アトピーが出る場所ごとの原因は●●?内蔵不調で起こる健康トラブルを公開!

アトピー治療に必要な栄養素
アトピーが出る場所ごとの原因は●●?内蔵不調で起こる健康トラブルを公開!

トシです、

アトピーは出る場所によって
原因が異なるのでしょうか?

人によってアトピーが
酷い箇所は異なります。

なぜ、こうした違いが
起こるのでしょうか?

今回はアトピーと部位別症状について
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅それぞれの内蔵の不調から起こる健康トラブルとは!?
✅アトピーが酷い人は内臓ではなく●●が原因だった!
✅摂取必須の栄養素一覧を公開!

スポンサーリンク

内蔵と皮膚はリンクしている

東洋医学の考え方では
内蔵の不調と肌荒れは
関連しているとされています。

例えば、

肝臓や腎臓が弱っていると
額の真ん中あたりに
できものができやすいです。

また、気持ちが落ち込んでいたり
肺の機能が低下している状態の時は
眉間にできものが作られます。

その他にも、

首であれば胃の不調
鼻は胃や肺の不調
右頬は肺の不調
左頬は肝臓、胆嚢の不調

ということが言われています。

参照元:https://bg-mania.jp/2016/05/11154228.html

部位別アトピーの原因

内蔵と皮膚は確かに繋がっています。

なので、肌の状態を見ることで
その人の内臓の健康状態を
ひと目で判断できる医者もいます。

ただ、肌の不調を判断する場合
もともと皮膚病などが無いことが
大前提であると言えます。

なぜなら、

皮膚疾患を患っている場合
内蔵の健康状態と関係なく
肌が荒れることもあるため
診断が困難だからです。

個人的な意見にはなりますが
アトピーは特定の内蔵が悪いから
起こるというよりかは

栄養素が欠けていることによって

・敏感体質
・アレルギー
・乾燥肌

などが起こることで
アトピーになると考えています。

栄養が不足するから内蔵が弱くなり
結果としてアトピーになるのです。

確かにこれから医療技術が進歩して

「ここにアトピーが出ている時は
この内臓に異常があるからだ!」

と言われる時代が来るかもしれません。

ただ、その弱った内臓を治すものは
タンパク質とビタミン、ミネラルです。

なので、

どの臓器が弱っているのかを
知るというのはそこまで重要ではなく
どこかしらの内臓が弱っているから
栄養を摂ることが重要なのです。

”個人的な”部位別アトピーの原因

とは言え、

個人的な経験から
アトピーが落ちつている部分と
荒れている部分の原因について
少しお伝えしたいと思います。

これまでアトピーの人を見てきた中で
傾向として言えることは

薬を良く使っていた箇所は
キレイなままのことが
比較的、多いです。

顔はアトピーがあるけど
手の甲や腕などはキレイ
という人を度々見ます。

こういった話しをすると

「薬を使い続けた方が良いのでは?」

と思うかもしれません。

しかし、薬を使い続けても
アトピーは治りません。

薬の力で抑え込んでいるだけです。

一時的に使うなら問題ないですが
長期利用すればアトピーが難治化し
治りにくくなっていきます。

難治化したアトピーの治療には
かなりの時間がかかることを
覚悟しないといけません。

その他にアトピーが荒れる要因としては
刺激がかかってしまうことです。

例えば、

僕の場合であれば
くるぶしとかかとの中間にある
くぼみ部分はアトピーがまだあります。

この場所だけ改善と悪化を
繰り返しています。

理由としては
刺激を受けやすいからです。

歩くたびに靴下の布と
肌が擦れることによって
それが刺激となってしまい
痒くなるのでしょう。

薬をよく使っていた箇所は
肌がキレイであることが多く

刺激を受ける箇所に関しては
アトピーが悪化する傾向にあります。

具体的な栄養摂取の種類と方法

では、アトピーを解決するためには
どの栄養を摂れば良いのか?

具体的には、

・タンパク質
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンE
・亜鉛
・鉄

このあたりです。

この中で最も重要なものは
タンパク質です。

ビタミンやミネラルというのは
タンパク質という土台がある時に
持っている力を100%発揮します。

なので、まずはタンパク質の摂取から
スタートしていきましょう。

いきなり沢山の栄養を摂ると
体調不良になる場合もあるので
徐々に増やしていくのがいいです。

アトピーに潜む各要因の解決策や
栄養素の具体的な摂り方については
こちらの記事をチェックして下さい。

まとめ

・内臓の不調と肌荒れはリンクしている

・部位別アトピーの原因は解明されていないが、そこを知るよりも全ての内臓を健康にする方が大切

・栄養療法ではタンパク質が最も重要。

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました