アトピー持ちは胃腸が弱い?内蔵と持病の関係性と具体的な改善策を公開!

アトピー 卵
アトピー持ちは胃腸が弱い?内蔵と持病の関係性と具体的な改善策を公開!

トシです、

アトピーの人は
胃腸が弱いのでしょうか?

内蔵の不調と病には
密接な関係があります。

今回はアトピーと
胃腸の関係性について
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅胃腸が弱い=病気を治せない理由とは!?
✅アトピーと胃腸の弱さの関係性を公開!
✅胃腸を丈夫にさせるコツとは!?

スポンサーリンク

胃腸が弱い人の特徴

胃腸が弱い人というのは
体に共通のシグナルが出ます。

例えば、

・肌荒れしやすい
・肩がこりやすい
・イライラする
・憂鬱な気分になりやすい
・甘い物を欲する
・肉や魚よりもあっさりしたものを好む
・疲れやすい
・胃もたれしやすい
・風邪をひきやすい
・冷え性

などです。

一見すると胃腸とは
関係ないように見えることでも
実は原因は胃腸にある場合があります。

胃腸が弱いことのデメリット

胃腸が弱いということは
病気を治す上で致命的だと言えます。

なぜなら、

胃は食べ物を消化して
体内に吸収しやすい形に
変化させてくれますし

腸は栄養の吸収や
毒素の排出を行うので

体を健康にする過程で
非常に重要な器官です。

胃と腸が弱っている状況だと
まず食べ物をうまく消化できません。

すると、

必然的に摂取できる栄養量が減り
慢性的な栄養不足に陥ります。

また、

摂取した栄養が腸に送られますが
そこで腸が上手く機能しない状態だと
栄養を取り組むことができません。

胃と腸、この2つが弱いということは
体に入れられる栄養量が減ることになり

病気になりやすかったり、
元気が無かったり、持病は治せません。

こうした理由からアトピーに限らず
胃腸が弱い人は持病を治すうえで
かなり致命的なことだと言えます。

アトピー持ちは胃腸が弱いのか?

さて、

胃腸の弱さとアトピーの
関係性についてですが
個人的にあると考えます。

例えば、

喘息持ちの人というのは
肺が弱い傾向にあります。

花粉症や鼻炎で困っている人は
粘膜がしっかり出ていなかったり
腸が健康でない場合が多いです。

そう考えると、

アトピーに関連している内臓は、
胃と腸だと言えます。

アトピーの人というのは
根本的にタンパク質不足です。

すべての内臓はタンパク質を
主な原料として作られます。

胃と腸も例外ではありません。

タンパク質が不十分であれば
当然ですが胃も腸も質が落ちます。

胃腸の質が落ちるということは
栄養を摂っても吸収されにくい状態に
陥るということです。

なので、アトピーを治すためには
胃腸を丈夫にすることは必須条件です。

どうすれば胃腸を丈夫にできるの?

胃腸を丈夫に健康にするためには
元となる材料を与えればOKです。

胃腸に限らず内蔵の原料というのは
タンパク質がメインです。

となれば、

日頃からタンパク質を摂ることが
最も近道だと言えます。

タンパク質の補給には、

・肉
・卵
・魚

この辺りを摂りましょう。

「大豆や納豆の方が健康的なのでは?」

と思うかもしれません。

確かに世間一般的なイメージでは
肉や卵よりも大豆や納豆のほうが
健康的な印象があります。

しかし、タンパク質には
アミノ酸スコアという概念があります。

詳しく話すとかなり長くなるので
ざっくりとお伝えすると、

肉や卵のような動物性タンパク質の方が
大豆などの植物性タンパク質よりも
人間の体に適しています。

アミノ酸スコアについての詳しい解説は
こちらの記事を参考にして下さい。

また、

「日本人には肉食は不向きだ!」

という意見もあるかと思いますが
それについてはこちらの記事を
チェックして下さい。

食べ物から栄養を摂ることも大切ですが
それだけでは不十分になりやすいです。

なので、サプリメントや
プロテインを活用しましょう。

特に胃腸を丈夫にしたい人は
あまり食べられない方も多いです。

なので、プロテインを活用することで
効率的に治療を進められます。

女性であってもプロテインを飲んでも
筋肉ムキムキにはならないので
安心して下さい。

サプリメントに関しては
こちらの記事をチェックして下さい。

まとめ

・アトピー持ちは胃腸が弱いことが多い

・胃腸を丈夫にするには原料であるタンパク質を十分に満たすこと

・タンパク質摂取には肉や卵がベスト。それに加えてプロテインを飲む習慣をつける。

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました