アトピーを薬で治療した人と栄養で治療した人では雲泥の差となる衝撃事実

アトピー完治させる方法
アトピーを薬で治療した人と栄養で治療した人では雲泥の差となる衝撃事実

トシです、

アトピーを薬で治した人と
栄養で治した人とでは別人です。

今回はアトピー治療について
詳しくお伝えしていきます。

僕自身、薬による治療を
20年以上行った経緯があり

その後、栄養学を学び
アトピー治療に取り組みました。

2つの経験から言えることや
個人的にオススメしたい道を
紹介していきます。

★この記事で知れること

✅クスリで治療した場合と栄養で治療した場合のその後の未来
✅栄養療法の唯一の欠点は●●性がないこと
✅病気を克服した人間が無敵になる理由とは!?

スポンサーリンク

ステロイド治療と栄養治療の雲泥の差

アトピーになると多くの人が
皮膚科に向かいます。

大抵の医者は

「あぁ〜アトピーだね〜」

と言い、

ステロイドを処方してきます。

医者から処方されたステロイドを
体に塗るようになるとキレイに
湿疹が消えていきます。

「これは凄い!」

と思い毎日塗ります。

しかし、

次第に薬の効き目が悪くなり
医者に相談します。

すると、

より強い薬が処方されます。

それをまた塗り続けると
次第に効き目が無くなります。

これを繰り返していくうちに
ステロイドだけでは
炎症が抑えらなくなり、
重症アトピーとなります。

中にはステロイドによって
アトピーが治る場合もあります。

ただし、根本的な
解決はしていないので

何かのストレスを感じた時や
環境の変化があった際に
再びアトピーが再発します。

また、肌は黒ずんだままですし
シワも残ったままです。

一方、栄養学で
アトピーを治す場合
初めはアトピーが悪化します。

どこまで悪化するのかは
人によって異なりますが
大抵、荒れていきます。

これは好転反応
呼ばれる現象です。

根本的に病を治す過程で
まずは悪いものを外に出して
体をキレイにするのです。

体がキレイになれば今度は
細胞が元気に生まれ変わり
徐々に肌の黒ずみやシワや
改善されていきます。

薬とは違い即効性はありません。

3ヶ月、6ヶ月、1年と
時間をかけて入れ替わります。

早く治らないかなと
焦る気持ちも出てきます。

それでも薬を使うこと無く
プロテインやビタミン、
ミネラルを摂り続けることで
体は生まれ変わっていきます。

薬を使って表面上
アトピーを治した人と

栄養学を学び根本から
アトピーを治した人では

肌のツヤ、活力、目の輝きなど
全てが異なります。

 

病気から学べる

さらに言えば、

アトピー改善の過程で
栄養学を学んだ人というのは
その知識を他に応用できます。

風邪になったときは
このビタミンを飲もう。

摂取量をこれぐらいにすれば
効き目が出るだろう。

などと、

かなり健康に詳しくなります。

アトピーだけでなく病気は
ほぼ栄養問題から起こります。

栄養学を知っておくと
アトピーを治すのはもちろん
今後の人生に役立ちます。

 

アトピーはもう治らないと諦めている

 

アトピーが長期化している人は
個人的な印象として

「アトピーはもう治らない」

と諦めている人が多いです。

確かに長期化すればするほど
薬による薬害の影響を受けるので
治りにくくなっていきます。

それはアトピーだけでなく
ガンであっても同じことです。

何事も早期治療に限ります。

しかし、

アトピーが長期化したとしても
治らないということは無いです。

タンパク質やビタミン、
ミネラルをしっかり補給し
継続させていくことで
体は病気を治します。

その過程で体に溜まった毒素が
どんどん出ることになるので
長期化している人ほど大変ですが

どうしても根本的に治したいなら
薬を使う道から栄養を摂る道へと
シフトしたほうが良いです。

体質だから〜とか
遺伝だから〜などと
治らない理由を考えずに

どうすればその体質から
アトピーを治せるのかを
考えるようにしましょう。

体質に関しては以前に
記事を書いているので
参考にして下さい。

分子栄養学の視点からアトピーに負けない体質の作り方を解説!
トシです、 体質は変えられます。 アトピーの方は遺伝的な要因も 少なからず絡んでいます。 遺伝的な要因とは ・肌が弱い ・内臓が弱い などのことです。 こういった体質は 一生治らないと思われ...

まとめ

・薬でアトピーが治っても、黒ずんだ肌やアレルギーは治らない

・栄養でアトピーを治した方の肌はとてもキレイになり、何を食べも平気になる

・根本治療をする過程で好転反応が起こるが、それを乗り越えた時に本当の健康が手に入る。

・アトピーは治らないと諦めず、栄養学の知識を高めていき、自ら治す意志を持つこと

 

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました