アトピー改善に食べ物は関係ない!?健康フードの力を無力化させる盲点とは?

アトピー治療全般
アトピー改善に食べ物は関係ない!?健康フードの力を無力化させる盲点とは?

トシです、

今回は食べ物の健康効果を
ゼロにしてしまう『盲点』を紹介します。

この盲点を理解しない限り
どんなにアトピーに良い食べ物を
毎日、意識的に食べていたとしても
病気が治ることはありません。

この記事で知れること

✅健康フードの力を無力化させてしまう『ある』盲点とは!?
✅動物は根っこを体内に入れることで移動できるように進化した生物だった
✅現代人の腸内環境はスラム街という事実
✅腸内細菌を整える2つの方法とは!?

スポンサーリンク

アトピーに良い食事とは?

一般的にアトピーに効果的と
言われている栄養素としては

・タンパク質
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB3
・ビタミンC
・ビタミンD

などがあります。

こういった栄養素を含んでいる食べ物は

・魚
・肉
・卵
・緑黄色野菜
・きのこ類

などがあります。

こうやって説明をすると、

「それじゃ、この食べ物を
食べるようにすればアトピーが治るの?」

と思うかもしれませんが、
そう単純な話しではありません。

腸内環境が荒れていれば全てが水の泡

確かに必要な栄養素を摂取することで
細胞が強化され体が強くなり
病気を打ち負かすことができます。

ただし、それは

『栄養素が正常に吸収されればの話』

です。

どういうことかと言うと、

現代人のほとんどの方が
健康食材を食べたとしても
残念ながらほとんどの栄養素は
吸収されず無駄に終わります。

なぜなら、

『腸内環境が荒れているから』

です。

腸は植物の根っこ

僕たちの体内にある腸という臓器は
植物で言うところの根っこの部分です。

植物は地面にしっかりと根を張り
栄養分を吸収することでたくましく
自然界を生き延びています。

人間の場合は、
移動できるようにするために
根っこを地面に張るのではなく
体内に収納することにしました。

こうすることで、移動しながらでも
栄養素を吸収することができます。

また、

この腸という臓器は
栄養素の吸収だけでなく

体の不要な老廃物を
排出する役割もあります。

栄養の吸収&毒素の排出

この2つの働きをするのが
腸という臓器の役目なのです。

現代人の腸はスラム街

この腸が正常に機能すれば
食べ物の栄養が体に吸収され
細胞は健康になります。

さらに、体の毒素は排出され
常にキレイな状態が保てます。

逆に、腸が正常に機能しなければ
せっかく栄養のある食べ物を摂っても
体に吸収される割合がガクンと減り
毒素も体内に溜まるばかりです。

実は現代人の腸は
まさにこの状態です。

まるで、

強盗や薬物中毒者がうごめく
路地裏のスラム街のように
薄汚れた汚い状況なのです。

このような状況では
どれだけ良い食べ物を食べても
はっきり言って無意味です。

まずは腸内環境を整える

健康に良いものを食べて
病気を克服するためには
腸内環境を整えることが
ファーストステップです。

「どうすれば腸内がキレイになるの?」

と言いますと、

腸内細菌バランスを整えればOKです。

腸内には大きく分けて
3つの菌が生活をしています。

・善玉菌
・日和見菌
・悪玉菌

この3つの菌の理想割合は

・善玉菌→2
・日和見菌→7
・悪玉菌→1

という状況です。

ちなみに、

あまり聞き慣れていない言葉なので

「日和見菌って何者?」

と思うかもしれません。

この菌は数が多い方を応援する菌です。

少し卑怯な気もするのですが
腸内の善玉菌が悪玉菌よりも多ければ
善玉菌の味方をしてくれるのですが、

悪玉菌の方が多ければ
善玉菌をすぐに裏切り
悪玉菌の見方をするのです。

なので、

大切なことは善玉菌を増やすことです。

善玉菌が悪玉菌より多ければ
日和見菌は善玉菌に加担するので
腸内環境は整います。

善玉菌を増やす2つの方法

善玉菌を増やすには
主に2つの方法があります。

1つ目は外から善玉菌を入れる方法です。

乳酸菌サプリメントや発酵食品などに
豊富に含まれている善玉菌を口から
腸へと届けてあげる方法です。

2つ目は体内の善玉菌を増やす方法です。

善玉菌は主に食物繊維を食べることで
仲間を増やしていきます。

そのため、

日頃から食物繊維を摂ることで
それをエサとして善玉菌が徐々に
腸内で数を増やしていきます。

1つ目の方法と2つ目の方法ですが
はじめは2つ目の方法から始めましょう。

なぜなら、

1つ目の方法の場合、
口から入れた善玉菌は胃から分泌される
胃酸によって死滅してしまうからです。

万が一、生き残ったとしても
腸内環境が荒れていれば
善玉菌は生きることができずに
そのまま死滅していきます。

死骸もエサに善玉菌が
活性化することもありますが

そのためだけに善玉菌を
摂り続けるのは非効率的です。

まずは、食物繊維を食べることで
腸内の善玉菌を増やしていき
環境を整えることからスタートです。

ちなみに、キムチなどの発呼食品は
食物繊維と善玉菌を同時に摂れます。

つまり、

1番と2番の方法を同時進行で行えるので
最も効率的な方法だと言えます。

食物繊維が含まれている割合が多いのは
圧倒的に野菜です。

野菜中心の生活にしていき
キムチなどの発酵食品を食べることで
腸内環境を整えられます。

糖分や加工食品に注意する

ちなみに、

糖分が多い食べ物や加工食品は
食べないことをオススメします。

お菓子やアイスだけでなく
白米、小麦などの糖分が多い食べ物は
腸内環境を荒らすこととなります。

完全には無理だとしても
3食ご飯を2食に減らすなどして
糖分の摂取量を減らしましょう。

まとめ

・どんなに健康的な食べ物を食べても、腸が荒れていれば全て水の泡

・腸をキレイにするためには、食物繊維を豊富に摂りつつ、発酵食品を食べる

・糖分の多い食べ物や加工食品は腸内環境を荒らすため、控えること

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました