アトピーは栄養過多なのか?少食で痒みが激減するのは冬眠状態に入るから

アトピー 食事制限
アトピーは栄養過多なのか?少食で痒みが激減するのは冬眠状態に入るから

トシです、

アトピーは栄養過多なのでしょうか?

アトピーの人はよく食べる傾向にあり
それが症状を悪化させる要因なのでは?
などと言われています。

実際のところはどうなのでしょうか?

今回はアトピーと
栄養過多の関係性について
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅アトピー患者が大食いになる根本的な理由
✅なぜ断食をすると症状が一時期的に緩和するのか?
✅不足した栄養素を効率的に満たす秘訣を公開!

スポンサーリンク

アトピーは栄養の摂り過ぎ?

アトピーについての意見は
人それぞれです。

その中で、

「アトピーは栄養の摂りすぎだ!」

という意見があります。

確かにアトピーの人というのは
よく食べる傾向にあります。

また、食べた後は痒くなるので
その症状から栄養の摂り過ぎで
痒みが起こっていると考えたのでしょう。

しかし、これは誤解です。

✅アトピーの人がよく食べる理由

まず、アトピーの人がよく食べる理由は
栄養不足を解決したいという
体の本能に従っているからです。

アトピーの人は
栄養過多と思われがちですが
むしろ栄養不足の状態です。

特にタンパク質やビタミンA、C、Eなどが
不足している場合が多いです。

こうした栄養素を補うために
体は食べることを促します。

結果的に人よりも
沢山食べることとなります。

✅食べた後に症状が悪化する理由

また、栄養を摂ると
症状が悪化することが多いです。

たくさん食べる=悪化する

こうした関係性があることから
アトピー患者は食べることに対して
罪悪感を抱くようになっていき

断食などの健康法に
興味を持つことが多いです。

確かに断食をすると一時的に
症状が良くなります。

これは僕自身も体感しています。

しかし、食べ始めれば
またアトピーが出てきます。

永遠に食べないわけにはいきませんので
いつかはアトピーが
悪化する日を迎えます。

断食でアトピーが落ち着く理由は
簡単に言えば冬眠状態になるからです。

何も食べずに過ごしていれば
体の代謝は低下していきます。

いわゆる冬眠の状態に近くなり
症状を出す力が失われていき
外から見れば改善したように見えます。

食べることで悪化する理由は
代謝は上がるからです。

砂糖などを大量に食べて
アトピーが悪化したのであれば
単純に糖分の摂り過ぎによって
細胞にダメージが与えられたわけですが

タンパク質を摂って悪化したのであれば
それは悪化なのではなく好転反応です。

体の治す力が強化され
毒出しが始まった証拠です。

はたから見るとアトピーが
悪化したように見える現象も
実は体が回復する過程だったりします。

具体的な栄養摂取の方法

アトピーは栄養不足であり
根本治癒のためには
栄養を補う必要がある。

必要となる栄養素は

・タンパク質
・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE
・鉄
・亜鉛
・セレン

このあたりを摂りましょう。

日頃の食生活で栄養を意識しても
残念ながらアトピーの状態から
元の肌に戻すだけの大量の栄養素を
補充するのは至難の業です。

それよりも食事内容は今より
肉類などを増やす程度にして

足りない分に関してはプロテインや
サプリメントを活用したほうが
確実に栄養を補えます。

必要なサプリメントに関しては
こちらの記事を参考にして下さい。

 

まとめ

・アトピーは栄養過多ではなく、栄養不足。

・アトピーに大食いが多い理由は栄養をたくさん欲しているから

・食べ物のみでは栄養を十分に満たせないため、サプリメントを活用すること

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました