深呼吸でアトピーは改善するのか?深い呼吸の6大メリットを公開!

アトピー 精神面
深呼吸でアトピーは改善するのか?深い呼吸の6大メリットを公開!

トシです、

呼吸が浅くありませんか?

現代人はパソコンや
スマホを使うことが多いので
姿勢が前かがみになりがちです。

すると、呼吸が浅くなりがちです。

「呼吸が浅いと何がいけないのですか?」

と思うかもしれませんが、

呼吸の深さというのは
体にとても影響を与えます。

今回はそんな呼吸について
詳しく解説していきます。

この記事で知れること

✅深呼吸をすることで得られる6つの効果
✅脳はストレスから逃げるためにアトピーを出す?
✅ストレスを防ぐための4つのアプローチとは!?
✅脳に栄養を与える健康アイテムを公開!

スポンサーリンク

深呼吸の6つの健康効果

「深呼吸は良いよ」

というのは何とかなく
どこかの健康番組や雑誌などで
聞いたことがあるかと思います。

でも、どう健康に良いのかは
意外と知られていません。

具体的には深呼吸をすることで
以下のような効果を得ることができます。

・血行促進
・自律神経を整える
・内臓の活性化
・ストレス緩和
・リンパ液の循環促進
・頭の回転を早める

などです。

1つずつ見ていきましょう。

✅血行促進

深呼吸をすることで体内の血液が
全身に巡りやすくなります。

人間の体は血液を通して
全身の細胞に酸素や栄養素を届けたり、
要らないゴミを回収&処分しています。

もし、血行が良くない状態だと
全身に血液が上手くまわりません。

すると、

細胞に酸素や栄養素が届けられず
体の健康が維持できなくなります。

また、体内のゴミが処分されずに
どんどん蓄積してしまうので
大きな病の引き金となります。

深呼吸をすると血流が促進され
全身の隅々まで栄養が循環し
健康を維持することができます。

✅自律神経を整える

自律神経という言葉を
聞いたことはありますか?

自律神経とは言葉の通りで
自立した神経のことを言います。

例えば、

心臓のドクンドクンという鼓動や
汗をかいたり、あくびが出る行為は
無意識に行われていますよね。

あれは、

自律神経が自動で行ってくれているので
特に意識することなく行えています。

自律神経は2つに分離ができます。

・交感神経
・副交感神経

この2種類です。

交感神経は興奮した時に働く神経で
副交感神経はリラックス時に働きます。

この2つがシーソーのように
バランスよく機能している状態だと
人間の体は健康を維持できます。

ところが、

現代社会はストレスが多すぎます。

その結果、緊張することが多く
交感神経よりの状態が続きやすく
非常にバランスが悪い状態です。

そういったことを考えると
もう少しリラックスできる時間を
確保することが大切となります。

深呼吸でゆっくりと息を吸い込み
吐き出すことを繰り返すと
徐々に体の緊張がほぐれていき
自律神経のバランスが整います。

✅内臓の活性化

深い呼吸をする時というのは
体の筋肉を適度に刺激してくれます。

特に内蔵に対して
程よい刺激を与えられます。

刺激を受けた内臓は活性化し
よりパワフルに機能します。

例えば、

腸の刺激が届けば
ウンチを出すように促進したり
腸内環境を整えるように働きます。

✅ストレス緩和

人は緊張状態になると

「スッハァ、スッハァ、スッハァ」

と息が浅くなります。

逆にリラックスしている時は

「ス~ハ〜、ス〜ハ〜」

とゆっくりしたリズムで
呼吸が行われています。

この体の機能を利用すれば
緊張で体が固くなり
ストレスを感じている時に

意識的に呼吸をゆっくりさせると
体の緊張は解けリラックできます。

過度な緊張から病気に発展する
というケースは現代人に多いです。

深呼吸を上手く取り入れて
緊張をほぐしましょう。

✅リンパ液の循環促進

人間の体は血液以外にも
リンパ液というものがあります。

これはリンパ管と呼ばれる管を通して
全身に流れている液体です。

リンパ液は血液で処理しきれなかった
ゴミを運搬し体外に出すことが仕事です。

ただ、リンパ液というのは
自動的に流れることはありません。

血液であれば心臓の鼓動と共に
全身を循環するようになっていますが
リンパ管はそのような機能はありません。

「じゃどうすればリンパ液を
循環させることができるの?」

と言いますと、

運動などももちろん効果的なのですが
最強の循環方法が深呼吸なのです。

深呼吸をすると全身のリンパ液が循環し
体のゴミをキレイに掃除してくれます。

逆に言えば、毎日ストレスなどで
リンパ液が停滞している状態だと
ゴミがどんどん蓄積してしまいます。

✅頭の回転を早める

深呼吸をすると全身に
血液が循環するだけでなく
脳に酸素が運ばれやすくなります。

その結果、思考がクリアになり
いつも以上に頭が冴えていきます。
深呼吸は健康面だけでなく
仕事面でも役立つ方法です。

ストレスからアトピー発症のメカニズム

結論から言えば、

アトピーの最大の原因は
ストレスだと思っています。

幼少期の場合は別ですが
大人になってもアトピーだったり
成人してから発症するアトピーは

多かれ少なかれ
ストレスが影響しています。

「どういう仕組でストレスが
アトピーになるの?」

と言いますと、

まず、現代社会は
ストレスが多いとされています。

しかも死を感じるような強いストレスが
ドカンと一時期的に来るのではなく
弱いストレスが慢性的に起こっています。

ストレスが慢性的にかかり続けると
脳が縮小したり脳内の血流が悪くなり
最悪の場合は死すらあり得ます。

人間の体というのは命に関わる部分を
最優先で守るように出来ているので
脳に深刻なダメージが入るまでに
他の部分を犠牲にするように働きます。

アトピーとストレスの関係を考えると
脳にダメージを与える前に痒みを出し
僕たちの意識をそこに向けさせて

ストレスを緩和させようと体が
機能している可能性が非常に高いです。

逆に考えると、

脳に対するストレスを対処すると
アトピーは自然と消えていくと言えます。

これを聞くと

「なんだ、食生活は関係無いのね。」

と思うかもしれませんが
そういうことではありません。

栄養や腸内環境など
肉体面のケアは健康に欠かせません。

ただ、それだけでなく精神面のケアも
現代人にとっては非常に大切なのです。

ストレスを緩和させる4つのアプローチ

脳へのストレスを食い止め
アトピーを完治させるためには
大きく分けて4つのアプローチがあります。

それは、

・栄養摂取
・断射
・瞑想
・言霊

です。

✅栄養摂取

まず大前提として
脳への栄養が足りていれば

そう簡単にストレスに
負けることはありません。

なので、栄養摂取は必須です。

脳に重要な栄養源は
ビタミンやミネラルなど
複数存在するのですが、

特にアミノ酸が重要です。

アミノ酸はタンパク質から摂れるので
まずは十分なタンパク質が必要です。

「それでは肉や魚を沢山食べますね!」

と思うかもしれませんが、

これらの食べ物は人間の体には
吸収率があまり良くありませんし
体に害を与える危険性が高いです。

僕がかなりオススメするのは
玄米プロテインです。

この中には必須アミノ酸が含まれていて
アレルギーや化学物質の危険性が低く
日本人の体質にも適しています。

なので、

まずは玄米プロテインを毎日摂取し
脳に栄養を補給しましょう。

玄米プロテイン:
https://amzn.to/2TJYGBJ

✅断射

いわゆる自慰行為を断つということです。

性的な話しになってしまい
申し訳ありませんが、

自慰行為をすると
脳内の幸せホルモンである
セロトニンが放出されます。

なので、

その瞬間はとても幸せに感じますが
何回も行うと脳内のセロトニンが枯渇し
逆に鬱気味の精神状態に陥ります。

そんな状況でストレスを感じれば
脳にダメージがいきやすくなり

結果的にアトピーを
悪化させてしまいます。

自慰行為を全くしないというのは
体の構造上、不健康なので
週に一度のペースを目安に考えましょう。

✅瞑想

瞑想は深呼吸を行えるだけでなく
精神に良い影響を与えることが
科学的にも証明されています。

ゆっくりとした呼吸で10分間、
目をつむり「ス〜ハ〜」
呼吸に意識を向けましょう。

息を吐く時はなるべくゆっくり行うと
体がだんだんポカポカしてくるので
その状態になれれば効いている証拠です。

✅言霊

少しスピリチュアルな話しではありますが
言葉には目には見えない力があります。

日本では言霊なんて表現されますが
意外とこの力は馬鹿にできません。

ストレスからアトピーになっている時
大抵の場合は弱気になっています。

そこで、

強気!強気!強気!

と連呼すると不思議と前向きになり
気持ちが晴れていきます。

すると痒みが軽減したり
原因不明のアトピーがピタッと
消えてしまうことがあります。

なかなか信じられないかもしれませんが
僕自身が体験したことなので
間違いなく効果はあります。

今日から実践する4つのアプローチ

玄米プロテインは通販などで
購入する必要があるので
今日すぐには難しいですが、

その他のアプローチに関しては
無料で今日から行えます。

・断射
・瞑想
・言霊

この3つを意識しつつ試しに
玄米プロテインを試してみて下さい。

玄米プロテイン:
https://amzn.to/2TJYGBJ

肉や魚よりも日本人の体質にあった
最強のタンパク源です。

必須アミノ酸:
https://amzn.to/2CkTxsR

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました