アトピーの強烈な”かゆみ対策”を公開!原因と要因の違いとは!?

アトピー完治させる方法
アトピーの強烈な”かゆみ対策”を公開!原因と要因の違いとは!?

トシです、

痒み対策してますか?

アトピーの痒みというのは
とてつもなく強烈なものです。

理性で制御できる範囲を超越し
コントロール不可能な状況です。

今回は少しでもアトピーの痒みを
軽減させたり無くす方法について
詳しく解説していきます。

知っているのかどうかで
痒みレベルに雲泥の差がでます。

★この記事で知れること

✅アトピーで痒くなる5つの要因を公開!
✅痒みの要因と原因の違いとは!?
✅根本から痒みを排除する栄養素を公開!

スポンサーリンク

なぜ肌が痒くなるのか?

アトピーは無性に痒くなり
爪でガリガリと傷つけてしまい
肌に炎症を起こす病気です。

人間が痒みを感じる時というのは
何かを取り除きたい場合が多いです。

例えば、

公園で遊んでいた時に
虫が肌に付いたら痒くなります。

それは、肌に付いた虫が不快で
取り除きたいと体が感じたためです。

また、

アレルギーなどで特定の物質が
不快だと感じている場合は
それに触れることで痒みが起こります。

アトピー患者に多い痒みの原因

では、アトピー患者の場合、
どの要因で痒みが起こるのでしょうか?

共通して多いものとしては、

・汗
・食べ物
・ダニ
・ホコリ
・化学物質

などです。

理想を言えばこうした要素を
日常の中で全て取り除けば
痒みはかなりマシになります。

しかし、現実的に考えて
これらの要素を取り除くことは
100%不可能です。

食べ物であればパッケージに
アレルギー表記があるので
避けることは可能でしょうが

汗やダニ、ホコリ、化学物質を
完全に避けることは不可能です。

もちろん、こまめに掃除をして
ダニやホコリが増えないよう工夫したり
汗を放置せずタオルで拭き取るなど
対策することは重要です。

しかし、

そうした対策をしていても
終わりのない迷路のように
永遠に痒みの要素から
逃げることになります。

痒みの根本原因

先程、痒みの要因として
汗やダニ、ホコリなどがあると
お伝えしました。

あえて痒みの”原因”ではなく

痒みの”要因”

と表現したのには理由があります。

世間一般的には
汗やダニ、ホコリが痒みの原因だから
なるべく避けましょうという考えです。

しかし、こうした要素は原因ではなく
要因、つまりきっかけに過ぎません。

原因はまた別にあります。

人間の体というのは
特定の栄養素が不足すると
敏感体質になることが分かっています。

例えば、

ビタミンCが欠乏すると

・刺激物
・毒素
・化学物質
・汚染物質
・微生物

などに過敏に反応しやすくなります。

また、

ビタミンA、B群、Eが不足すると

・皮膚トラブル
・食品
・ストレス
・微生物
・ショック

などに対して
過敏に反応しやすいです。

要するに、特定の栄養素が不足すると
人は敏感体質になるということです。

敏感体質になってしまうことで
通常の人が平気な物質にさえも
過剰に反応してしまうのです。

さきほどお伝えした
アトピーの要因である

・汗
・食べ物
・ダニ
・ホコリ
・化学物質

などは、

栄養不足の状態で触れることで
痒みを起こしています。

なので、

正確に表現するとこれらは
原因ではなくきっかけなのです。

強烈な痒みを根本的に消滅させる方法

痒みの根本原因が
特定の栄養素欠乏なのであれば
解決策はとてもシンプルです。

『足りない栄養を摂ること』

です。

具体的には

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE

などです。

こうした栄養素を補うことで
敏感体質が徐々に改善していき
今まで痒くなるきっかけだった
様々な要素が平気になります。

栄養の摂り方は
サプリをオススメします。

理由は確実に
栄養を補給できるからです。

食べ物に含まれている栄養素は
実は年々、減少している状況です。

その中で必要量を満たそうとすると
食事メニューの工夫が大変になり
経済的、精神的に負担になります。

それよりもサプリである程度の
必要量を補っておきながら
食事を楽しむほうが精神的に楽です。

今回はアトピーの要因として
主にアレルギーの部分について
詳しくお伝えしましたが

それ以外にも
アトピーの要因は存在しています。

痒みのメカニズムを詳しく知りたい方は
こちらの記事をチェックして下さい。

まとめ

・世間一般で囁かれているアトピーの原因はきっかけにすぎない

・根本から解決するには栄養摂取

・栄養は食べ物だけでは満たせない時代になっている

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました