アトピー改善にオススメする4つの油ルールとは?人工油は口にしないこと

脂質
アトピー改善にオススメする4つの油ルールとは?人工油は口にしないこと

トシです、

油の使い分けを紹介します。

今回はアトピーの方にオススメする
油の使い分けについて紹介します。

油にはいくつか種類があるのですが
もったいない使い方があります。

この記事では油の特性を最大限に高め
アトピー改善に繋がる方法を紹介します。

この記事で知れること

✅油の種類ごとの上手な使い分けとは!?
✅アトピーを悪化させる油と改善させる油
✅日常生活で心がけたい4つの油ルールとは!?
✅絶対に口にしてはいけない『人工油』とは!?

スポンサーリンク

油の種類とそれぞれの特性

まず、油にはいくつか種類があります。

ここでは簡単に3つの油を紹介します。

3つの油とは以下のとおりです。

・オメガ3
・オメガ6
・オメガ9

この3つの油にはそれぞれ特性があり
上手に使い分けることで健康レベルを
より高めることが可能となります。

✅オメガ3

オメガ3の油はDHAやEPAといった
魚の油や、えごま油、亜麻仁油などが
このグループに属しています。

この油の特徴は、

『健康に良い影響を与える』

ということです。

そのため、

積極的に摂ることをオススメします。

ただし、一つ注意点があります。

それは、熱に弱い特性があることです。

熱を加えられると
オメガ3の油は酸化しやすく
健康効果が薄れやすくなります。

それだと非常にもったいないので
オメガ3系の油は加熱調理などで
使うことには不向きだと言えます。

「それじゃ、どうやって使えばいいの?」

と言いますと、

サラダにかけたりなど
熱が加わらないタイミングで
使うことをオススメします。

オメガ6

オメガ6の油は、サラダ油や大豆油、
ひまわり油などが属しています。

スーパーの油コーナーに行くと
よく目にする油は、ほとんどが
オメガ6に属する油です。

そのため、現代人はこの油ばかりを
摂りすぎてしまう傾向が強いです。

基本的にオメガ6の油ばかり摂ると
体内で炎症を引き起こします。

炎症が体内で起こり続ければ
それはやがて症状として現れます。

その結果、

人によっては、関節炎や慢性疲労、
アレルギー症状などが起こり続け

日々、症状に悩みながら
生活をしていくこととなります。

オメガ6系の油は摂らないようにと
心がけていたとしても

植物油=健康的

という昔の健康情報の影響もあって
油を使った料理などはほとんどが
オメガ6系のものを使用しています。

なので、どうしても現代人は
オメガ6を摂りやすい環境なのです。

先程もお伝えしたように
オメガ6の摂りすぎは
体内で炎症を起こします。

実はその炎症を抑える油が
オメガ3系の油なのです。

オメガ6ばかりの状態から
オメガ3を積極的に摂ることで
体内の油バランスが正常に戻り
慢性的な炎症が回復します。

✅オメガ9

オメガ9はオリーブオイルや
ナタネ油などが属しています。

この油には体内で炎症を起こす
ということも無く無害な油です。

基本的に炒め物や揚げ物をする場合、
オメガ9に属するものを使うことで
体の炎症を引き起こすこと無く
料理を楽しむことができます。

日常生活で気をつけるべき4つの油ルール

それでは、

3つの油の使い分けについて
具体的に僕自身がどうしているのか?

ということについて解説します。

✅オメガ6系は買わない

まず、スーパーで売られている
オメガ6系の油は一切購入していません。

サラダ油、大豆油、ひまわり油など、
現代人はあまりに摂りすぎています。

そのため、意識的に避けるように
心がけないとバランスを崩します。

✅オメガ3系を積極的に取り入れる

オメガ6とは逆に、オメガ3に関しては
積極的に取り入れるようにしています。

魚や亜麻仁の種(フラックスシード)で
食事から良質の油を摂るように
日頃から心がけています。

さらに、サプリメントを活用して
DHAやEPAを食後に飲んでいます。

愛用サプリ:
https://amzn.to/2NHF5Af

✅炒め物や揚げ物にはオリーブオイルを使う

オメガ9に関しては体に無害なので
とても使い勝手の良い油です。

僕がスーパーで購入する調理用油は
オメガ9に属するオリーブオイルです。

炒めものや揚げ物を作る際には
オリーブオイルを使っています。

✅トランス脂肪酸だけは絶対に避けること

油に関して一つ注意点があります。

それは、

『トランス脂肪酸は絶対に避ける』

ということです。

「トランス脂肪酸って何ですか?」

と言いますと、

オメガ6を人工的に加工した物です。

とても使い勝手が良いので
市販の食べ物に使われていますが
体に多大な悪影響を与えてしまいます。

「何で体に悪影響なのですか?」

と言いますと、

自然界には無い油なので
体が分解できないため
システムに異常を引き起こします。

人間の体は自然界にあるものを
消化&吸収することを
前提として作られています。

そのため、

人工的に作られた油などは
上手く対処することができません。

実際、海外ではトランス脂肪酸の危険性が
認知されはじめ、使用禁止としている国も
徐々に増えてきているところです。

一方、日本はどうなのかというと
規制はかなり緩い状態です。。。

そのため、市販の食べ物には
未だにトランス脂肪酸が使われています。

具体的には、

・マーガリン
・ショートニング
・ファストスプレッド
・加工油脂

は全てトランス脂肪酸なので要注意です。

試しにコンビニの菓子パンや
クッキーなどの裏面に書かれている
原材料名をチェックしてみて下さい。

おそらく、ほとんどの商品に
マーガリンなどが使われています。

まとめ

・オメガ3、6、9はそれぞれ特性があり、上手に使うことで健康増進に繋がる

・現代人はオメガ6に偏りがちなので、オメガ3を積極的に摂ることでバランスが保てる

・トランス脂肪酸は人工的に作られた油で体は分解することができないため、絶対に避けること

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました