アトピー患者の腸内で共通して不足している『●●菌』の正体を大公開!

アトピー完治させる方法
アトピー患者の腸内で共通して不足している『●●菌』の正体を大公開!

トシです、

腸内の微生物を増やしましょう

人間の腸内には無数の微生物がいますが、
そのバランスで健康状態が変化します。

今回はアトピーなどの
アレルギーで悩んでいる方の腸内で
共通して不足している微生物である

『クロストリジウム菌』

について解説していきます。

この記事で知れること

★この記事で知れること

✅現代人の食生活で抜け落ちている1つの物質とは!?
✅なぜ西洋医学の治療法がアトピーには不向きだと言えるのか?
✅重症アレルギーとなったイギリス人女性から判明した治療のヒントを公開!

スポンサーリンク

西洋医学がアトピー治療に不向きな理由

「腸内に棲み着いている善玉菌が
アレルギーと関係していますよ!」

と言っても、

大抵の人は半信半疑かと思います。

「肌に炎症が出ているのだから
皮膚に何らかの異常があるはずだ!」

と考える気持ちも分かります。

そういった考え方は
西洋医学よりの考え方です。

西洋医学は戦時中に負傷した兵士を
すぐさま戦場に復帰させるために
発展した医学です。

出血を止めたり、銃弾を取り除いたり、
痛み止めを使い苦痛を緩和させ
戦える状態にするのが目的です。

この医学は緊急時において最強です。

現代で言えば、

・刃物で刺された
・車にひかれた
・火傷した
・工事現場で負傷した
・骨折した
・歯が折れた

などなど、

突然起こったトラブルへの対処は、
西洋医学こそが世界一です。

ところが、

アトピーなどのアレルギー症状は
『慢性疾患』です。

慢性疾患は突然起こったものではなく
体内で何らかの異常が起こり
時間をかけて表面化したものです。

となれば、

治し方は対処療法である
西洋医学では不十分です。

こうした病のスペシャリストは
東洋医学です。

東洋医学の考え方は根本治療です。

症状が出ている
場所だけを見るのではなく、

内側で起こっている問題を見極め、
その問題を解決することによって、
根本から病を治そうという考えです。

アレルギーを治していくのであれば、
一時的に薬で症状を鎮めることも
時には大切ことです。

しかし、完治を目指すのであれば、
内側のトラブルに目を向けて
解決していく必要があります。

悲劇に襲われたイギリス人女性

さて、では実際に
アレルギー患者の体内では

どのようなトラブルが
起こっているのでしょうか?

この疑問を考える上で
あるイギリス人女性の存在が
大きなヒントとなります。

その方の名前は、
ナタシャ・コーツさんと言います。

彼女はイギリスのノッティンガム出身で
オリンピックの体操選手を目指して
小さい頃から練習に励んでいました。

そんな彼女に悲劇が訪れます。

その日コーツさんは
友人と遊んでいました。

すると突然、体がプルプルと震えだし
呼吸が徐々に行えなくなり、
そのまま気を失ってしまったのです。

意識を戻した時は
病院のベッドの上でした。

心配した両親は
精密検査を依頼しましたが、
結果は原因不明。

両親はきっと疲労なんだと考え
そのままコーツさんと
共に自宅に帰りました。

ところが、

その2日後にまたもや症状が起こり
コーツさんは意識を失ったのです。

それからというもの
この症状は度々現れるようになり、
コーツさんを苦しめました。

その数はなんと250回にも及びました。

さすがに両親も異常な事態と判断し
より精密な検査ができる施設に依頼し
コーツさんの体を分析してもらいました。

その結果、ある事実が判明したのです。

それは、

『非常に重度のアレルギー』

ということでした。

コーツさんは身の回りの物質に対して
異常なほど過敏に周囲の物質に
アレルギー反応を示していたのです。

具体的には、

・花粉
・香水
・洗剤
・煙
・ハウスダスト
・シャンプー
・自身の汗
・涙
・髪の毛

などなど、切りがない程の量です。

コーツさんが唯一口に出来たのは
ブロッコリーやじゃがいもなどの
数種類の食べ物だけでした。

なぜ、コーツさんはこれほどまでに
アレルギーが出たのでしょうか?

その答えは腸内にありました。

アレルギー患者に不足している●●菌

そもそもアレルギーという症状は
一言で言えば『免疫過剰』です。

本来であれば無視しても良い物質に
過剰に反応してしまう状態です。

反応する物質は個人差がありますが
アトピー患者の場合でいえば、

・汗
・カビ
・特定の食べ物
・化学物質

などです。

近年の研究で分かったことですが
アレルギー症状で悩んでいる方には
ある共通点があります。

それは腸内環境のバランスが
悪いということです。

特に体を健康にする
善玉菌の数が少ないとされています。

コーツさんの場合、
クロストリジウム菌と呼ばれる存在が
極端に少なかったことが判明しました。

実はこの菌、アレルギー症状を
解決するために重要な存在なのです。

クロストリジウム菌が生み出す●●が免疫異常をストップさせる

クロストリジウム菌は普段、
食物繊維やオリゴ糖を
パクパク食べることで増殖し、
仲間を増やしています。

彼らはエサを食べた後に、
ある成分を分泌します。

それが『酪酸』と呼ばれる成分です。

実はこの酪酸という成分こそが、
アレルギー解決の糸口となります。

アレルギーの免疫異常というのは、
白血球が暴走状態にあることを
意味しています。

この白血球の暴走を鎮める存在を
Tレグ細胞と言います。

Tレグ細胞が体内で一定数存在すれば、
免疫バランスを適正に整えてくれるので
無害な物質に過剰に反応しなくなります。

要するにアレルギーの完治です。

NHKchの記事では、
Tレグに関する研究結果が
このように記述されています。

通常、免疫細胞とは、病原菌やウイルスを見つけると攻撃してくれる頼もしい”戦士”ですが、それが「暴走」して過剰に興奮すると、花粉や食べ物の成分など無害なものや、体の正常な細胞まで攻撃し、アレルギーや自己免疫疾患を引き起こすことが知られています。この「免疫の暴走」を抑えるブレーキ役が「Tレグ」。実はTレグは、腸内細菌が出す物質の作用で、私たちの腸の中で生み出されていることがわかり、いま盛んに研究されています。

NHKch:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_551.html

Tレグ細胞を爆増させる方法

では、Tレグ細胞を増やすには
一体どうすれば良いのか?

Tレグ細胞を増やすためには、
先程お伝えしたクロストリジウム菌が
生み出す酪酸がポイントとなります。

Tレグは酪酸を原料にして
生み出されるのです。

図で表すとこういう関係性となります。

 

この図からも分かる通り、
目的はTレグを細胞を増やすことです。

そのために酪酸を増やす必要があるし
酪酸を増やすために、
食物繊維やオリゴ糖が必要になります。

要するに、

食物繊維やオリゴ糖を摂ることが、
結果的にアレルギー完治に
繋がるということです。

今日からやるべき具体的なアクション

では、具体的に今日から
何をすれば良いのでしょうか?

やるべきことは、

・食物繊維の摂取
・オリゴ糖の摂取
・酪酸菌の摂取

この3つです。

✅食物繊維の摂取

現代人は食物繊維が摂れていません。

日々の食事内容を思い浮かべてみると
気がつくと思いますが、
食物繊維がほとんど含まれていません。

・米
・パン
・麺

この辺りを多く食べていませんか?

残念ながら、これらの食べ物には
食物繊維が微量しか含まれていませんし
糖質の塊なので、腸への負担となります。

日々の生活の中で野菜を口にしていき
食物繊維の量を意識的に増やしましょう。

とは言っても、コンビニ弁当で
生活している人にとっては
野菜を増やすことは難しいです。

なのでオススメなのが、
食物繊維をサプリで摂る方法です。

具体的にはサイリウム
最も効果的です。

サイリウムは水を含むと膨らむので、
少しの量でもかなりの
食物繊維が摂れます。

食べすぎ防止にもなるので、
オススメです。

こちらのタイプは粉末なので、
朝と夜の2回に分けて、
水と一緒に飲むようにしてください。

サイリウム:
https://amzn.to/3635y3g

※量が多いとゼリー状になるので、
一回の量は付属のスプーン2杯ほどにして下さい。

✅オリゴ糖の摂取

続いてオリゴ糖の摂取についてです。

こちらも腸内細菌のエサとして
使われる物質です。

食物繊維と並んで
意識的に摂ってください。

個人的にオススメなのが、
こちらのオリゴ糖です。

オススメのオリゴ糖
https://amzn.to/36eR1BJ

※摂りすぎると下痢になるので、
一回の量はスプーン大さじ3杯ほどにしましょう。

大容量で長持ちし、効果は絶大です。

飲み物や料理に使いましょう。

僕自身はこちらのプロテインに混ぜて、
甘みを出してみたり、
プレーンヨーグルトに使用しています。

✅酪酸菌の摂取

最後に酪酸菌についてです。

ここまでの内容では
酪酸を生み出すために、

クロストリジウム菌が好むをエサを
与えるというものでした。

その方法でも効果はありますが、
直接、酪酸菌を与える方法も
かなりオススメです。

具体的にはこちらのサプリを
毎食後に摂る方法です。

ビオスリーHi錠:
https://amzn.to/2RqA1UQ

この錠剤は整腸剤として販売されており
酪酸菌だけでなく乳酸菌や糖化菌など
腸内環境を整える善玉菌が
豊富に含まれています。

僕も試しましたが、
かなり効果を実感できています。

特に乾燥肌や肌の赤みに効果的でした。

是非、お試しあれ

ビオスリーHi錠:
https://amzn.to/2RqA1UQ

まとめ

・アレルギー患者はクロストリジウム菌が不足している傾向にある

・食物繊維やオリゴ糖は善玉菌のエサになる

・日々の食事の中で食物繊維を意識的に摂るように心がける

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました