アトピー が辛い時こそ●●をやれ!似合わないことは起こらない法則とは?

アトピー完治させる方法
アトピー が辛い時こそ●●をやれ!似合わないことは起こらない法則とは?

 

トシです、

アトピーがツライ時こそ
やってもらいたいことがあります。

アトピーが酷い時というのは
とても憂鬱になりますよね。

今回はそんなアトピーが
荒れた時だからこそ

意識してほしいことを
紹介していきます。

この記事で知れること

✅アトピーがツライとやってしまいがちな行動
✅ツライ時期だからこそ実践してほしいこと
✅何故か病気が改善させる『似合わないことは起こらない』という法則

スポンサーリンク

アトピーが悪化するとかなりツライ。。。

アトピーが何かのきっかけで
かなり悪化してしまうと
まるで生き地獄かと思うくらい
日常がツライものとなります。

程度の差はあるかと思いますが
重症レベルのアトピーが悪化すると
体の関節部分に切り傷ができ
ちょっと体を動かすだけ激痛が走ります。

また、顔や首は赤くなり
とても人前なんて出られません。

服を着れば肌とひっついてしまい
脱ぐ時にとても痛いですし
肌がポロポロと床に落ちて
それを見るたびに落ち込みます。

体からはアトピー独特のにおいが出て
鏡で自分を直視できないほどツライです。

あなたもアトピーが悪化した時、
このような気持ちになったことが
きっとあるかと思います。

ツライ時だからこそして欲しいこと

こんなにアトピーが酷い時は
外に出ることを一切止めて
布団の中で一日を過ごそうと
考えてしまいがちです。

僕自身がそうです。

季節の変わり目に
かなりアトピーが悪化し

体を動かすだけで
激痛が走る状態でした。

気持ちが落ち込み外に出たいとは
とても思えませんでした。

なので、布団の中で一日中寝て
早く傷が治るようにしていたのです。

ただ、その方法では
アトピーは良くなりませんでした。

アトピーが中々、良くならなかったので
マスクを付けた状態で
公園まで散歩をしました。

すると、気持ちが前向きになり
何となく頑張ろうと思えました。

翌日はアトピーの傷がなぜか
少し良くなりました。

こうした経験はこれまで
何回もありました。

なぜか部屋で閉じこもっているよりも
無理にでも外で気分転換したほうが
アトピーがよくなるのです。

おそらくですが、

精神的に前向きになれたり
陽の光を浴びることで
傷の治りが早くなったからだと思います。

アトピーがツライとどうしても
ふさぎ込んでしまいます。

その気持はとても良くわかります。

人にアトピーを見られるのは
かなりの苦痛ですから。

でも、そんな時だからこそ
マスクで隠しても良いので
外に出て陽の光を浴びましょう。

ゆっくりと深呼吸をしたり
ウォーキングで血流を良くしましょう。

初めはツライかもしれませんが
こうした行動を継続していく方が
アトピーが改善しやすいです。

似合わないことは起こらないルール

過去に僕が尊敬している人物から
教えてもらった言葉に、

「世の中は似合わないことは
起こらないんだよ」

というものがあります。

どういうことかと言うと
それらしい行動をしていると
本当に現実化するという話しです。

例えば、

毎日のようにコーラをグビグビ飲みながら
ポテチ片手にテレビを見ていたら
数年以内に病気になりますよね。

これは病気に似合うような
行動をしていたから起こったことです。

逆に、

現在うつ病の人が食事をモリモリ食べて
「ご飯おかわり!」と元気いっぱいだと
不思議とうつ病が治ることがあります。

信じられないかもしれませんが
世の中には似合わないことは
起こらないというルールが存在します。

アトピーが辛い時に布団の中で
うずくまる行為は普通です。

ただ、ここで逆に似合わない行動として
外で元気よく散歩をしたり
音楽のリズムに合わせてダンスをしたら
不思議とアトピーの回復も早いのです。

体が痛かったり顔が赤い時は
とてもツライとは思いますが
だからこそ似合わない行動が大切です。

騙されたと思って
どんどん似合わない行動を

していきましょう!

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました