アトピー完治に向けて摂るべき『3つの脂質』と食べ物を解説!

アトピー コレステロール
アトピー完治に向けて摂るべき『3つの脂質』と食べ物を解説!

トシです、

脂質を摂ってますか?

何かと悪者扱いされている
脂質ですが最大栄養素の
1つとされています。

今回は脂質がなぜ
悪者扱いされているのか?

そして必ず摂るべき
3つの脂質ついて解説します。

★この記事で知れること

✅脂質が体に重要なある理由とは!?
✅体を健康にする脂肪と悪影響を与える脂肪
✅具体的に摂取すべき3つの食べ物とは!?
✅喘息にアスピリンが良くないメカニズムを公開!

スポンサーリンク

脂質ってなに?

脂質というのは脂肪や脂肪酸、
コレステロールなど表現方法が
いくつかあります。

それぞれが微妙に
意味合いが異なるのですが
大まかには同じような意味です。

コレステロールは細胞膜の
材料となり細胞を守ります。

細胞の集合体が人間なので
それを守る細胞膜は健康上、
とても重要な役割です。

また、

脂肪はエネルギー源として
活用されると分かっています。

脂肪は体内で熱エネルギーとなり
体を動かすガソリンとなります。

筋肉はエネルギーの
2/3を脂肪酸から摂っており

1/3をブドウ糖から
摂っているのです。

スポーツ選手は積極的に
ステーキを食べるのですが

それはエネルギー源として
脂肪が最も重要だからです。

体に良い脂肪と悪い脂肪

脂肪が悪者扱いされている理由は

中性脂肪などの印象が
CMの影響で拡散したからです。

しかし、

脂肪が溜まるのは単純に
その人が運動不足なのであって
脂肪そのものは悪ではないです。

とはいえ、

摂った方が良い脂肪と
摂らない方がいい脂肪は
確実に存在します。

✅摂ったほうが良い脂肪

人間の体に必ず必要となる脂肪を
プロスタグランジンと言います。

プロスタグランジンには
3つの系統が存在していて、

プロスタグランジン1や
プロスタグランジン2などと
表現しています。

プロスタグランジンは体の中で
薬のように作用してくれるため
健康維持には欠かせません。

そして

プロスタグランジン1を
体内で作るためには
ジホモガンマリノレン酸が、

プロスタグランジン2を
体内で作るためには
アラキドン酸が、

プロスタグランジン3を
体内で作るためには
エイコサペンタエン酸が
それぞれ必要となります。

では、それぞれの脂肪は
どんな食べ物から摂れるのか?

具体的には、

・ジホモガンマリノレン酸
→バター

・アラキドン酸
→卵、肉

・エイコサペンタエン酸
→魚油(サンマ、イワシ、シャケ)

となります。

油の種類 主な食べ物
ホモガンマリノレン酸 牛乳やバターなど
アラキドン酸 卵や肉など
エイコサペンタエン酸  サンマやイワシ、シャケなど

アレルギーがある場合は
避けたほうが良いですが
食べても問題ないのであれば
積極的に摂った方が良いです。

✅摂らないほうが良い脂肪

摂らないほうが良い脂肪は
『トランス脂肪酸』です。

トランス脂肪酸は悪いものとして
世間的にも認知されています。

この油はマーガリンや
ショートニングなどに
使われている油です。

なぜ、いけないのかと言うと
トランス脂肪酸を原料にして
作られた細胞膜は正常に機能せず
細胞にダメージを与えるのです。

また、

先ほどお伝えした
プロスタグランジンが
体内に作られるのを妨害します。

要するに、

トランス脂肪酸を摂っていては
いくら良質な脂質を摂取しても
無意味にさせられるのです。

ちなみに喘息の際に
ステロイドを使うと
症状が落ち着く理由は

ステロイドがアラキドン酸を
妨害しロイコトリエンの生成を
阻害してくれるからです。

喘息は冷気などによって
気管支筋が収縮して呼吸が
苦しくなってしまう症状です。

その収縮を起こさせるのが
ロイコトリエンなのです。

また、喘息にアスピリンは
良くないと言われていますが

それは、アラキドン酸の分離を
ロイコトリエンに促すからです。

「それならアラキドン酸を
摂らなければいいのでは?」

と思うかもしれませんが、

アラキドン酸は健康を保つ上で
とても大切な存在です。

「それじゃステロイド薬に
依存し続けるしか無いの?」

というと、そうではありません。

ステロイド薬は
本来ステロイドホルモンという

体から分泌するホルモンによって
作られているものです。

つまり、

ホルモンが正常に分泌していれば
ステロイド薬を使わなくても
何も問題はないのです。

アトピーと脂肪の関係性

アトピー治療で使われる
ステロイド薬を体の中で正常に
ホルモンとして作り出すには

ビタミンC、Eが必要なのですが
実はコレステロールも必須です。

コレステロールは脂肪なので
アトピー治療においても脂肪は
欠かせない栄養素なのです。

なので、食事の中でなるべく

・卵
・肉
・魚(サンマ、イワシ、サケ)
・バター

などを摂るようにしましょう。

まとめ

・脂質は体のエネルギーとなる大切な栄養素

・体に必須の脂肪は、ジホモガンマリノレン酸、アラキドン酸、エイコサペンタエン酸の3つ

・トランス脂肪酸であるマーガリンやショートニングを摂ると、健康を妨害されてしまう

・普段の食事で卵、肉、魚、バターなどを摂るように心がける。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました