アレルギーはビタミン欠乏症!?根本から治す分子栄養学の概念を公開!

アトピー アレルギー
アレルギーはビタミン欠乏症!?根本から治す分子栄養学の概念を公開!

トシです、

アレルギーはありますか?

ここ数年の間でアレルギー患者が
かなり増加しているようです。

症状に差はありますが
人それぞれアレルギー症状に悩み
薬で対処しながら生活しています。

今回はアレルギーの本当の原因と
根本から治療する方法について
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅なぜアレルギー患者が増え続けるのか?
✅ビタミンA、B、C、Eが不足すると起こる症状とは!?
✅過去50年間で栄養素が5分の1にまで低下した食べ物
✅アレルギーを根本から治す唯一の方法を公開!

スポンサーリンク

アレルギー時代到来!国民の2人に1人が発症している

アレルギーというのは
いくつか種類があります。

・食べ物アレルギー
・喘息
・花粉
・鼻炎
・アトピー
・結膜炎

などがあります。

厚生労働省のデータによると
年々、アレルギー患者は増加しています。

特に喘息持ちが多いようで
平成17年の時点では
400万人の患者数だったのが、

平成23年になると2倍の
800万人にまで増加しています。

その他のアレルギーに関しても
基本的に患者数は増え続けており
国民の2人に1人はアレルギー持ちと
言われるようになりました。

つまり、国民の半分は
アレルギー持ちということです。

明らかに多いです。

しかも、年々増加しているため
この割合が60%、70%、80%と
増加する可能性は十分にあります。

 

なぜ、アレルギー患者が増え続けるのか?

アレルギーは増加する原因は
一つではありません。

・環境汚染
・化学物質
・過度な除菌、抗菌
・食事内容

などなど、

いくつかの要因が絡み合って
発症するとされています。

しかし、圧倒的に言えることは
栄養が不足しているということです。

海外の栄養学の本に

『The Orthomolecular Treatment
of ChronicDisease』

という本があります。

日本語訳で

『慢性疾患のオーソモレキュラー分子療法治療』

というような意味です。

この本の中に、

「まず、「アレルギー」と呼ばれているものは、「栄養不足」です。アメリカ人の大部分は明らかに壊血病か、または壊血病の直前にあります。ビタミンC欠乏は、通常の刺激物、毒素、化学物質、汚染、および微生物に対してさえ、過敏に反応します。ビタミンA、B複合体、およびEの欠乏症は、皮膚トラブルあるいは、食品・ストレス・微生物・ショックなどに過敏な反応を引き起こします。

と書かれています。

つまり、

人の体というのは
栄養学の観点から見ると

特定のビタミンが不足すると
周囲の物質に対して
過敏に反応する体質へと
変化してしまうということです。

ビタミンC不足なのであれば
刺激物や毒素、化学物質、汚染、
微生物に過敏に反応してしまい、

ビタミンA、B群、Eの欠乏は
皮膚トラブルを起こしたり、
食品やストレス、微生物、ショックに
過敏に反応してしまうようになります。

「いや私はしっかり野菜や果物で
ビタミンを摂っていますよ!」

と思うかもしれません。

しかし、食べ物に含まれている
栄養素は年々、低下しています。

例えば、

1950年に文部科学省が発行した

『日本食品標準成分表』

を確認してみると

1950年のほうれん草には
100mgのビタミンC含有量が
150mgだと記されています。

それから32年後の1982年には
含有量が65mgになり、

2000年には35mgにまで
激減しています。

1950年から2000年までの
わずか50年間で栄養素が
約5分の1に低下しているのです。

もちろん、ほうれん草に限らず
その他の食べ物の栄養素も
年々減少し続けています。

このような環境の中で十分な栄養を
食べ物から補うのは不可能に近いです。

よほど大食いで無ければ
何かしらの栄養は不足します。

なぜなら、ほとんどの人が
野菜をそのまま食べるのではなく
加熱調理をするからです。

ただでさえ栄養価が低下しているのに
加熱調理をしてしまうとビタミンは壊れ
さらに栄養が摂れなくなります。

「でも、私の場合は
生まれつきアレルギーですよ」

という場合は、母親の栄養不足を
引き継いでいる可能性が高いです。

お腹の中にいる時や
生まれてから飲む母乳の中に
十分な栄養素が満たされていなければ
栄養不足に陥ってしまいます。

 

どうすればアレルギーを治せるの?

アレルギーを根本的に治すには
栄養を摂ることが大切です。

体には優秀なシステムが備わっているので
今現在、アレルギーがある場合でも
栄養をしっかり補給してあげれば
徐々にアレルギーは消えていきます。

栄養補給の方法は
サプリメントを使います。

サプリメントは栄養補助食品と言われ
まさに足りない栄養素をカバーするために
開発されたアイテムです。

これを活用して足りない栄養素を
補っていきましょう。

基本的には、

・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンA
・ビタミンB群

このあたりは必須です。

これに加えて花粉症が酷い場合は
ビタミンDを摂ると効果的です。

また、

ビタミンというのは
補酵素と呼ばれており
サポートの役目があります。

何をサポートするのかと言うと
主酵素であるタンパク質です。

タンパク質という土台があってこそ
ビタミンは十分に活動できます。

なので、ビタミンを摂る場合は
必ずタンパク質もセットにしましょう。

タンパク質は肉や魚、卵などに
豊富に含まれているのですが

プロテインを活用した方が
吸収率がかなり早くなるので
アレルギーを治しやすいです。

「どれくらいの期間で
アレルギーが治りますか?」

と言いますと、

個人差はありますが
半年から1年程度はかかります。

体は徐々に細胞を入れ替えながら
悪い部分を修復していくので
すぐには治りません。

それでも何十年という人生の中で
たった1年でアレルギーが改善するなら
チャレンジしてみる価値はあります。

オススメのサプリメントについては
こちらの記事で解説しているので
チェックしてみて下さい。

【保存版】アトピー完治に必要不可欠な11種類のサプリメントを公開!
   

まとめ

・アレルギー患者は国民2人に1人まで増加しており、今後も増え続ける可能性が高い

・アレルギーの原因は特定のビタミンが不足しているから

・ビタミンを補うにはサプリメントを活用すること

・ビタミンが十分に活動するためには、タンパク質が必要

・半年から1年、ビタミンやタンパク質を摂取することでアレルギーは改善する

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました