10年ぶりのアトピーの新薬デュピクセントの効果と個人的な意見

アトピー 新薬
10年ぶりのアトピーの新薬デュピクセントの効果と個人的な意見

トシです、

デュピクセントを知っていますか?

2018年4月23日に発売された
アトピー性皮膚炎の新薬です。

10年ぶりの新薬ということで
注目を集めているデュピクセントですが、
一体どのような薬なのでしょうか?

今回はデュピクセントの効果や
個人的な考えについて解説します。

この記事で知れること

デュピクセントの働き
✅デュピクセントの注意点
✅体に備わっているデュピクセント並の治癒効果

 

スポンサーリンク

デュピクセントとは?

デュピクセントは10年ぶりの新薬として
2018年4月23日に発売されました。

腕や太ももに注射するタイプの薬です。

デュピクセントの仕組み

このデュピクセントという薬ですが
どのようにしてアトピーを抑えるのか
と言いますと、

『ピンポイントでTh2の働きを抑制する』

ことで痒みを軽減させます。

「Th2細胞って何ですか?」

と言いますと、

T細胞と呼ばれる免疫細胞の一種で
体に害と判断した物質を攻撃し
健康維持に貢献してくれる細胞です。

ただ、アトピーの方の場合
このTh2細胞の数が多い傾向にあり
過剰に反応しているケースがあります。

そのため、本来は体に無害な物質でも
過剰に反応しアレルギー反応を出し
痒みを感じてしまうこととなります。

このTh2細胞はIL-4とIL-13
という物質を出すことによって
アレルギー反応を引き起こすのですが、

今回発売されたデュピクセントは
IL-4とIL-13をブロックする成分を
注射することで炎症を防ぎます。

 

気になる価格は?

価格は81,640円です。

初回は2本打つので、
3割自己負担の場合でも
治療費は約5万円ほどとなり、

2回目以降は2週ごとに1本打つので
約2万5000円の自己負担です。

合計すると年間で60万円ほどの
自己負担になってきます。

新薬ということもあるので
決して安い価格とは言えません。

デュピクセントでアトピーは完治するのか?


この記事を読んでいる方は

「アトピーを完治させたい!」

と切実に感じていると思います。

デュピクセントで
アトピーは完治するのか?

という質問に関しては
正直なところ分かりません。

確かにデュピクセントを使っている間は
薬の効果が働くので痒みが出ません。

ところが、問題はその後です。

薬をやめてしまった場合に
Th2が元通りに働いてしまい
また痒みが出てしまう可能性がある。

ということです。

中には薬を使っている間に
肌のバリア機能が回復し

外からの刺激に対して
過敏に反応することが減り
完治に至るケースもあり得ますが、

ほとんどの方の場合は
薬を止めれば元通りとなる
可能性が非常に高いです。

ボク個人の考えとしては、

アトピーが完治するということは
薬に頼らずに湿疹や痒みが無い状態。

を意味するので、

そういう意味でいうと、

デュピクセントでは本当の意味で
アトピーを完治させるのは難しいと
感じています。

体にはデュピクセント並の機能が備わっている


あまり知られていないかもしれませんが
人間の体には元々、Th2の働きを抑える
細胞が存在しています。

その細胞は、

制御性T細胞(別名:Tレグ)

と呼ばれています。

このTレグという細胞は
過剰に働くT細胞を静めて
正常に働かせる役割があります。

デュピクセントはこの働きを
人工的に注射で行っているイメージです。

どうすればTレグを増やせるの?

アトピーを本当の意味で
完治させたいのであれば、
Tレグ細胞を増やしましょう。

Tレグ細胞の増やし方は
これまで謎のままでしたが、

最新の科学によって
その増やし方が徐々に
明らかになりました。

Tレグ細胞は善玉菌の1種である
クロストリジウム菌が放出する
酢酸によって増えていきます。

つまり、

まずは腸内の善玉菌を増やすことが
Tレグ細胞を増やすことに繋がり
アトピーの痒みに繋がっている
Th2の働きを抑えられます。

「どうすれば善玉菌を増やせるの?」

と言いますと、

守りと攻めの2つの側面で
考えていく必要があります。

攻めの部分であれば
ズバリ!食物繊維を摂ることです。

食物繊維は人間の栄養にはなりませんが
善玉菌のエサとなって増殖を助けます。

そして、守りの部分で言えば
善玉菌を殺す行為を理解し
日常から無くすことです。

善玉菌を殺す行為は

・体のPHバランスが崩れる
・非ステロイド性抗炎症薬を飲む
・塩素を体内に入れる
・放射線や化学療法
・肉類や乳製品に含まれる抗生物質を取り入れる
・肉中心の食生活
・便秘
・タバコ、お酒、ストレス
・抗生物質を飲む

この9つになりますが、

詳しく知りたい方は
こちらの記事を参考にして下さい。

アトピーを悪化させる原因『善玉菌』を殺す9つの方法
トシです、 善玉菌を殺していませんか? アトピーを含めたアレルギー症状は 腸が最も影響しています。 もう少し具体的に言えば、 腸に住んでいる腸内細菌の1種 『善玉菌』がカギを握っています。 今回は善...

この守りと攻めを意識することで
善玉菌を増やすことができ、
毎日デュピクセントを打っているのと
同じ状態にすることが可能です。

つまり、アトピー完治です。

 

デュピクセントについての個人的な考え

デュピクセントという薬に関しては
とても素晴らしいと正直に思います。

医学がアトピーの炎症の原因を理解し
その炎症を食い止める薬を開発することは
とても大切なことだと思います。

ただ、薬はあくまで応急処置であって
根本治療を目的としていません。

デュピクセントを使い続けることで
確かにアトピーは治まるかもしれませんが

一生、薬を使い続けるというのは
金銭的に負担になりますし、
アトピーを本当の意味で
完治させてはいません。

体にはデュピクセント並の
素晴らしい機能が備わっています。

なので、まずはその機能を復活させ
薬に頼らなくてもいい状態にまで
アトピーを改善させていきましょう。

既にデュピクセントをお使いなのであれば
とりあえずはそのまま使用しつつ、
善玉菌を増やすことに
意識を向けましょう。

T細胞については以前に
記事を書いていますので
そちらを参考にして下さい。

100日禁足で判明したTレグ細胞とクロストリジウム菌の関係とは?
トシです、 Tレグ細胞の増やし方を教えます。 前回までのお話しでアトピーの方は 体内のT細胞のバランスが乱れている。 ということをお伝えしました。 まだ読んでいない場合は こちらをチェックしてください。 アトピ...

 

【完全保存版】食物繊維が枯渇した現代で豊富な食物繊維を摂る方法
トシです、 今回は食物繊維の上手な摂り方について まとめ記事を書いていきます。 アトピーは内側と外側の 2つの側面からアプローチすることで 次第に症状を改善させられます。 内側からのアプローチ方法として 科...

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました