【Yahooニュース】トマトでアトピーが悪化する?個人的な見解と対策法

アトピー治療全般

トシです、

Yahooニュースでトマトの危険性について
紹介されていました。

2019年5月17日16時00分

【トマトでアレルギー症状が出ることも 気をつけるべき人は?】

というタイトルで
ニュースになっていました。

今回はこちらの内容について
僕の意見を踏まえて紹介していきます。

★この記事で知れること

✅トマトには特有の毒素が含まれている事実
✅なぜアトピーの人は過敏に反応するのか?
✅敏感体質を解決させる唯一の方法

スポンサーリンク

トマトはアレルギーを悪化させる?

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190517-00000013-pseven-life


このニュースによると、

スクエアクリニック副院長
本間龍介医師は、

栄養豊富なトマトには、アレルギー症状の原因物質となるヒスタミンが含まれています。

私はトマトアレルギーではありませんが、遺伝的にヒスタミンを分解する酵素が働きにくいので、トマトを口にすると皮膚に痒みが出たり赤くなったりします。

同様に、腸壁にある粘膜が傷んでいる人は、ヒスタミンを分解する酵素がつくられにくく痒みなどが生じるケースがある。

ヒスタミンは脳にダイレクトに刺激を与える物質なので、子供の場合は落ち着きがなくなったり、大人は集中力が続かないという状態になることもあり得ます。

また、何らかのアレルギーを持つ人は、ヒスタミンを多く含む食材が体に合わない傾向があります。アトピーなどのアレルギーを持つ人はより一層気をつけてほしい」

と発言しています。

この意見に僕も賛成しています。

以前、書いた記事で
ナス科の食べ物には
特有の毒素が含まれており

アトピー患者が口にすると
症状が悪化することがある。

と解説しています。

アトピーを悪化させる食べ物一覧表を公開!人類不適合食材とは!?
トシです、 食べ物のルールを教えます。 今回は人間の体にとって 健康に作用する食べ物と逆に 炎症を起こさせる食べ物について 詳しく解説していきます。 このルールを知ることによって 食事の考え方がガラ...

ナス科の食べ物というのは

・トマト
・ナス
・ピーマン
・じゃがいも
・唐辛子
・きゅうり

などのことです。

こうした食べ物は人類が
バスコ・ダ・ガマによって
新大陸を発見してから
見つかった食べ物です。

そのため、

食べ物に含まれている毒素に
人類がまだ適応しきれておらず
敏感な人では症状が悪化します。

これを不適合食材と言います。

不適合食材はナス科以外にも

・玄米
・パン
・パスタ
・そば
・シリアル
・砂糖
・大豆など豆類全般
・豆腐
・枝豆
・ピーナッツ
・カシューナッツ
・チアシード
・カボチャ
・トウモロコシ
・メロン

などがあります。

敏感体質を治すには?

「アトピーの人は一生こうした食べ物は
食べられないのですか?」

と思うかもしれません。

安心して下さい。
食べられるようになります。

アトピーの人は食べ物だけでなく
化学物質や添加物などあらゆるものに
敏感に反応してしまいます。

普通の人が平気なので
なぜかアトピーの人にとっては
危険な物質に該当してしまいます。

この違いは閾値(いきち)にあります。

閾値というのは
症状が出る地点のことです。

閾値が低い状態は
少しの量で体が反応し

閾値が高い状態では
多少量があっても反応しません。

アトピーの人は通常の人に比べて
閾値がかなり低い状態にあります。

そのため、ちょっとした量であっても
敏感に反応を示すのです。

閾値を高める方法

アトピーの人があらゆる物質に対して
敏感に反応しなくなるためには
閾値を高めればいいだけです。

閾値を高める方法は
タンパク質+ビタミンの摂取です。

なぜか?

閾値を高めるということは
体の免疫を強化する
必要があるからです。

免疫というのは、

・免疫抗体
・免疫細胞

の2つによって成り立っています。

どちらもタンパク質を材料として
作られているため積極的に
タンパク質を補給するべきです。

そこに加えて、

・ビタミンC
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンE

を積極的に摂りましょう。

分子栄養学の観点から見ると
ビタミンC不足なのであれば
刺激物や毒素、化学物質、汚染、
微生物に過敏に反応してしまい、

ビタミンA、B群、Eの欠乏は
皮膚トラブルを起こしたり、
食品やストレス、微生物、ショックに
過敏に反応してしまうようになります。

まずは、この状態を改善するために
栄養素を摂ることが先決です。

ただし、食べ物のみからでは
とても十分な栄養は摂れません。

現代の食べ物は環境汚染の影響で
年々、栄養価が減っているからです。

なので、食べ物だけではなく
必ずサプリメントを活用して下さい。

食べ物+サプリメントによって
体に不足した栄養素を補給し
閾値を上げることによって
アトピーの痒みが激減します。

アレルギーはビタミン欠乏症!?根本から治す分子栄養学の概念を公開!
トシです、 アレルギーはありますか? ここ数年の間でアレルギー患者が かなり増加しているようです。 症状に差はありますが 人それぞれアレルギー症状に悩み 薬で対処しながら生活しています。 今回はアレルギ...

まとめ

・アトピーの人は食べると症状が悪化するものがいくつか存在する

・敏感に反応してしまうのは、閾値が低いから

・閾値を高めるためにはタンパク質+ビタミンを積極的に摂ること

・栄養は食べ物だけに頼るのではなく、サプリメントを活用すること

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました