アトピーの本当の原因は何なのか?完治のためのアクションプランを公開!

タンパク質
アトピーの本当の原因は何なのか?完治のためのアクションプランを公開!

トシです、

アトピーの原因を
知りたくありませんか?

アレルギー疾患の中で間違いなく
アトピーは最も苦しい症状です。

見た目ですぐに判別され
強いかゆみによって苦しみ
食べ物、服装、娯楽が制限され

生き地獄のような感覚が
常に付きまといます。

今回はそんなツラい
アトピーの原因は一体なのか?

ということについて
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅世間で言われているアトピーの原因は真実ではない!?
✅アトピーを本当の意味で解決するために必要な分子栄養という学問
✅アトピー完治に向けて必須の2つの要素とは!?

スポンサーリンク

アトピーの原因をググってみた

アトピーで悩んでいるのであれば
一度はアトピーの原因について

ネットでググったことが
あるのではないでしょうか?

先ほど、試しに

『アトピー 原因』

でググってみると
様々な情報が書かれていました。

・ダニ
・ほこり
・食べ物
・環境汚染
・タバコ
・添加物
・油
・石鹸
・シャンプー
・ストレス
・塩素
・ペット
・遺伝

などなど

挙げればキリがありません。

これらの原因とされている要素を
すべて取り除くことは不可能ですし
そもそも原因とされている要因が
かなり抽象的なので対策にづらいです。

例えば、

環境汚染が原因だと言われても
個人ではどうしようもありませんし

添加物が原因と言われても
具体的にどの添加物をどれだけ摂ると
痒みに繋がるのかは不明のままで
対策のしようがありません。

僕自身、過去にアトピーの原因を
いろいろと調べて思ったことは

調べれば調べるほど
混乱するということでした。

それと同時にアトピーという存在が
自分では敵わないほど巨大なものに感じ

「結局、この病気は治らないのか…」

と諦めたことは何度もあります。

アトピーの原因は『原因ではなくきっかけ』に過ぎない

僕はアトピーのことを長年研究し
どうしたら完治するのか?

をひたすら考えてきました。

そのことに対する情熱に関しては
世界の誰にも負けないと思います。

アトピー完治にむけて
さまざまな方法で治療をした結果、
あることに気が付きました。

それは、

『世間で言われている原因は
本当の原因ではなくきっかけなのでは?』

ということです。

どういうことか?

例えば、

環境汚染によって空気が汚れ
それが肌を痒くしている要因だと
考えられています。

しかし、同じ環境で生活していても
肌がキレイな人はいくらでもいます。

ここに個人差があるわけです。

アトピーの人は一般の人よりも
周囲のものに過敏に反応しやすく
肌が痒くなるというわけです。

でも、なんで敏感なのでしょうか?

その敏感に反応する部分こそが
本当のアトピーの原因だと
言えないでしょうか?

もし、周囲の成分に対して
過敏に反応する部分が解決したら

たとえ空気が汚れていたとしても
添加物が含まれている食べ物を食べても
ペットの毛に触れたとしても
痒みは起こらなくなります。

痒みが起こらなければ肌は傷つかず
数ヶ月もすれば元の真っ白なスベスベ肌に
戻ることが可能となります。

忘れかけていた普通の肌に
戻ることができるのです。

僕自身が出した結論としては
アトピーの本当の原因は

『周囲の物質に対して
過敏に反応する体の性質』

であり、

それを引き起こす『きっかけ』として
ストレスや食べ物、ペットの毛などが
絡んでいるという関係性です。

なので、

いくら世間で言われている原因を避けても
根本的な真の原因を解決しなければ
アトピー完治は永遠に訪れないのです。

どうすればアトピーを完治できるのか?

では、具体的にどうすれば
敏感な体の性質を治せるのか?

世間で広まっているアトピーの情報は
具体的な治した方が紹介されていません。

アトピーの人は敏感なので
ステロイドを塗りながら
生活してくださいね。

で終わっています。

僕もこの部分で解決策が分からず
かなり試行錯誤を繰り返しました。

大抵の方はこの辺りで
アトピーを治すことを諦め
薬で誤魔化す人生を選択します。

でも、一生薬漬けの毎日なんてイヤです。

何年も何年も体の構造などを勉強し
あらゆる角度からアトピーを観察し
ようやく一つの答えが出ました。

それは、

『敏感な性質は栄養で克服可能』

ということです。

おそらく多くの人が敏感な性質を
自分の体質や遺伝と信じており
一生治らないと思い込んでいます。

しかし、それは誤解です。

治せます。

僕がたどり着いた治療法は
分子栄養学というものです。

これは一つの学問なのですが
細胞レベルから体を健康にし
病を克服するという方法です。

この学問では人間という存在を
栄養素の組み合わせで観察し
特定の栄養が不足することによって
病気として支障をきたすとされています。

例えば、

パーキンソン病やガン、脂漏性湿疹、
アレルギー全般、うつ、慢性疲労など

ありとあらゆる病気が
分子栄養学によって高確率で
完治しているのです。

アトピーも例外ではありません。

分子栄養学ではビタミンCが欠乏すると
通常の刺激物、毒素、化学物質、
汚染、および微生物に対してさえ、
過敏に反応するようになるとされ、

ビタミンA、B群、Eの欠乏では、
皮膚トラブルや食品、ストレス、
微生物ショックなどに過敏な反応

引き起こすようになります。

つまり、アトピーの人は
こうしたビタミンが一定ラインを下回り
その結果、敏感になっているだけです。

となれば、やるべきことは1つです。

栄養を摂ることです。

過敏に反応する症状というのは
ビタミンが不足すると起こります。

逆にいえば、数ヶ月くらい
しっかりと栄養素を補給すれば
敏感に反応する性質が改善されていき
体を掻かなくなるというわけです。

数ヶ月と曖昧に伝えたのは
個人によって回復スピードや
重症度合いが異なるからです。

なので、1〜2ヶ月で
かなり改善する人もいれば

1年〜2年という期間をかけて
ゆっくり改善する人もいます。

それでもたった2年で
長年悩んでいたアトピーが
改善するならやらない理由はないです。

具体的なアプローチ

では、分子栄養学の概念から
具体的なアトピー治療の方法を
解説していきます。

まず、先ほどお伝えした
ビタミンを十分にとることが重要です。

そこでビタミンを摂る方法なのですが
サプリメントを活用することを
強くオススメします。

なぜなら、

食べ物に含まれている栄養素は
環境汚染やビニールハウス栽培によって
50年前と比べて半分以下に
激減しているからです。

そういった背景もあることから
食べ物のみで栄養を満たすのは
現実的にかなり難しいです。

また、ビタミンというのは
あくまでサポート役の存在です。

何をサポートするのかと言うと
タンパク質の働きです。

人間の体はタンパク質の塊と
言っても過言ではないほど
内蔵や血管、肌、髪、爪など
あらゆる部分がタンパク質です。

タンパク質は日々、体の材料として
たくさん消費されているわけです。

体内に入ったタンパク質は
肌を作ったり、傷口を再生させたり
ホルモンを作ったりしています。

その働きをサポートしてあげるのが
ビタミンやミネラルなのです。

なので、どちらか一方だけいても
体は健康になることはありません。

2つの要素が整うことで
初めて病気を治せるのです。

なので、ビタミンやミネラルだけでなく
タンパク質を十分に摂りましょう。

タンパク質に関しても食べ物から
十分に摂るのは難しいです。

なので、プロテインを活用して下さい。

タンパク質+ビタミン&ミネラル

この要素をしっかり意識して
数ヶ月、取り組むことによって
確実にアトピーが改善します。

より確実に改善したい場合は
この要素に一つだけ追加で
加えてほしいものがあります。

それは、糖質制限です。

糖質は胃腸を弱らせ
病気の回復をかなり遅らせます。

理想は米や小麦などを
一切食べないことなのですが
ツラい場合は少し量を減らすだけでも
効果を感じられるかと思います。

詳しいサプリメントや
プロテインに関しては
以前、まとめて紹介しているので
そちらをチェックして下さい。

【保存版】アトピー完治に必要不可欠な11種類のサプリメントを公開!
   

まとめ

・アトピーの本当の原因は過敏に反応する体の性質

・過敏な性質は栄養不足によって起こる典型的な症状なので、栄養を補給することで治すことが可能

・栄養補給にはサプリメントの力を借りることが必須条件

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました