なぜアトピー患者はIgE値が異常なのか?結論【Th2ループ】だから

なぜアトピー患者はIgE値が異常なのか?結論【Th2ループ】だから アトピー T細胞

トシです。

IgE値が高いならアトピーループに陥っています。

アトピー体質の判別方法にIgE値の測定があります。これは簡単に言えば『アレルギー反応を引き起こす成分が体内にどれだけあるかを示す数字』と考えて下さい。

この数字が基準値よりも高いとアトピー体質だと言えます。

おそらくアトピーで悩んでいるのであれば通常の人に比べてIgE値が物凄く高いはず。

今回は、

  • なぜIgE値が高くなるのか?
  • どうすればIgE値を下げて根本的にアトピー体質を克服できるのか

を解説します。

スポンサーリンク

なぜアトピー患者はIgE値が異常なのか?結論【Th2ループ】だから

なぜアトピー患者はIgE値が異常なのか?結論【Th2ループ】だから

「どうして何年経ってもアトピーが治らないのだろう?」

そんな疑問を感じることはありませんか?

いつかきっとアトピーから解放されて普通の肌で普通の生活ができるはず。そう信じて食べる物や使う物にこだわって頑張ってきた。でもいつまで経ってもずっとアトピーのまま、、、

「いつになったらアトピーは治るのだろうか?自分のアトピーだけは一生治らないのかな?」

ふと夜遅くに一人孤独にそんな未来を想像することはありませんか?

アトピーが何年経っても治らない理由は

『Th2ループから抜け出せていないから』

です。

体に備わる2つのT細胞

あなたの体にはT細胞と呼ばれる体内に侵入した異物を駆除してくれる細胞が存在しています。

T細胞は効率的に外敵を駆除するために、敵の種類によって姿を変えます。

具体的には細菌やウイルスが侵入したらTh1。花粉やダニなどのアレルゲンならTh2に変化します。

アトピーなどのアレルギーに悩んでいる人は、花粉やダニなどのアレルゲンを駆除するTh2が異常に多い状況です。

Th2が多すぎると過剰に反応してしまいます。

本来であれば体に害があるアレルゲンを駆除するのが役割なのですが、無害な成分にも「これは危険な成分に違いない!」と過剰反応してしまいアレルギー反応を起こしています。

アレルギーが出る部位は人によって異なります。

肌であればアトピーですし鼻であれば鼻炎となって現れます。

T細胞についてはこちらで詳しく解説しているので参考にどうぞ。

アトピーを根本から解決するためには過剰なTh2を元に戻す必要があります。

その方法はTh1を刺激すること。

Th1とTh2はシーソーのように互いが均等になるようにバランスを調整しています。

Th2が異常に増えてしまう理由はTh1が働く機会が極端に少ないから。

Th1は細菌やウイルスを駆除する役割なので日本のように清潔な環境では活躍する機会が減ってしまいます。

後半で詳しくお伝えしますがTh1を意識的に刺激することでTh2の数が正常に戻り、根本的なアトピー体質を抜け出すことに成功します。

ここまで来れば普通の肌で普通に生活をして皆んなと同じように人生を楽しめます。

なぜIgE値が上がるのか?

そもそもIgEというのは

「体内に侵入者が入ってきたよ!アレルギーを出して早く追い出してね!」

と伝える信号です。

この信号をマスト細胞が受け取ることでアトピーの痒み成分を分泌します。

このIgEという信号はTh2細胞から分泌されます。(正確にはTh2から分泌した信号をB細胞がキャッチしIgEを分泌しますがややこしいので割愛)

つまりTh2が異常増殖しているとIgE値は比例して増加するわけです。

逆に言えば、Th2が正常の数に落ちつけば自然とIgE値は下がりアレルギー体質から健康な体に戻るということです。

ちなみに正常なIgE値は170U/ml以下。僕自身の数値はうろ覚えですが7000U/mlほどあった記憶があります。

今は測っていないので分かりませんが薬を使わずに日常生活を普通に送れているので正常値に近いのかなと思います。

IgE値を下げてアレルギー体質を克服する方法

どんなに優れた薬を使ったとしても、それはあくまで対処療法。一時的には効果があっても使用を止めれば再びアトピーが出てきます。

根本的に解決するためにはアトピー体質そのものを治すしかありません。

具体的にはIgE値を下げること。

「どうすればIgE値は下がるの?」

というと、Th2の数を減らすこと。Th2を減らすためにはTh1を増やすこと。

Th1とTh2はシーソーのようにバランスを保っているのでTh1が増えれば互いのバランスが均等になり体質が元に戻ります。

アトピー 衛生仮説 T細胞 Th2過剰

アトピー 衛生仮説 T細胞 バランス

そうなると目指すべきことは『どうすればTh1を増やせるのか?』ということになります。

このあたりは話すと長くなるので詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックして下さい。

結論から言えば、

もっと細菌に触れ合う機会を増やすこと。

Th1は細菌を駆除する細胞です。清潔すぎる環境ではなく自然がある場所に定期的に行くなど。昔の人が当たり前にやっていたような習慣が非常に大切です。

とは言っても、忙しい現代人にとって自然と触れ合う時間も余裕もありません。

そこでオススメなのがLPS

LPSもかなり専門的な話しになるので詳しく知りたい人はこちらの記事をチェックして下さい。

簡単に言えばLPSは細菌の外側部分にある成分。細菌そのものではないので体内に入ってきても体調を崩す心配はありません。

LPSの良いところは体内に入ると「細菌が入ってきたぞ!」と誤解される点にあります。

厳密には細菌そのものではないので単なる勘違いなのですが、体は細菌と同じ成分が入ってきたことで「細菌が入ってきたぞ!」と思い込みます。

その結果、細菌を駆除するTh1が活性化します。

TH1が活性化することで崩れていたシーソーのバランスが元に戻る。

つまりアトピー体質から抜け出せるということ。

こちらの記事で詳しく解説していますが、本来であればLPSは食べ物に普通に付着している成分です。

特に土壌で育った食べ物は土の中の細菌と触れ合っているのでLPSが豊富です。

ただ、現代社会は農薬や化学肥料で細菌をバシバシと殺しています。細菌がいないとLPSも減ってしまいます。

こうした状況を考えるとLPSを食べ物だけで補うことは非現実的。

なのでサプリを活用することをオススメしています。

1日必要な量は500μg(マイクログラム)とされています。これはコンビニおにぎり111個分に相当します。

サプリであれば小さじ一杯でいいので非常に経済的。

ハイパーLPS

まとめ

自分の体のことなので、何を信じるのかは自分自身が決めることです。

他人がとやかく言えることではありません。

けれど、しっかりと研究データがあるものでないと時間もお金も浪費してしまい、何十年経っても未だにアトピーに悩んでいる悲惨な状態になりかねません。

今回お伝えした内容は人間の免疫のメカニズムからアプローチする方法となります。

僕もあなたも同じ人間なので再現性の高い方法だと言えます。

Th2過剰状態である体質をTh1を刺激することで正常に戻し根本からアトピーを解決しましょう。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました