【番外編】痛風の激痛の正体と具体的な治し方を一挙大公開!

痛風
【番外編】痛風の激痛の正体と具体的な治し方を一挙大公開!

トシです、

痛風の治し方を教えます。

激痛でツライ痛風の原因は
尿酸値の上昇とされています。

しかし、

なぜ尿酸値が上昇するのかは
まだまだ謎のままです。

今回はなぜ尿酸値が高まるのか
どうすれば痛風が治せるのかを
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅痛風が日本にやってきた年代はいつなのか?
✅誰もが知っているあの偉人は痛風に悩んでいた!?
✅痛風の強烈な痛みの原因は●●のせい?
✅具体的な痛風治療法を公開!

スポンサーリンク

痛風の歴史

痛風は昔から存在します。

古代エジプトのミイラから
痛風の痕跡が確認されたり

歴史に名を残している

・アレクサンダ-大王
・カルロス五世
・フリ-ドリヒ大王
・ルイ十四世
・ミケランジェロ
・レオナルド・ダ・ビンチ
・ダンテ
・ゲ-テ
・ニュ-トン
・ダ-ウィン

などが

痛風に苦しんだとされています。

さらに、

恐竜のティラノザウルスの化石に
痛風の痕跡があったことも
判明しています。

日本に痛風患者が登場したのは
明治時代以降とされています。

逆に言えば、明治以前は
痛風患者は居なかったのです。

これは、安土桃山時代に
日本を訪れたポルトガル人の
宣教師ルイス・フロイスが

「日本人には痛風がない」

と記録しているからです。

また、明治のはじめにも
ドイツ人医師ベルツが

「日本には痛風がない」

と記録しています。

痛風が日本史に現れるのは
明治になってからであり、

急激に増えたのは戦後、
1960年代になってからです。

今では数十万人の痛風患者が
日本中にいるとされています。

アジアの国々でも
痛風は現在急増中です。

台湾では以前より
痛風が多く報告されています。

中国でも、特に沿岸部では
痛風患者が急増中です。

東南アジアの諸国や
インドでも増えているのです。

痛風の症状ってどういうものなの?

痛風というのは、
突然、足の親指のつけ根から
猛烈な痛みにおそわれ、

1~2時間もすると
足の甲がぱんぱんに腫れあがり

風が吹いてもそのわずかな
感触で激痛が走ります。

現在、痛風患者数は
約60万~70万人で、
痛風の前段階である高尿酸血症、

つまり、痛風予備軍の人は
約600万~650万人
推定されています。

男女比では98%が男性であり、
年齢的には40歳以上の人に
多く見られます。

ただ、最近では20代後半の
若い年齢層にも痛風発作を
起こす人が増えてきました。

原因としては、

・食べ過ぎ
・ストレスが多い
・酒を多く飲む

といった生活習慣の乱れからと
言われています。

痛風の痛みの原因は尿酸です。

尿酸は体内の新陳代謝によって
作られる成分であり
抗酸化物質です。

抗酸化物質というのは
活性酸素を除去する物質です。

人間は活性酸素が増えすぎると
様々な病気を引き起こします。

科学者によっては
活性酸素が万病の原因と
主張する者もいます。

そうした厄介な活性酸素を
除去してくれる物質を総称で

『スカベンジャー』

と表現するのですが
尿酸はその内のひとつなのです。

なので、

尿酸=悪

ということではありません。

しかし、

尿酸は増えすぎると
痛風を発症させるという
厄介な性質を兼ね備えています。

なので、痛風を完治させるには
尿酸の量を正常に維持することが
何よりも重要なテーマなのです。

尿酸が激増する3つの原因

体内の尿酸が上昇する原因は
大きく分けて3つあります。

1つ目:食べ過ぎ&飲み過ぎ

尿酸というのは
プリン体から作られる物質です。

ということは、

プリン体の多い食べ物を
摂りすぎると尿酸は増えます。

具体的な食材で言うと、

・干しシイタケ
・レバー
・カツオ
・イワシ
・アジ
・サンマ
・ニボシ
・カツオ節
・ウニ
・いくら
・あんこう肝(酒蒸し)
・ビール

2つ目:ストレス

ストレスを感じると
万病の原因である活性酸素が
体内で急激に増加していきます。

体はどうにか余分な活性酸素を
除去しようと働きます。

活性酸素を除去する成分は

・ビタミンC
・ビタミンB
・コエンザイムQ10
・アスタキンサン
・尿酸

などがあります。

他の抗酸化物質が
不足していれば

尿酸が多めに
出ることになります。

3つ目の原因:遺伝

DNAの配列は人それぞれです。

何がどの順番なのかによって
なりやすい病気が決まります。

痛風になりやすい方は

・HPRT
・PRPP
・UMOD
・SLC22A12
・XDH
・PNP

などが強く反応する場合です。

こうした方は尿酸が増えやすく
痛風になりやすい体質です。

尿酸を正常値に保つ具体的な方法

痛風の人はプリン体の多い
食べ物を食べてはいけない。

そう医者から言われがちです。

しかし、

最新の科学を調べていくと
8から9割近くのプリン体は
体内で作られるとされており

食べ物から受ける影響は
1〜2割程度なのです。

しかも、プリン体の多くは
腸内で分解され排泄されるため

必ずしも

『プリン体の多い食べ物を
口にしてはいけない。』

ということではありません。

日本痛風・核酸代謝学会の
高尿酸血症・痛風の
治療ガイドラインでは

1日の摂取量が400mgを
越えないことを推奨しています。

つまり、極度に制限する必要は
ないということです。

では、尿酸を一定にするには
どうすればよいのでしょうか?

答えは、

ビタミンCの摂取です。

食べ物が原因で
尿酸が増える確立は
1〜2割程度です。

それ以外の原因は何かと言うと
活性酸素の増加です。

活性酸素が増えすぎることで
除去する成分である尿酸が増え
それが痛風に繋がります。

活性酸素を除去する物質を
スカベンジャーと言いますが

尿酸以外にも

・ビタミンC
・ビタミンB
・コエンザイムQ10
・アスタキンサン

などがあります。

尿酸が増えてしまう原因は
活性酸素の除去であるなら

同じ活性酸素を除去する
成分を増やしてあげれば
尿酸の負担は軽減します。

つまり、

・ビタミンC
・ビタミンB

などの栄養素を摂ることで
尿酸の値を下げるのです。

具体的な栄養摂取量

ビタミンCは人によって個人差が
100倍あるとされています。

成人男性の80%が
ビタミンCの十分量は
10〜15gほどとされています。

適切料を確かめる方法としては
1時間毎に1gのビタミンCを摂り
それを一日かけて繰り返します。

そして、

下痢になったタイミングの
一歩手前の量があなたの
適切な量となります。

例えば、

1g×8時間で下痢になれば
あなたの適切料は8gの一歩手前
7gということになります。

ビタミンCは水溶性なので
吸収されやすく
排出されやすいです。

そのため、

一度にまとめて摂るよりも
こまめに摂るほうが効果的です。

先程の例で言えば、
7gのビタミンCを朝、昼、晩の
3回に分けて摂ると良いです。

ビタミンCサプリはAmazonで
L-アスコルビン酸1kgが大容量で
値段も安くお得です。

お得なビタミンC:
https://amzn.to/2LV68JF

ビタミンBに関してはnow
という会社のビタミンB50を

1回3粒を朝と夜に飲むと
とても効果的です。

ビタミンBコンプレックス:
https://amzn.to/2jYZCFW

まとめ

・痛風は古来から存在する病
・食べ物による影響は1〜2割程度
・尿酸を減らす方法はビタミンCとビタミンBを摂ること

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました