アトピー完治に原因を避ける選択肢は無駄?二通りの治療方法を公開!

タンパク質
アトピー完治に原因を避ける選択肢は無駄?二通りの治療方法を公開!

トシです、

アトピー治療には2つの道があります。

今回はアトピーを解決するための
2つの方法を紹介します。

このことを知っておくだけで
道を踏み外す事なくアトピーを
根本から解決することが可能です。

★この記事で知れること

✅アトピー治療の2つの方向性とメリット、デメリットを解説
✅なぜ、巷で流行している健康法ではアトピーが改善しないのか
✅アトピー治療2つの選択肢とは!?
✅体質を変化させる唯一の方法

スポンサーリンク

乱立したアトピー治療法

アトピーを改善させたいと思った時
インターネットで検索したり書籍を読むと
様々な情報が乱立しています。

あまりにも情報が多すぎて
何をすれば良いのか混乱します。

あなたもそういう経験はありませんか?

チョコレートはダメ!とする意見もあれば
アレルギーにはチョコが有効だと
という意見もあります。

もう何を信じればいいのか
わけが分かりません。

アトピー治療の2つの道

アトピーを改善する方法として
基本的に2つの選択肢があります。

それは、

・原因を避ける方法
・原因を原因でないようする方法

この2つです。

✅原因を避ける方法

巷にはびこるアトピー治療法は
ほとんどがこちらに属します。

・添加物を避けましょう。
・化学物質をさけましょう。
・農薬を避けましょう。
・ダニ、ホコリを避けましょう。
・花粉を避けましょう。
・特定の食べ物を避けましょう。
・断食をしましょう。
・油をさけましょう
・糖質は避けましょう

などなど、

こうした健康法の良いところは
比較的、短期間の実践するだけで
効果を実感できるところです。

痒みの原因を回避するので
症状が出ないのは当たり前です。

逆にデメリットとしては
一時的に良くなるだけで
根本的に解決していない点です。

例えば、

断食についてですが僕自身、
アトピー改善のためにかなり勉強し
書籍も何冊も読みました。

そして実践し続けた上で感じたことが
一時的にアトピーが
良くなるということです。

ただ、食事を再開すればまた
アトピーが出てくるだけでした。

断食をしたことがある方は
同じような経験をしているのでは?

断食をすることで

・糖質制限
・食べ物のアレルゲン

など、

食事に関するアレルギー反応が
一時的に抑えられるので
症状は良くなります。

ただし、ずっと食べない
というわけにはいきません。

食べればまたアトピーが出てきます。

これは根本的に
解決したとは言えません。

断食については以前に
こちらの記事を書いているので
参考にしてみて下さい。

【最終結論】アトピー治療に断食が逆効果である5つの理由を公開!
トシです、 断食はオススメしません。 僕自身、断食についての本を それなりに読んできました。 断食を実際に実践もしました。 その上で感じることですが 断食ではアトピーは根本的に 改善することがありません...

✅原因を原因でないようする方法

もう一つの選択肢が
原因を原因で内容にする方法です。

この方法はあらゆる痒みの原因を
体質変化によって反応しないように
根本から体を作り直す方法です。

この方法であれば痒みの原因である
食べ物やホコリ、花粉などが侵入しても
体は痒くなることはありません。

この方法は素晴らしいと感じられますが
デメリットも存在します。

それは、時間がかかることです。

体質を変えるということは
細胞を全て入れ替えるということです。

僕たちの細胞は日々、
創造と破壊を繰り返しています。

人間の体は60兆の細胞があり
毎日、3,000億の細胞が死ぬと同時に
3,000億の細胞が生まれます。

アトピーの場合は
各細胞が不健康な状態です。

この不健康な細胞を時間をかけて
健康な細胞へと生まれ変わらせることで
痒みは起こらなくなります。

それと同時にシワのあった首や手は
徐々に一般人の肌のように白くなり
スベスベの肌触りとなります。

原因を避け続けた人には
このような現象は一生起こりません。

頑張って根本から治療した方のみが
手にすることができる未来です。

どちらの道を進むのか

原因を避ける道を進むのか。

それとも、

原因を原因でないようにする道を
一歩ずつ歩んでいくのか。

決断するのはあなた自身です。

即効性があるのは
原因を避ける生き方です。

ただし、一生アレルギーの原因を
避け続けなくてはなりません。

添加物やホコリ、ダニ、タバコの煙、
ペットの毛、花粉、化学物質など。

現代人の生活にはあらゆるところに
痒みの原因が溢れかえっています。

それを全て避けるというのは
現実的に不可能なことです。

なので、アトピーが良くなったり
悪くなったりを繰り替す日々が続きます。

その度にステロイドを使い
一時的に症状を抑えるのです。

人それぞれ価値観は違うので
この生き方を否定する気はありません。

しかし、個人的にこうした人生よりも
時間はかかったとしても根本から治療し

普通に美味しいものを食べて
普通に恋愛をして結婚して
アトピーの無い子ども達に恵まれて
幸せな家庭を築く人生の方が好きです。

体質を変えるにはどうすればいいの?

では、どうすれば根本から
アトピーを治療できるのでしょうか?

それは、

『健康な細胞へと入れ替えること』

です。

アトピーは自己免疫疾患と
呼ばれています。

栄養学の観点から
自己免疫疾患を見ると、

細胞は不健康な状態のため
免疫質テムがそれを敵だと認識し
攻撃する現象だと定義されています。

細胞を作るにはタンパク質が必要です。

豊富なタンパク質が体内にあれば
元気な細胞が生まれてくれます。

逆にタンパク質が不足していると
不健康な細胞が生まれます。

なぜか?

タンパク質が不足した時に
体は死んだ細胞についている
アミノ酸をリサイクルすることで
不足分を補います。

※アミノ酸が集まると
タンパク質となります。

ただ、このアミノ酸は
死んだ細胞に付いていたものです。

本来であればゴミとして
処分されるべき老廃物です。

そんなスカスカの材料を使って
作られたタンパク質もスカスカです。

当然、スカスカのタンパク質から
作られた細胞もスカスカです。

こうした質の悪い細胞を
免疫システムが敵と判断し
攻撃をするので痒みが起こります。

それではどうすればいいのか?

答えは簡単です。

質の良い細胞を作れば良いのです。

良質な細胞は良質なタンパク質から
作ることができます。

早い話しが普段から
タンパク質を食べることで
どんどん細胞を入れ替えましょう。

ということです。

具体的なタンパク質の摂り方や
必要な量については話すと
かなり長くなってしまうので
以前書いた記事を参考にして下さい。

アトピー改善で腸内環境より大切なこととは?細胞レベルで生まれ変わる方法
トシです、 腸内環境にこだわりすぎていませんか? アトピーなどのアレルギー症状を 根本から改善させるには腸内環境が とても大切だと言われています。 ただ、それよりも大切なことがあります。 今回の記事ではア...

まとめ

・アトピー治療には原因を避ける方法と原因を原因でないようにするという2つの選択肢がある。

・原因を避ける道では完治することはなく、肌の黒ずみやシワは治らない。

・一般人のような肌とライフスタイルを手に入れたいのであれば、原因を原因でないようにするしかない。

・細胞の入れ替えには時間がかかるため、焦らずに継続して取り組む姿勢がポイント

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました