アトピー患者はマグネシウム不足?体にもたらす4つの健康効果を公開!

ビタミン、ミネラルの働き
アトピー患者はマグネシウム不足?体にもたらす4つの健康効果を公開!

トシです、

アトピー治療に
不足しがちなミネラルとして
マグネシウムがあります。

今回はマグネシウムの体内での働きと
カルシムとの関係性、
アトピー治療でどのように
影響を与えるのかを解説します。

★この記事で知れること

✅マグネシウム不足で起こる15の症状
✅アトピー治療になぜマグネシウムが必要なのか?
✅マグネシウムとカルシウムの黄金比を公開!

スポンサーリンク

マグネシウムの働き4選

マグネシウムが体内に与える影響は
主に4つあります。

●エネルギー変換

体内に取り組まれた糖分を
エネルギーに変換する働きがあります。

マグネシウムが不足すると
上手くエネルギーに変換できず
ダルさや憂鬱な気持ちに陥ります。

また、甘いものをいくら食べても
エネルギーに変換できないので
甘いものを過剰に欲します。

●タンパク質の変換

食事などから摂ったタンパク質を
体が使えるように加工する役割が
マグネシウムにはあります。

この工程を踏むことによって
タンパク質は材料として使えます。

マグネシウムが不足してしまうと
どれだけタンパク質を摂っても
全く使い物にならないまま
体外へと排出される恐れがあります。

●柔軟な筋肉を作る

マグネシウムは
筋肉を作る際にも必要となります。

良質な筋肉というのは
弾力性や柔軟性があります。

逆に質の悪い筋肉というのは
弾力性はなく硬い感じがあります。

筋肉の柔軟性が乏しいと
強い衝撃などから内蔵を守れず
深いダメージを与えてしまいます。

筋肉は内蔵を守る鎧なので
良質なものにしておきましょう。

●寿命を伸ばす

マグネシウムは寿命を伸ばす
栄養素の一つとされています。

健康で生きられる期間が
伸びるというのは
まるで魔法のような話しです。

なるべく年齢が若い段階から
マグネシウムを摂ることで
寿命を伸ばすことが可能です。

マグネシウムが不足すると起こる症状

体内のマグネシウムが不足すると
以下のような症状が出ます。

・イライラする
・性格が攻撃的になる
・悪口ばかり言う
・手足が冷える
・顔面神経麻痺
・コレステロールが異常に高い
・足が浮腫む
・骨粗しょう症
・心疾患
・筋肉の痙攣(けいれん)
・神経・精神疾患
・不整脈
・食欲不振
・下痢
・便秘

などなど。

タンパク質を多く摂るようになると
マグネシムの必要量が上がります。

足りないと便秘になりますので
しっかりマグネシウムを補いましょう。

アトピー治療とマグネシウムの関係性

さて、先程お伝えした4つの働きの中で
アトピーを改善するものは無いです。

「それじゃ、アトピーの人は
マグネシウムを摂る必要は
無いというですか?」

と思うかもしれませんが、違います。

アトピー治療を行っていく中で
大前提としてタンパク質の
十分な摂取があります。

人間の体は水分を除けば
タンパク質が最も多いですし
肌や内蔵、ホルモン、細胞など

アトピーに深く関わりのある器官は
全てタンパク質を材料としています。

そして、

そのタンパク質を体内で
使える形に変換するのが、
マグネシウムなのです。

つまり、

マグネシウムはアトピーを
直接的に治すということではなく
間接的に治療に貢献しているのです。

マグネシウムとカルシウムの黄金比

マグネシウムとカルシウムというのは
拮抗関係にあるとされています。

拮抗というのは勢力が等しいとか
互いに張り合うという意味です。

つまり、

マグネシウムの量と
カルシウムの量が等しい時に
それぞれがバランス良く機能しますが

どちらかが異常に多くなり
バランスが乱れてしまうと
上手く機能しないということです。

例えば、

カルシウムが多い状態で
マグネシウムが少ない状態だと
それぞれが十分に機能しません。

理想的なバランスは

カルシウム:マグネシウム 2:1

という考え方が主流ですが

最近の研究によると
1:1という考え方も広まっています。

日本の場合、
カルシウムの重要性ばかりが
注目を集めている状況なので

カルシウムは多く摂っているが
マグネシウムは不足している傾向です。

この2つの栄養素はバランスが重要です。

マグネシウムの摂り方

マグネシウムの摂り方でポイントなのが
カルシウムとのバランスです。

日本の場合、カルシウムが大切であると
世間一般的に広まっている状態なので
カルシウムの不足は少ないです。

ただ、

マグネシウムの重要性は
認知されていない傾向にあるため
圧倒的にマグネシウム不足です。

マグネシウムを摂るためには
サプリメントを活用すると良いです。

大抵のマグネシウムサプリでは
カルシウムも含まれているので

一つ購入しておけば
マグネシウムもカルシウムも
満たすことができます。

ただ、注意点としては
マグネシウムの方が
比率が高いものにしましょう。

僕が飲んでいる
マグネシウムサプリは
カルシウム:マグネシウム 1:2

というバランスです。

これであれば食生活で
カルシウムが増えることを考慮すれば
最終的には良いバランスになります。

マグネシウムサプリや
その他の栄養素に関しては

こちらの記事に書かれているので
チェックして下さい。

まとめ

・マグネシウムはタンパク質の代謝に必要不可欠

・高タンパク食で便秘になる原因の一つはマグネシウム不足

・マグネシウムはカルシウムとのバランスが大切

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました