます。

酸性食品は頻繁に摂取すると
体が酸性に傾いてしまい
体の免疫力を低下させる事に繋がります。

それを阻止するために
体は骨や歯からカルシウムを
血液中に溶かしだし
酸性を中和しようとします。

この仕組みにより
体のカルシウムやミネラルが
どんどん酸性を中和するために使われ
カルシウムが不足してしまいます。

つまり、

牛乳を取り続けると
カルシウム不足となり
骨がスカスカになる

ということです。

骨 弱い

引用先:https://jp.fotolia.com/TAGS/%E5%BC%B1%E3%81%84%E9%AA%A8

体内のカルシウムなどの

ミネラルが不足すると
様々な病気を引き起こします。

・アレルギー
・リウマチ
・めまい
・てんかん
・注意欠陥多動性障害
・自閉症
・うつ
・失明
・脱毛症
・前立性肥大
・子宮内膜症
・アルツハイマー
・糖尿病
・動脈硬化
・白内障

etc…

牛乳は百害あって一利なしです

北欧の方であれば
摂取しても問題ありませんが
日本人の体には不向きです。

学校給食などの規定があるので
なかなか完全に避ける事は
難しいかもしれません。

ただ、最低限
自宅では乳製品を食べない。

ということに取り組めば
アレルギーをはじめとした
恐ろしい病を食い止めることが出来ます。
また、次回に詳しく健康について
あなたにシェアしたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

健康法, 健康法-牛乳のリスク,

Author:




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー