【副作用ゼロ】医者に頼らず天然ステロイドホルモンを作る方法とは?

アトピーとステロイドについて
【副作用ゼロ】医者に頼らず天然ステロイドホルモンを作る方法とは?

トシです、

ステロイド薬の作り方教えます。

アトピーに劇的な効果を発揮する
ステロイドという薬があります。

おそらくあなたも使用したことが
あるのではないでしょうか?

即効性の高さは魅力的ですが
長期間の使用で副作用が起こるため
使い方が難しい薬とも言えます。

しかし、ステロイドとは本来、
人間の体が分泌しているホルモンです。

このホルモンを大量に分泌できれば
副作用なしの天然ステロイド薬を
体内で調合することが可能です。

今回はどうやったら
ステロイド薬を作れるのか?

そのことについて
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅体内でステロイドを生み出すために必要な3つの栄養素とは!?
✅薬から安全に卒業する方法を公開!
✅ステロイド薬はどのようにして作られるのか?
✅2種類のステロイドを解説!

スポンサーリンク

ステロイド薬ってどうやって作られるの?

医者がアトピー患者に処方する
ステロイドという薬はそもそも
どのようにして作られるのでしょうか?

作り方を説明する前に
まずはステロイドという
言葉について解説します。

✅ステロイドは2種類存在する

ステロイドと聞くと一般的には
ドーピング剤に使われる薬品を
イメージする方も多いと思います。

なので、

アトピーに使われるステロイド薬を
ドーピング剤だと誤解されがちですが
この2つは全くの別物です。

ステロイドというのは
ホルモンの総称です。

大きく分けると

・副腎皮質ホルモン
・性ホルモン

の2種類に分類されます。

ドーピング剤として使われるのは
性ホルモン型のステロイドです。

人工的にホルモンを薬物として合成し
男性ホルモンを強制的に高めることで
短期間で異常なほど筋肉が発達します。

その代償として、

・心臓病
・心臓発作
・動脈ガン
・高血圧
・無精子症
・性欲減退
・抜け毛
・うつ病

などの症状が報告されています。

一方、アトピーの薬として
一般的に処方されるのは

副腎皮質ホルモンを
人工的に加工した物です。

副腎皮質ホルモンである
コルチゾールと呼ばれている
消炎ホルモンを人工的に抽出し
そこに石油を混ぜて作られます。

コルチゾールは消炎ホルモンと
呼ばれているだけあって
炎症部分を速攻で治癒してくれます。

ステロイド薬の副作用

コルチゾールは抗ストレス作用、
消炎作用、免疫抑制作用があります。

体にストレスがかかると
副腎皮質はホルモンを作り出します。

ところが、薬で外側から
ステロイドを塗ってしまうと
副腎は休まざる得なくなります。

これが長期間継続してしまえば
副腎の機能は低下してしまい
薬ナシでは消炎作用ができない

依存状態に陥ります。

かと言って薬の使用を急に止めると
離脱症状が起こり、全身に強い痒み、
ただれ、湿疹が無数に出てきます。

結局、薬に頼るしか無くなり
永遠とステロイド薬を使うような
負の連鎖のループにはまります。

このループから抜け出すためには
薬を少しずつ減らしていきながら

今からお伝えする

ステロイドホルモンの作り方を覚え
薬に頼らなくてもコルチゾールが
分泌できるようにする必要があります。

天然ステロイドの作り方

それでは本題に入ります。

本来、ステロイドというのは
体から分泌されているホルモンです。

なので、

正常に分泌さえしていれば
わざわざ副作用のある薬を使わなくても
安全・安心にアトピーの炎症を
ピタッと抑えることができます。

ここからは少しだけ
専門的な用語が飛び交いますが
何となく理解してもらえば大丈夫です。

ステロイドホルモンが
体内で作られるためには

まずは肝臓の酢酸からスタートします。

それからコレステロール➔プレグネノロン➔プロゲステロン➔ヒドロキシプロゲステロン➔コルチゾール

というルートを経て作られます。

カタカナで書かれた部分は
ホルモンの名前です。

ホルモンを作り出すためには
タンパク質が必要不可欠です。

なので、大前提として日頃から
タンパク質をしっかり食べないと
コルチゾールは作れません。

それに加えて2種類ほど
必要なビタミンがあります。

『ビタミンE』と『ビタミンC』です。

ビタミンEはプレグネノロンが
プロゲステロンへと代謝する際に
必要となります。

ビタミンCは
ヒドロキシプロゲステロンが
コルチゾールに代謝する際に必要です。

早い話しが、

タンパク質+ビタミンE+ビタミンC
=副作用なしのステロイド薬

というわけです。

ビタミンE以外は以前に
記事で詳しくまとめているので
摂取量や具体的な摂り方は
そちらを参考にして下さい。

 

アトピー改善で腸内環境より大切なこととは?細胞レベルで生まれ変わる方法
トシです、 腸内環境にこだわりすぎていませんか? アトピーなどのアレルギー症状を 根本から改善させるには腸内環境が とても大切だと言われています。 ただ、それよりも大切なことがあります。 今回の記事ではア...

 

アトピー改善に必要なビタミンC摂取量とは?レモン500個を簡単に食べる方法
トシです、 ビタミンC足りていますか? ビタミンの中で最も有名と言っても 過言ではないのがビタミンCです。 ビタミンCはアレルギーを抑制し 肌を再生する力が秘められています。 ただ、その力を発揮させるため...

まとめ

・ステロイド薬は本来、体で作られるホルモン

・長期間のステロイド薬の使用は副腎機能を低下させる

・タンパク質+ビタミンE+ビタミンCの3セットでステロイドホルモンは作れる

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました