アトピーが痒くなる原因は湿度だった!?湿度と痒みの研究結果を公開!

アトピー 保湿
アトピーが痒くなる原因は湿度だった!?湿度と痒みの研究結果を公開!

 

トシです、

アトピーの痒みの引き金が判明しました。

アトピーの痒みの原因は無数にありますが
今回、ある研究結果からアトピーの痒みが
最も起こりやすい原因が判明しました。

このことを理解し対策をすることで
痒みを感じる機会が自然と減少し
特に何かを我慢することなく
快適にアトピーを改善できます。

この記事で知れること

✅アトピーと痒みの因果関係を証明した3つの研究結果
✅肌に痒みを起こさせる『ある』条件とは!?
✅痒みを防ぐ2つの工夫を公開!
✅0円で行えるお手軽痒み止めアイテムとは!?

スポンサーリンク

アトピーの痒みに関する3つの研究結果

アレルギー支援ネットワークに掲載された
アトピーの関する研究結果によると、

アトピー患者を室内に入れて
湿度を下げていったところ
肌の水分量が徐々に低下していき
強い痒みを感じるようになりました。

少し見にくいですが研究資料です。

 

アレルギー支援ネットワーク

また、月別のアトピーの具合を調査すると
夏は全体的に症状が落ち着き11月頃から
顕著に症状が悪化すると判明しました。

こちらが研究資料です。

さらに、アトピー患者に対して
悪化する要因をアンケートしたところ、

1位 汗
2位 エアコン
3位 入浴
4位 就寝時
5位 体が温まった時

という回答に対して、

一般の方に対して
皮膚が痒くなる要因を
アンケートしたところ、

1位 体が温まった時
2位 季節(春・秋)
3位 妊娠、出産

とのことです。

ここから分かることは
アトピーの方は汗やエアコン
入浴、就寝時と体が温まりと、

肌から水分が蒸発するタイミングに
痒みが起こる傾向が強かったです。

一般の方でお体が温まった時に
肌が痒くなる傾向があるようです。

こちらが研究資料です。

研究から判明した痒みの引き金とは!?

研究結果を見てみると寒い時期に
アトピーが悪化することが多かったり
肌の水分量が低下した時に
強い痒みを感じることから、

湿度の低下

肌の水分量が低下

痒み

アトピーが悪化する

というサイクルが考えられます。

痒みをブロックするために必要なこと

では、このことからどうすれば
アトピーの痒みを軽減することが
可能なのでしょうか?

最大のポイントは湿度です。

湿度が低下してしまうと
肌から水分が蒸発しやすく
痒みを引き起こしてしまいます。

なので、室内の湿度を常に
一定に維持することが大切です。

湿度維持に大切なことは2つあります。

・エアコンによる乾燥
・加湿器の使用

です。

✅エアコンによる乾燥

今の時代、どこの家庭でも
エアコンの設備が整っています。

エアコンはとても便利なのですが
空気を乾燥させる特徴があります。

乾燥した空気では痒みを引込しやすく
アトピーを悪化させてしまいます。

なので、

なるべくエアコンの使用は
短時間にするように調整し
肌の乾燥を防ぎましょう。

✅加湿器の使用

湿度を簡単に高めるには
加湿器が便利です。

日本は季節の変わり目に
急激に湿度が変化します。

加湿器を使うことで常に
一定の湿度を保つことができ
痒みが起きにくくなります。

オススメの室内空間

僕自身が実践している方法としては
冬の時期にはエアコンは使用せずに
ファンヒーターで部屋を温めています。

この方法であれば多少は
エアコンによる乾燥を防げます。

また、加湿器に関しては
もったいないと感じてしまい
実は機械そのものを持っていません。

代わりにお風呂で濡らしたタオルを
部屋で乾かすようにしています。

それだけで簡単に室内の湿度を
高めることができます。

無料ですし簡単に誰でも
その日に行えるのでオススメです。

まずは部屋の湿度に気をつけていき
アトピーの痒みを軽減させましょう。

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました