アトピー 精神面 アトピー治療全般

アトピーの原因は精神面!?思考の力で皮膚病を10日間で治した少年

2019年1月14日

トシです、

アトピーは精神病です。

ツライ痒みで肌が赤くなったり
関節を曲げるだけで激痛が走り
見た目も酷い状態になるのが
アトピーという病気です。

そんな状態が長く続くと
とても落ち込みますよね…

今回はそんなアトピーが
実は精神面が影響することで
悪化するという衝撃の事実について
詳しく解説していきます。

色々な健康法を試してみても
アトピーが改善しなかった。

という場合は参考にしてみて下さい。

この記事で知れること

✅思考の力のみでDNAを書き換えた少年とは?
✅精神面を変えるだけでガンも完治する事実
✅脳から分泌されるニューロペクチドとは?
✅精神面の異常からアトピーが引き起こるメカニズム
✅ステロイドの副作用は精神にも影響を与えていた?
✅持病患者の75%〜90%は精神面が原因だった!
✅韓国人留学生が32人を射殺した背景に潜むSSRISとは?
✅ストレスに負けないために摂取すべき脳の栄養素とオススメ食材を公開!

脳から放出される『ニューロペクチド』

病は気からという言葉が
古くからありますが
あなたは信じていますか?

「まぁ元気な方が
体調が良いこともあるかもね」

程度の認識でしょうか?

実は科学的に精神面と病気が
非常に関連性があると判明したのです。

そのキーワードとなるのが

『ニューロペクチド』

です。

人間の脳というのは各臓器に
指示を出す司令塔ような役割があります。

脳が的確に指示を出すことで
内臓は正常に機能し健康を維持します。

指令を出す時は
ニューロペクチドと呼ばれる
神経伝達物質を放出することで

各臓器とコミュニケーションを
取ることが以前から分かっていました。

ところが、

最新の研究によって臓器だけでなく
白血球の1つ1つにもニューロペクチドの
受容体(受け皿)があると判明したのです。

つまり、

脳からの指示は臓器だけでなく
白血球という小さな細胞までも
繊細にコントロールしている。

ということです。

このニューロペクチドという物質は
あなたの精神面と深くリンクしています。

例えば、

あなたがポジティブな状態であれば
良い刺激を臓器や白血球に伝達され
体全体が活き活きと活性化します。

逆にネガティブな状態であれば
それもまた脳から各臓器で伝達し
体はみるみる衰弱していくのです。

この仕組が明らかになったことで
病は気からという考え方は
科学的に証明されました。

思考の力でDNAを書き換え皮膚病を治した少年

1952年のイギリス雑誌に掲載されたものに
ブロック病(モザイク疾患)と呼ばれる
皮膚が爬虫類のように固くなるという
遺伝病を持つ少年が紹介されました。

彼はDNAの配列上、
この遺伝病を生まれつき受け継いでおり

不治の病だと診断され医者にも
どうすることもできませんでした。

そんな時、とある催眠術師の下で
精神的な処方をすることにしました。

イメージの世界でDNAに含まれている
病気の情報を書き換えたところ
なんと10間日で不治の病とされていた
皮膚病が完治してしまったのです。

思考の力には僕たちが
想像する以上のパワーが
秘められているのです。

ニセ薬で末期がんを治した博士

1957年ブルーノ・クロッファー博士の
患者に末期がんの方がいました。

余命はのこり僅かという絶望的な状況で
どう頑張っても治すのは不可能だと
誰もが思うような状況でした。

ブルーノ博士も完治は難しいと考え
余生を楽しく過ごしてもらえるようにと
考えていました。

そんなある日、

患者がテレビのニュースで

クレビオゼンという薬が
ガンに効果がある。

ということを知りました。

早速、患者はブルーノ博士に頼み
その薬を投与してもらいました。

すると、あれだけ酷かったガンが
キレイに完治してしまったのです。

ところが、数カ月後にテレビのニュースで

クレビオゼンはガンに効果が無い
ということが医学的に解明された。

というニュースを見た途端に
再びガンを発症してしまったのです。

患者はブルーノ博士に相談しました。

「先生なんとかガンを
治せないでしょうか?」

そこでブルーノ博士は1つだけ
ウソをつきました。

それはニセモノの薬を投与したのです。

必死の患者に対してブルーノ博士は

「心配ありません。これなら
クレビオゼンを改良した薬なので
ガンを治せますよ」

と励まし、ただの水を処方しました。

ところが、ニセ薬を投与してから
ガンは再びキレイに治ったのです。

それから数カ月後、

患者は幸せな日々を
過ごしていたのですが

あるテレビニュースをきっかけに
命を落とすこととなりました。

そのニュースというのは

『クレビオゼン関連の薬は
全てガンに効果は無い』

というものでした。

そのことを知ってから再びガンが発病し
全身へと転移し亡くなりました。

このように思考だけでガンでさえも
治すことができるのです。

持病の75%〜90%は精神面が影響している

現代社会は人間の歴史の中で
最もストレスが多いと言われています。

本来であれば、ストレスを感じた時に
人は元の状態に戻そうと機能するのですが

ストレスが多すぎて正常に戻せない人が
多い状況となっています。

アメリカのデータではありますが
何らかの病を抱えている人は
人口の43%存在するとされており

そのうちの75%〜90%は精神面が
病気に影響していると言われています。

ストレスを常に感じてると

・慢性疲労
・がん
・腸内の炎症
・免疫疾患
・皮膚病
・ヘルペス
・エイズ

なども発症すると言われています。

信じられないかもしれませんが
心の状態と病には密接な関係性があり、
病気の40%に関与していると
言われています。

抗うつ剤(SSRI)の悲劇

アメリカのデータによると
70%の自殺者や殺人者は
抗うつ剤を飲んでいる経緯が
あることが分かっています。

抗うつ剤として知られている
SSRIを飲むことで脳内の
セロトニンと呼ばれる

別名:幸せホルモンが抑制され
精神的に落ち込みやすくなります。

それだけでなく異常な行動が増え
殺人に至るケースも多いです。

2004年7月、エミリパドロンさんは
生後10ヶ月になる自分の赤ん坊を殺害し
その後、自ら自殺していました。

遺体の周りには大量の
抗うつ剤が散らばっており、

血液検査からも大量のSSRIが
検出されました。

1999年にアメリカのハイスクールで
乱射事件が起こった際の犯人は
抗うつ剤を処方しており
同時に咳止め薬も飲んでいました。

実は抗うつ剤と咳止め薬に含まれている
デキストロメトルファンという成分が
合わせると幻覚作用を起こります。

2007年4月には韓国留学生が32人を射殺し
29人に怪我を負わせた事件がありました。

この犯人も抗うつ剤(SSRI)を
飲んでいました。

このように薬の作用によって
異常行動を起こす危険性は
多くの事例から証明されています。

精神面が乱れるだけで人は病気になり
人を殺すことさえあるのです。

ステロイドの精神面に対する影響

実はアトピーの薬として処方されている
ステロイドという薬には精神面に
悪影響を与える側面があります。

その作用というのは、
精神神経症状と言われ
睡眠障害や落ち込みやすくなる。

逆に気分が高揚するなどの作用が
あると言われています。

長年ステロイドを使うことで
精神面に何らかの影響が起こり
アトピーが治りにくい状況へと
進んでいる可能性もあります。

栄養が足りていればストレスに負けることはない

では、このストレスの多い社会で
どうすれば精神面から起こる病を
回避することができるのでしょうか?

その方法とは、

『栄養を摂ること』

です。

もう少し具体的に言えば
脳が必要する栄養をしっかり
補給してあげることです。

現代社会はストレスに加えて
加工食品など栄養の無い食べ物で
溢れかえっています。

ただでさえストレスが多いのに
栄養まで足りていないとすると
確実に精神面で追い込まれ
アトピーなどの病気が起こります。

脳から栄養素を奪う3要素

脳に必要な栄養素は
ビタミンやミネラル、
アミノ酸です。

ただ、アルコールやタバコ、
白砂糖を摂りすぎると体内から
ビタミンやミネラルが出てしまい
脳が機能せずネガティブになります。

まずはアルコールやタバコ、
白砂糖を控えることが大切です。

脳に必要な栄養素

具体的な脳に必要な栄養素は

【ビタミン】

・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンB9(葉酸)
・ビタミンC

【ミネラル】

・マグネシウム
・カルシウム
・トレースミネラル

【脂質】

・オメガ3
・γリノレン酸

【アミノ酸】

・SAMe
・フェニルアラニン
・テアニン
・5HTP

です。

「いっぱいあり過ぎて
何を摂れば良いか分からない」

という場合は、

まずはカルシウムや
アミノ酸を摂りましょう。

カルシウムについては以前に
こちらの記事でもお伝えした通り、
ごまやブロッコリーが
オススメです。

牛乳はアトピーを悪化させる飲み物だった!?知られざる乳製品の恐怖とは…

アミノ酸に関してはタンパク質なので
玄米プロテインが最強です。

まずはブロッコリーと玄米プロテイン

ここまでお伝えした物以外にも
ハーブなどで副作用なしで
精神面を支えてくれるものも
いくつか存在します。

ただ、ハーブに関しては
僕自身が実験中なので
効果があると感じたら
また紹介したいと思います。

今までアトピーの治療を
いくつも試してきたけれど
一向に良くならない。

という場合は精神面が
影響している可能性が高いです。

脳に必要な栄養素はいくつもありますが
まずはブロッコリーやゴマを食べて
カルシウムを摂取するようにし、

玄米プロテインでアミノ酸を
しっかりと補給しましょう。

玄米プロテイン:
https://amzn.to/2Cdyrwo

玄米プロテインに関しては
こちらの記事を参考にしてみて下さい。

アトピー改善にオススメのプロテインはこれだ!安全に肌を強くする最強アイテムを公開!

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー 精神面, アトピー治療全般,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー