なぜアトピーは体を掻くのか?3つの角度から考える『難病』の正体とは…

アトピー 遺伝
なぜアトピーは体を掻くのか?3つの角度から考える『難病』の正体とは…

トシです、

なぜ痒くなるのか?

アトピーは痒くてツラい病気です。

しかし、そもそもなぜ
痒くなるのでしょうか?

今回は痒みが起こる原因を
大きく3つに分けて解説します。

この原因を知ることで
アトピーという病気が訳がわからない
異質な存在ではなくなります。

病気を理解することは
精神的な安定にも繋がります。

★この記事で知れること

✅アトピーが持つ3つの顔とは!?
✅具体的なアトピー解決3メソッドを公開!
✅アトピー完治に最重要な4種類のビタミンとは!?

スポンサーリンク

アトピーには3つの側面がある

アトピーという病気を見ていくと
3つの側面があると言えます。

具体的には、

・食べ物アレルギー
・自己免疫疾患
・敏感体質

この3つです。

✅1つ目【食べ物アレルギー】

食べ物アレルギーはご存知のとおり
特定の食べ物を口にすることで
発症する症状です。

なぜ、この現象が起こるのかと言うと
体内にある肥満細胞が原因です。

この肥満細胞は名前のとおり
ブクブクと太った体型です。

細胞内に何をそんなに
詰め込んでいるかと言うと
ヒスタミンが大量に入っています。

肥満細胞はアレルギー物質を感知すると
体内のヒスタミンを放出します。

ヒスタミンが放出されると体は
アレルギー反応を引き起こします。

こうやって体は
症状を出すことで

僕たちに

「アレルギー物質を摂らないでね」

と警告しているのです。

✅2つ目【自己免疫疾患】

2つ目のアトピーの側面は
自己免疫疾患です。

自己免疫疾患というのは
自分の体を自ら攻撃してしまう現象です。

これは体内を巡回している免疫細胞が
通常の細胞を敵だと誤解してしまい
攻撃をすることで起こっています。

この誤解を解いてあげないと
24時間365日ずっと免疫細胞に攻撃され
毎日のように痒みが繰り返されます。

✅3つ目【敏感体質】

3つ目の側面は敏感体質です。

アトピーは食べ物だけでなく
化学物質や添加物、ダニ、ホコリ、
動物の毛、環境汚染、塩素など

身近に潜む物質に対して
過剰に反応することが多いです。

現代社会はこうした物質に囲まれており
今後も増え続けると予想されます。

アトピーとはこうした
3つの性質が混ざり合って
発症している病気だと言えます。

どうすれば3つの原因を解決できるのか?

では、この3つの原因を解決する
具体的な方法を解説していきます。

✅食べ物アレルギーを解決する方法

食べ物アレルギーを解決するには
2つの方法があります。

1つは少しずつ食べる量を
増やしていくやり方です。

一昔前までは、
アレルギー食材は
一切食べない方がいい。

という考え方が一般的でしたが
今では少しずつ食べていくことで
アレルギーを治せると分かっています。

なので、

もし少しの量であれば
食べられる場合は口にしていき
徐々に量を増やしていきましょう。

2つ目の方法としては
ビタミンCを摂ることです。

実はビタミンCには
アレルギーを治す力があります。

「どういうことですか?」

と言いますと、

ビタミンCはヒスタミンの分泌を抑制し
更に肥満細胞がヒスタミンを作る
行為そのものをストップさせます。

ヒスタミンが分泌されなければ
アレルギー症状は起こらないので

ビタミンCを摂ることで
問題は解決します。

とはいっても、

ビタミンは薬ではないので
直ぐに効果は出ません。

半年から1年ほど続けることで
徐々に効果が得られます。

ビタミンCは食べ物から摂ろうとしても
実は十分な量を満たすことができません。

サプリメントを活用して
賢くビタミンCを補給しましょう。

僕は基本的に粉末タイプのサプリを使い
毎日、ビタミンCを摂取しています。

コスパ最強ビタミンC:
https://amzn.to/2Diw1hj

価格も安いので助かっています。

1回20円以下:
https://amzn.to/2Diw1hj

✅自己免疫疾患を解決する方法

自己免疫疾患は免疫細胞が
自身の細胞を敵だと判断することで
起こっている症状です。

なぜ、細胞を敵と誤解するのでしょうか?

それは質が悪いからです。

細胞というのは主に
タンパク質によって構成されています。

なので、日頃からタンパク質を摂らないと
細胞を作る材料が不足していきます。

現代人の大半はタンパク質が
十分に満たせていないのですが
アトピーの方は特に少ないです。

体はタンパク質が不足している状態でも
細胞を作らざる得ません。

ではどうするのか?

それは死んだ細胞から
材料を剥ぎ取り再利用するのです。

当然、死んだ細胞から貰った材料は
質が非常に悪いものとなるので
生まれてくる細胞の質も悪くなります。

そうした質の悪い細胞というのは
免疫細胞からすると敵に見えるのです。

こうして自分で自分を攻撃する
自己免疫疾患が起こるのです。

止める方法はタンパク質を摂ることです。

日頃から十分な量の
タンパク質を補給することで
徐々に体内の細胞が入れ替わり
良質な細胞が増えていきます。

良質な細胞が増えてくれれば
免疫細胞も敵だと誤解することがなく
攻撃しなくなります。

タンパク質は日頃の食事だけでなく
プロテインを飲むことによって
効率的に摂取することができます。

オススメはホエイプロテインです。

ホエイプロテインは吸収率が高く
乳製品アレルギーでも飲めます。

おすすめプロテイン:
https://amzn.to/2XfsOqd

プロテインは色々と種類がありますが
経済的な負担が気になるのであれば
まずは安いものから始めるのが良いです。

コスパ最強プロテイン:
https://amzn.to/2XfsOqd

✅敏感体質を解決する方法

最後は敏感体質です。

この問題に対して多くの人は

「遺伝だから仕方ない」

「治らないものなんだ」

と諦めています。

しかし、それは誤解です。

治せます。

敏感体質が起こる理由は
特定のビタミンが欠乏しているからです。

海外の栄養学の本に

『The Orthomolecular Treatment
of ChronicDisease』

という本があります。

日本語訳で

『慢性疾患のオーソモレキュラー分子療法治療』

というような意味です。

この本の中に、

「まず、「アレルギー」と呼ばれているものは、「栄養不足」です。アメリカ人の大部分は明らかに壊血病か、または壊血病の直前にあります。ビタミンC欠乏は、通常の刺激物、毒素、化学物質、汚染、および微生物に対してさえ、過敏に反応します。ビタミンA、B複合体、およびEの欠乏症は、皮膚トラブルあるいは、食品・ストレス・微生物・ショックなどに過敏な反応を引き起こします。

と書かれています。

この内容を元に解決策を考えると

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE

この4種類のビタミンを満たすことで
周囲の物質に過敏に反応する体質を
根本から解決することが可能です。

ビタミンを摂る時のポイントは
食べ物のみで頼らないことです。

現代の食べ物は環境汚染などの影響で
栄養価が年々、下がっています。

また、アトピーの人が
通常の状態に戻るためには
大量の栄養素が必要となります。

なので、

必ずサプリメントを活用して下さい。

アトピー治療に必要な
サプリメントについては
こちらの過去記事を参考にして下さい。

【保存版】アトピー完治に必要不可欠な11種類のサプリメントを公開!
   

まとめ

・アトピーには3つの側面があり、それぞれに対処法が存在する

・薬を使うわけではないため、時間がかかるが、治療することは十分可能である

・食べ物のみから得られる栄養素では、必要量を満たせないため、サプリメントを活用すること

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました