アトピー完治にコレステロールが重要な理由とは?悪玉と善玉は嘘だった…

アトピー コレステロール
アトピー完治にコレステロールが重要な理由とは?悪玉と善玉は嘘だった…

トシです、

コレステロールは摂って下さい。

何かと悪者扱いされている
コレステロールですが実は
かなり重要な役割があります。

今回は、

コレステロールの重要性と
アトピーとの関係性について
詳しく解説していきます。

★この動画で知れること

✅コレステロールの善玉と悪玉の嘘
✅体内で大活躍のコレステロールの役割とは!?
✅なぜ、アトピー治療にコレステロールが必要なのか?
✅オススメのコレステロール食品を紹介!
✅簡単にコレステロールを下げる方法

スポンサーリンク

悪玉と善玉は存在しない

よくコレステロールのことを

・悪玉コレステロール(HDL)
・善玉コレステロール(LDL)

などと表現します。

しかし、この情報は
信用しないで下さい。

そもそもコレステロールや
タンパク質は肝臓で作られます。

肝臓から血液の流れに乗って
体の細胞へと運ばれていきます。

タンパク質は血液と相性が良く、
そのままの形で流れていきます。

しかし、コレステロールは
水と油の関係と同じように

そのままの状態では
血液中を移動できません。

そこで、

肝臓でコレステロールの周りを
タンパク質で覆うのです。

こうすることで表面が
タンパク質で覆われているため
血液中を移動できるのです。

体は本当に精密な仕組みで
成り立っており素晴らしいです。

タンパク質に覆われている
コレステロールのことを

『リポプロテイン』

と呼ばれています。

リポは脂質
プロテインはタンパク質です。

肝臓から出ていく時は
リポプロテインの中には
コレステロールがたっぷりと
含まれている状態です。

この状態のリポプロテインを
LDL(悪玉)と呼ばれています。

逆に細胞にコレステロールを
渡し終わり肝臓に戻ってきた
リポプロテインのことを
HDL(善玉)と呼んでいます。

つまり、

LDLを善玉コレステロール
HDLを悪玉コレステロールと
一般的に呼ばれていますが、

どちらもコレステロールとして
同じ物質なのです。

悪い働きがあるコレステロールと
良い働きがあるコレステロールの
2つが存在する訳ではないです。

後ほどお伝えしますが
コレステロールは体にとって
とても大切な物質です。

なので十分に摂るべきです。

しかし、何事も
取り過ぎは良くありません。

コレステロールが
高くなる原因としては

1、食べ過ぎ、飲み過ぎ
2、運動不足
3、高コレステロール食品の過剰摂取
4、遺伝

です。

この中で多くの人が3番の
高コレステロール食品の過剰摂取
を気をつけようとしています。

しかし、

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足を
解消すればコレステロールは
自然と下がっていきます。

特にアトピーの場合は
コレステロールは重要なので

摂取量を控えるのではなく
カロリーの摂り過ぎや
運動不足を解消する方に
力を入れたほうが良いです。

コレステロールの重要な役割

コレステロールというのは
細胞の膜となります。

細胞本体はタンパク質で
作られています。

しかし、

その本体の周りを覆っている
バリアーのような役割(細胞膜)
はコレステロールなのです。

細胞膜は皮膚を健康に保ったり
血管を丈夫にするだけでなく

ウイルスやガンから細胞を
守る役割もあるのです。

人間の体には細胞が
37兆個あるとされています。

この細胞一つひとつが
健康なものとなったら
病気になりようがありません。

細胞はタンパク質が主原料ですが
細胞膜はコレステロールです。

タンパク質とコレステロールは
人間の体を健康にするために
無くてはならない栄養なのです。

アトピーとコレステロールの関係性

では、アトピー完治のために
コレステロールはどのくらい
重要な物質なのでしょうか?

先ほどお伝えした通り
コレステロールによって
皮膚を健康に保てるので
そういう意味で重要なのですが、

それ以外にも

ステロイドホルモンの
元となる成分なのです。

以前、ステロイドホルモンを
体内で作る方法について
解説したことがあります。

【副作用ゼロ】医者に頼らず天然ステロイドホルモンを作る方法とは?
トシです、 ステロイド薬の作り方教えます。 アトピーに劇的な効果を発揮する ステロイドという薬があります。 おそらくあなたも使用したことが あるのではないでしょうか? 即効性の高さは魅力的ですが 長期間...

この記事の中で
ステロイドホルモンになるまでに
いくつもの過程があると
お伝えしています。

その大元に位置するのが
コレステロールなのです。

なので、

コレステロールが十分にないと
ステロイドホルモンが作られず
なかなか薬に依存した状態から

抜け出すことができないのです。

オススメのコレステロール食品

それでは具体的に何を食べれば
コレステロールを十分に
補給することが出来るのか?

基本的には、

・肉
・卵
・魚
・チーズ
・バター

などがオススメです。

アレルギーがある場合は
避けたほうが良いですが

問題なければ積極的に
食べたほうが良いです。

まとめ

・コレステロールに善玉も悪玉も存在しない

・とはいえ、高すぎるコレステロールは健康に悪影響。食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足を見直す

・コレステロールは細胞膜となり、皮膚や血管を丈夫にするだけでなく、ステロイドホルモンの原料となる

・コレステロールは肉、卵、魚、チーズ、バターなどから摂ること

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました