アトピーは内臓疲労から起こっている!?24時間365日休めない臓器

アトピー 断食
アトピーは内臓疲労から起こっている!?24時間365日休めない臓器

 

トシです、

内蔵を使い過ぎていませんか?

アトピーの原因とされる要素は
とても沢山存在します。

そんな沢山の原因を避けるのは
正直、現実的に不可能です。

今回は原因を追うのではなく
根本的にアトピーを改善させる
内臓疲労について解説します。

この記事で知れること

✅なぜ現代人は内臓が疲れ切っているのか?
✅慢性疲労の本当の原因とは?
✅科学的に唯一証明されている長寿法
✅アトピーと内臓疲労の関係性

スポンサーリンク

内臓を酷使する現代人

日本が高度経済成長を遂げ
とても豊かになってから

僕たちの食事内容は
かなり変わりました。

以前は和食中心の食事内容だったのが
今では肉や乳製品を中心とした
高カロリー食品を好んで食べています。

あなたもご存知かと思いますが
こういった食べ物は消化にとても
エネルギーを消費します。

食べれば食べるほど胃腸は疲れ
体のエネルギーは消化へとおくられ
なぜか毎日、体がダルイ状態が続きます。

さらに、

現代人は食べ物をよく噛まず
早食いの傾向が強いです。

本来、口でよく噛むと唾液が分泌され
食べ物をある程度までドロドロにし
胃の負担を軽減させてくれます。

ところが、

早食いをしてしまうと
唾液が十分に分泌されませんので
胃の負担はとても大きくなります。

お酒やタバコも内臓に
負担を与える要因の1つです。

お酒は肝臓を酷使させ
タバコは肺を痛めます。

このように現代人は様々な臓器に
ダメージを与えている状況です。

内臓の悲鳴=病気

そのような生活をおくっていれば
当然のことですが病気になります。

人が働きすぎて倒れるように
休むことなく働き続けた内臓は
どこかのタイミングで白旗を上げます。

その結果、

ガンや動脈硬化、高血圧など
あらゆる形で体は僕たちに

『休日希望』

を要求してきます。

それでも僕たちは薬で症状を押さえ込み
また、内臓を痛めつけてしまっています。

アトピーという病気も突き詰めると
内臓が疲労している可能性が高いです。

胃や腸の不調がダイレクトに
肌に表れていると言えます。

アトピーは贅沢病

高齢者の方で

「アトピーは贅沢病だ」

とおっしゃる方はチラホラいます。

どういった経緯で
この言葉が広まったのかは不明ですが
とても的を得ていると感じます。

現代の食事内容は加工商品を中心で
体に負担をかけるものばかりです。

そんな食生活を続けていけば
当然、胃腸は疲れてしまい
体の機能は乱れていきます。

その結果、

アトピーが起こっていると考えると
とても合点がいきます。

アトピー改善には内臓の休息

内臓が疲労していることで
アトピーが出ているとすれば

しっかりと内臓を休ませれば
自然と症状は改善します。

「どうすれば内臓を
休ませられるのですか?」

と言いますと、

断食をすることです。

内臓は食べ物が送られると
それを消化、分解しなくてはならないので
休むことが出来ない状況となります。

なので、

意識的に食べない習慣を持つことで
内臓に休日を与えてあげるのです。

例えば、

週に1回の断食を行うことで
胃腸を休めるようなイメージです。

休みを入れてあげれば内臓は疲れを癒し
また頑張ろうと働いてくれます。

具体的な断食の方法は
こちらを参考にしてみて下さい。

断食でアトピーは完治するのか!?驚異のファスティング療法の威力
トシです、 断食は最強の健康法です。 断食という言葉を知っていますか? 食を断つという言葉の通りで 固形物を一切口にしない。 ただそれだけの健康法です。 今回は食べないだけで なぜ体が健康に...

科学的に証明された唯一の長寿法

寿命を延ばす方法として科学的に
証明されている方法が1つだけあります。

それは、

『カロリーを減らす』

という方法です。

一日の摂取カロリーを減らすと
寿命が伸びることが科学的に
分かっているのです。

ただ、この話しをすると
少食が健康的なのですね!

と考える方が多いです。

確かに少食は胃腸を休ませるので
暴飲暴食をしている現代人からすれば
とても健康的な方法です。

しかし、

栄養を摂ることも大切です。

カロリーは減らすが
栄養は沢山摂ること。

これが本当の健康法です。

カロリーを減らして
栄養を摂るなんてできるのですか?

と思うかもしれませんが
十分に可能なことです。

例えば、

野菜や果物というのは
カロリーに対して栄養素が
とても高いことで有名です。

逆に、白米や小麦などの
加工された炭水化物には

糖分しか栄養素が無いのに
カロリーはとても高いです。

なので、

米や小麦を控えて
野菜や果物を食べるようにすれば
十分に寿命を延ばせるのです。

たまには羽目を外して
どか食いするのもアリですが
ほどほどにするようにしましょう。

まとめ

・現代人は食べ過ぎやタバコなどの影響で
内臓が疲労している人が本当に多い。

・内臓の疲れが表面化したものが病気

・内臓を休める最強の方法は断食をすること

・科学的に証明されている長寿法は、
『低カロリー、高栄養摂取』

米や小麦などの栄養がほぼ無いが
高カロリーな食べ物を避けていき、

野菜や果物などの低カロリーで
高栄養素の食べ物を積極的に
食べるようにすること。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました