アトピーと肥満は関係しているのか?脂肪肝がもたらすアレルギー疾患

アトピー治療全般
アトピーと肥満は関係しているのか?脂肪肝がもたらすアレルギー疾患

 

トシです、

肥満体質ではありませんか?

今回はアトピーと肥満について
過去に行われた実験結果から

アトピーと肥満が
どのような関係性があるのか?

ということに解説します。

また、肥満状態で起こる体の異変や
脂肪肝とアトピーの関係性についても
詳しく解説していきます。

この記事で知れること

✅滋賀県立小児保健医療センターが解明した肥満とアレルギーの関係性とは?
✅脂肪肝とアトピーの意外な関係性とは!?
✅脂肪肝を取り除くために大切な2つのこと
✅体内の脂肪が多いことで起こる免疫異常

スポンサーリンク

小児アトピーと肥満の関係性

滋賀県立小児保健医療センターは
2013年に肥満とアレルギーについての
研究結果を報告しました。

2002年から2012年までの文献から
データ分析し関係性を明らかにしました。

判明した関係性としては、

肥満と喘息には関係性があり
特に非アレルギー性喘息と肥満は
比例関係にありました。

また、小児アトピーに限りますが
肥満とアトピーは比例関係にありました。

逆にアレルギー性鼻炎や結膜炎に関しては
肥満との関係性は見つかりませんでした。

緋杏とアトピーの関係性ついては
ラットの実験からも分かっています。

肥満ラットは血液中にIgEが多く
アトピーになりやすい傾向があります。

参考資料:
https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/66/8/66_984/_pdf

脂肪肝がアトピーを悪化させる

統計データを元に考えると一般人の10%、
アトピー患者の30%が脂肪肝があります。

「脂肪肝って何ですか?」

と言いますと、

肝臓の周りにこびり付いている
脂肪のことを言います。

脂肪肝はこれまでは
肝臓に脂肪が蓄積するだけで
特に心配のないものであると
考えられてきました。

ところが、

最近になり狭心症や心筋梗塞などを
発症させる危険性が高めることから
危険な状態であるとされています。

さらに、

脂肪肝があることで
皮膚のアレルギー反応を促進させ
アトピーを悪化させることも
科学的に判明しています。

また、以前にメタボがなぜ
健康に悪影響なのか?

ということについて
記事にまとめたことがあります。

人間の体は脂肪が多すぎると
体内に吸収されない脂が漂い
それが異物として認識され
免疫細胞が攻撃をします。

脂が多すぎると免疫細胞も
暴走してしまうので大切な臓器まで
攻撃を行ってしまい傷つけます。

その結果、

・糖尿病
・心筋梗塞
・脳梗塞

を引き起こすリスクがあるため
メタボにせよ脂肪肝にせよ放置すると
アトピーが悪化するだけでなく
命を落とす危険性があるのです。

メタボについての過去記事

メタボの異常な食欲と脂肪の関係性とは!?最新科学で判明した衝撃の事実
トシです、 なぜメタボの人は食欲が異常なのか? 今回はメタボと呼ばれる人が なぜ食欲が止められず 異常な脂肪を蓄えてしまうのか。 ということについて 解説していきます。 このことを理解することで メタ...

どうすれば脂肪肝を取り除けるの?

では、アトピーを悪化させる要因である
脂肪肝はどうすれば除去できるのか?

そもそも脂肪肝というのは
肝臓に蓄積した脂肪です。

なぜ、肝臓に脂肪が蓄積するのか?

と言いますと、

『高脂肪、低消費カロリー生活』

だからです。

本来、肝臓には脂肪が蓄積され
状況に応じてエネルギーに変換し
他の活動源にする働きがあります。

なので、肝臓に脂肪が蓄積することは
何も不自然なことではありません。

ただ、現代人の食事内容は
ハンバーガーやフライドポテト、
菓子パン、アイスクリームなど
高脂肪食品ばかりです。

それに加えて運動不足なので
肝臓に脂肪が溜まる一方です。

これを改善させるには
やはり『食事』です。

甘い物や高脂肪の食べ物を控えていき
野菜を中心とした和食を心がけましょう。

味噌汁に野菜を入れることで
無理なく行えます。

また、

夜の遅い時間に食べると
脂肪として吸収されので
遅くても20時までには
食事を済ませましょう。

20時以降は何も食べない。

という意識を持ちましょう。

食事内容だけでなく
運動習慣も身に着けましょう。

運動と言っても散歩でかまいません。

日常の中で歩ける距離なのに
車を利用していたり階段ではなく
エスカレータを使う場面はありませんか?

確かに楽かもしれませんが
それでは余計に運動不足です。

歩く機会を自ら作り
マイペースに取り組みましょう。

まとめ

・小児アトピーに関して言えば、肥満との関係は確認されている

・脂肪肝があることでアトピーが悪化することが分かっている

・体に脂肪が多すぎると、アトピーが悪化するだけでなく、心筋梗塞などの命を落としかねない危険な病気にかかりやすくなる

・脂肪肝を無くすためには、食事と運動を心がける。

・食事は高脂肪食品ばかり食べるのは避けること。具体的にはファーストフードやお菓子、アイス、ジュースなど

・運動は歩く機会を増やすこと。歩けるのに車やエスカレーターを使わない。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました