アトピー 保湿 アトピー治療全般

アトピーの乾燥肌にはワセリンが効果的?肌のメカニズムと保湿の効能

2019年1月1日

トシです、

乾燥で痒くありませんか?

アトピーの方の大半は
肌が乾燥しやすい体質だとされています。

肌が乾燥すると外からの刺激に
とても敏感に反応を起こしてしまい

「かゆい!」

と感じてしまいます。

今回はそんな乾燥対策として
万人受けするワセリンについて
詳しく解説していきます。

保湿剤に悩んでいる場合は
ワセリンがとてもオススメです。

この記事で知れること

✅アトピー肌で起こっている現象
✅ワセリンはどのような効果があるのか?
✅オススメのワセリン
✅ワセリンを使ってみた感想

アトピー肌で起こっている現象

アトピーの方の肌は乾燥しています。

なぜ、乾燥しているのかと言うと

肌を掻いてしまい
表面の皮脂を剥がしたり
組織を傷つけしまっているから

という考えと、

生まれつき肌が乾燥しやすい体質だから

という2つの考え方があります。

「え?アトピーの人は体質的に
元々、乾燥しやすい人なんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、

アトピーの疑いがある赤ちゃんと
そうでない赤ちゃんの肌を調べたところ、
特に違いが見られなかったという
研究結果が報告されています。

なので、

元々、乾燥肌の体質だから。

というよりも、

痒みが起こり肌を掻いた結果、
肌の組織を傷つけてしまい
乾燥しやすい状況になっている。

という可能性も考えられます。

どちらにせよ、

アトピーの方の肌が
乾燥しやすい状況にあることは
間違いありません。

皮脂バリアが足りていない

では、具体的にアトピーの方の肌では
どのような現象が起こっているのか
見ていきましょう。

人間の肌というのは表面に
薄い油がコーティングされています。

これを皮脂と言います。

この皮脂があることで肌の水分が
外に蒸発することを防いでくれたり
刺激から肌を守ってくれています。

ところが、アトピーの方の場合、
爪で肌を傷つけているため
皮脂が剥がされている状態です。

その結果、肌の水分が
外へと蒸発しやすくなり
カサカサの乾燥肌になったり、

外からの刺激に敏感に反応し
痒みを感じやすくなります。

なので、

皮脂というのは肌の健康を保つために
欠かせない大切な要素なのです。

ワセリンとは?

ところで、

ワセリンがどういう物なのか
あなたは知っていますか?

Wikipediaでワセリンについて検索すると
このように説明がされています。

ワセリン(欧文表記:Vaseline)は、保湿剤のひとつ、ユニリーバの商標で世界各地で一般名詞化されている。石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。
〜(中略)〜

ワセリンは皮膚表面にパラフィンの膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられる。

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3

要するに肌の表面を油でコーティングし
肌の乾燥を防ぐと同時に外からの刺激から
肌を保護する役割があるということです。

「ワセリンって安全なんですか?」

と不安に感じるかもしれませんが、
ワセリンはおそらくあなたが使っている
クリームの材料として使用されています。

ほとんどの保湿剤の成分表を見ると
ワセリンの文字があることから
非常に安全性が高いと言えます。

アトピーとワセリンの相性

ここまででアトピーの方の肌表面で
どのような現象が起こっているのか。

そして、

ワセリンがどのような作用がある
保湿剤なのかをお伝えしました。

アトピーの方の肌は皮脂が取れて
乾燥しやすく刺激に敏感な状態です。

ワセリンは肌の表面を油で覆い
乾燥を防いだり刺激から守ります。

なので、

アトピー肌の足りていない部分を
見事に補うことができるのです。

実際、アトピーの疑いのある赤ちゃんに
ワセリンをしっかり塗ったグループと
そうでないグループとでは、

ワセリンを塗ったグループの方が
アトピーが続いた割合は30%も低かった。

という研究結果も出ています。

ワセリンがアトピーを根本的に治す。

ということではありませんが、

少なくともワセリンを塗ることで
肌に不足している皮脂を
しっかりと補うことができます。

そうなれば痒みも軽減していき
アトピーを抑えることに繋がります。

ワセリンのオススメ使用方法

ワセリンの使い方としては
朝と夜の2回に全身に塗る方法が
とてもオススメです。

お風呂上がりなどでワセリンを塗れば
肌の乾燥を防いでくれますし
寝ている間の痒みを軽減してくれます。

また、

朝起きた時にも全身に塗ってあげると
その後も乾燥することなく活動できます。

ワセリンはリップクリームの
成分としても使われているので、

小さい容器を用意して
リップクリーム代わりに
出先で使う方法もありです。

全身用ワセリン:
https://amzn.to/2s3vyJW

 

実際にワセリンを使ってみた感想

僕自身は、これまで
いつくか保湿剤を試してきました。

中には肌がヒリヒリしてしまい
合わないなと感じるのもありました。

そんな中、

ワセリンは肌に塗ってもヒリヒリせず
乾燥して動かすだけでツラかった状態を
見事に改善させてくれました。

また、値段もお手頃なので1つ持っておくと
乾燥しやすい時期に助かります。

今だと通常のワセリン以外にも
いい香りがするタイプもあるので
ワセリンのニオイが気になる場合は
香りつきのタイプがオススメです。

香りつきワセリン:
https://amzn.to/2CGjtjP

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー 保湿, アトピー治療全般,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー