アトピー肌の保湿にはオイルがオススメ!万人受けする●●オイルとは!?

アトピーと保湿について
アトピー肌の保湿にはオイルがオススメ!万人受けする●●オイルとは!?

トシです、

オイル使っていますか?

保湿剤でオイルを使う人は多いです。

オイルと言っても色々あり
どれを使えば良いのか迷います。

今回は僕が使用したオイルの中で
最終的に辿り着いたものを紹介します。

アトピー肌の人でも安心のものなので
参考にしてみてください。

★この記事で知れること

✅アトピー患者の肌が乾燥する真相とは!?
✅オススメの保湿剤を公開!
✅乾燥肌を根本から改善させる方法とは!?

スポンサーリンク

なぜアトピー患者の肌は乾燥するのか

アトピーの人は乾燥肌の人が多いです。

なぜ、肌が乾燥するのかと言えば
皮脂膜が壊されやすいからです。

皮脂膜というのは
厚さ0.5ミクロンの超極薄の膜です。

この膜は天然の保湿クリームと呼ばれ
肌を乾燥から守り潤いを与えます。

しかし、アトピーの人は
常日頃から肌を掻いてしまうので
簡単に爪で皮膚膜を壊してしまいます。

この膜が破られてしまえば
肌の水分は簡単に蒸発してしまい
カサカサ状態に陥ってしまいます。

他にも栄養不足などの原因はありますが
肌表面だけの話しで言えば皮膚膜の破壊が
最も大きな乾燥肌の原因です。

皮脂膜が破れると起こる症状

さきほどお伝えしたように
皮脂膜が破れてしまうと
肌の水分量が上昇してしまい
乾燥肌を招きます。

また、皮脂膜というのは
外側からくる刺激に対して
肌を守ってくれる性質もあります。

この膜が破れているということは
外側からの刺激がダイレクトに
あなたの肌を刺激します。

すると、肌への刺激が強くなり
痒みが起きやすくなっていきます。

痒みが起こってしまうと肌を傷つけ
皮脂膜が常に壊れた状態が続きます。

この悪循環にハマると
慢性的な乾燥肌となってしまいます。

肌を保湿する必要性

肌を保湿する理由は
足りない皮脂膜を
保湿剤で補うことによって

外側からの刺激から肌を守り
痒みが起こるのを防げます。

このように保湿剤は
皮脂膜の代わりとなることで
肌を守ってくれるのです。

もし、日頃から乾燥している人は
保湿剤を使うことをオススメします。

オススメの保湿剤

過去の記事でワセリンやニベアが
保湿剤としてオススメだと
解説したことがあります。

確かにこの2つはアトピー肌でも
比較的、安全に使用できます。

ただ、

これまでの経験から
よりオススメと感じるのがオイルです。

天然のオイルは肌への刺激も少なく
自然界にある保湿剤なので

肌の機能を妨げることなく
潤いを与えてくれます。

僕自身がこれまで使ってきたオイルは

・ココナッツオイル
・アーモンドオイル
・ホホバオイル

この3つが多いです。

✅ココナッツオイル

ココナッツオイルは
完全にオーガニックのタイプで

食べても大丈夫なほど
安全なものを選んでいました。

ただ、ニオイが自然のままなので
甘ったるい感じで日常では
すこし使いづらかったです。

また、保湿力はそこまで高くなく
アトピー肌のような強い乾燥状態だと
日に何度も塗らないといけないので
その点もマイナスポイントでした。

URL:https://iherb.co/mPcJJmjo

✅アーモンドオイル

アーモンドオイルは保湿力があり
とても使いやすいオイルでした。

ただ、少しニオイがあるので
人によっては嫌いかもしれません。

また、肌に塗ると
痒みが起こる場合もあります。

僕自身、アーモンドオイルを塗って
しばらくの間は痒みが強くなりました。

URL:https://amzn.to/2ZQeJEK

✅ホホバオイル

ホホバオイルは今、
僕が愛用している保湿剤です。

全身に使えますしニオイも無いので
普段から気軽に使うことができます。

ベタベタしていないので塗りやすく
保湿力もかなり高めです。

基本的に朝、全身に塗っておけば
帰宅するまで保湿剤は
塗らなくても大丈夫です。

塗った直後の痒みもほぼ無いので
僕にはホホバオイルが合っています。

URL:https://amzn.to/2A5dm6A

乾燥肌の治し方

ここまでの話しからも分かる通り
乾燥肌はアトピーの痒みによって
肌を傷つけてしまうことで皮脂膜が破れ
発生している影響が大きいです。

そのために保湿剤を使い
足りていない皮脂を補うわけですが

それを繰り返していても
乾燥肌は治りません。

アトピーの場合で言えば、
乾燥肌を治すためには肌を作る材料を
積極的に摂るようにしつつ、
肌を掻かないことです。

肌を作る材料としては、

・タンパク質
・脂質
・ビタミンC
・ビタミンE
・亜鉛
・セレン

このあたりです。

特にタンパク質は最も重要で
これ無しでは話しが進みません。

タンパク質は全ての土台です。

肌や内蔵、ホルモンの原料になり
ビタミンやミネラルが活動するための
土台となる性質も併せ持っています。

タンパク質が足りていないと
ビタミン、ミネラルは機能せず
十分な健康効果は得られません。

なので、最も優先順位が高いのは
タンパク質を摂ることです。

次に掻かないことに関してですが
アトピーの人にとって
これが最も難しい問題です。

よく、アトピーじゃない人が

「掻くの我慢すればいいじゃん♪」

と発言することがありますが、

我慢できるようなレベルの
痒みじゃないから苦しんでいるのです。

この強烈な痒みを無くすための方法も
栄養を摂ることとなります。

痒みが起こる要因は

・アレルギー
・自己免疫疾患
・敏感体質

など、複数に分かれますが
この全ての要因が栄養で解決できます。

実際、僕自身が栄養療法に取り組み
この記事を書いている時点で
だいたい半年ほど経ちます。

まだそれぐらいですが乾燥肌が改善し
痒みがかなり軽減してきました。

アトピーにまつわる
それぞれの要因に関しては
こちらの記事をチェックして下さい。

まとめ

・オイルを塗ることは不足している皮脂を補い、痒みを軽減させるため

・根本的に乾燥肌を治すためには、栄養療法に取り組むこと

・半年実践すれば何かしらの効果を実感できる

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました