アトピーとアレルギーの違いは何なのか?理想と現実のギャップを公開!

アトピー 体質
アトピーとアレルギーの違いは何なのか?理想と現実のギャップを公開!

トシです、

アトピーとアレルギー
一体なにが違うのでしょうか?

アトピーもアレルギーも
両方とも皮膚に症状が現れ
非常に似ています。

この2つの違いは一体何なのでしょうか?

今回はアトピーと
アレルギーの違いについて
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅アトピーとアレルギーは何が違うのか?衝撃の事実とは!?
✅様々な要因が絡み合っているアトピーを完治させる唯一の方法を公開!
✅アレルギー症状だけではないアトピーの正体とは!?

スポンサーリンク

アトピーとアレルギーそれぞれの定義とは!?

2つの症状の違いを知るためには
それぞれの定義をしっかりと
確認する必要があります。

✅アレルギーの定義

Wikipediaでアレルギーについて
検索してみると以下のように出ます。

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。

免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。

語源はギリシア語の allos(変わる)と ergon(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である。

要するに、

免疫機能トラブルです。

✅アトピーの定義

Wikipediaでアトピーについて
検索してみると以下のように出ます。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症を伴うもの。

アトピー性湿疹と呼ぶ方が適切である。

アトピーという医学用語は、主にタンパク質のアレルゲンに強く反応する傾向のことであり、気管支喘息、鼻炎などの他のアトピー性のアレルギー疾患にも冠されることがある。アトピーである場合、典型的には皮膚炎、鼻炎、喘息の症状を示すことがあり、その内の皮膚炎(湿疹)のことである。

ここから分かる通り
定義上、アトピーというのは

数あるアレルギー症状の中で
皮膚に出るものを指しています。

ただし、主に食べ物の
タンパク質などが原因で起こる
皮膚炎をアトピーとしているので

金属アレルギーなどは
また別物ということになります。

図で表すとこのようになります。

しかし、個人的にはこれは
真実ではないと感じています。

アトピーの本当の定義

現状のネット情報を鵜呑みにすると
アトピーは皮膚のアレルギー
ということになります。

しかし、アトピーの正体は
アレルギーだけではありません。

例えば、

自己免疫疾患という
側面がアトピーにはあります。

これは免疫細胞が
自身の細胞を攻撃することで
炎症を起こしてしまう症状です。

また、敏感体質であるが故に
日常に触れる物質に対して
過剰に反応してしまうことも
アトピーの一つと言えます。

さらに、ストレスを感じた際に
副腎皮質ホルモンが上手く分泌されず
ストレスの圧力に負けてしまい
肌を掻いてしまうケースもあります。

それ以外にも最近では単なる
湿疹に過ぎなかったにも関わらず
ステロイドを使い続けてしまい
アトピーになることもあります。

こうした背景を考えると
アトピーという症状は
アレルギーの側面を持ちつつも
他の病気の性質も兼ね備えています。

図で表すとこうなります。

つまり、アトピーという症状は
アレルギーの一部だけでなく
もっと広い意味の症状ということです。

アトピーを解決するための方法

 

ここまでの話しからも分かる通り
アトピーは多くの要因が絡んでおり
その内の1つあるいは複数が絡み合い
肌に炎症を起こしています。

アレルギーで荒れている人もいれば
ストレスで荒れている人もいます。

こうした背景がある中で
アトピーを完全に治すためには
全ての要因を潰す必要があります。

「そんなこと可能なのですか?」

と思うかもしれませんが、可能です。

例えば、

敏感体質で周囲の物質に過剰に反応し
肌に炎症を起こすタイプなのであれば

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE

この4つの栄養素のどれかが
不足すると起こる症状です。

また、自己免疫疾患に関しては
圧倒的にタンパク質不足です。

自己免疫疾患は自身の細胞を
敵であると誤解することで
炎症が起こる症状です。

なぜ免疫細胞が誤解するのかと言うと
細胞の質がとても悪いからです。

劣悪な細胞は敵と見間違われ
標的の対象になってしまいます。

細胞というのは
タンパク質によって作られます。

もしも、タンパク質が足りていないと
体はそれでも細胞を作ろうとします。

どうするのかと言うと
既に死滅した細胞の中にある
使い古されたアミノ酸を材料にして
新たな細胞を作り出します。

元となる材料の質が悪いので
どうしても誕生する細胞も
不健康で弱々しいです。

この悪循環を抜け出すためには
常にタンパク質を満たすことです。

体内がタンパク質不足でなければ
質の悪い細胞は生まれにくくなるので
プロテインなどを活用して
タンパク質を満たすことです。

詳しいアトピーの要素や対策については
以前、記事でまとめているので
そちらをチェックして下さい。

まとめ

・アトピーは様々な要素が絡んでいる

・全ての問題を解決しないとアトピーを完治させることはできない

・特定の栄養素を満たすことで、アトピーは克服することが可能

 

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました