アーモンドやクルミでアトピーが悪化する”1対4の法則”とは!?

アーモンドやクルミでアトピーが悪化する”1対4の法則"とは!? アトピー 油

トシです。

実はアトピーとナッツは相性が悪いです。

健康食品の王様として君臨するナッツ類。

テレビや雑誌でクルミやアーモンドの健康効果を見た人も多いと思います。

今回はそんな健康的なイメージのナッツ類がアトピーを悪化させる側面について解説します。

ここを理解せず体のためにナッツ類を食べていてもアトピーは治りません。

スポンサーリンク

アーモンドやクルミでアトピーが悪化する”1対4の法則”とは!?

アーモンドやクルミでアトピーが悪化する”1対4の法則"とは!?

ナッツ類でアトピーが悪化すると断言できる理由に油の含有比率があります。

これまでアトピー体質を根本的に改善させるには油が大切であるとお伝えしてきました。

DHAやEPAなどのオメガ3の摂取量を増やすことでアレルギー体質から抜け出すことができます。

ただし体質改善の期間は植物油(オメガ6)を徹底排除しなくてはなりません。

そうしないと慢性的な炎症はいつまで経っても消えません。

ナッツ類には炎症を鎮めるオメガ3が含まれています。

ただ見落としがちな落とし穴がありました…

クルミには4倍以上のオメガ6が含まれている

クルミには4倍以上のオメガ6が含まれている ナッツ

アトピー体質克服のために目指すべき油の比率はオメガ3とオメガ6が1対1あるいは1対2の状態です。

ナッツ類の中でもクルミには豊富なオメガ3が含まれています。

そのためアトピー改善のために積極的に食べている人もいるかと思います。

ただ見落としがちな点が一つあります。

それはオメガ6の含有比率

実はクルミに含まれている脂質の全てがオメガ3ではありません。

オメガ6も含まれているのです。しかも大量に。

具体的には100g中に摂取できるオメガ3は8.96gに対してオメガ6は41.32gとなります。

アトピー ナッツ 悪化
引用元:神仙堂薬局

なんとオメガ6が4倍も多い。

アーモンドに関しては99.9%がオメガ6となります。

アトピーのためにせっせとクルミやアーモンドを食べてもオメガ6の摂取量を増やすだけなので、アトピーが良くなるどころか悪化する一方でしょう。

確かにナッツ類には添加物や砂糖類が含まれていないので高血圧や糖尿病の心配はありません。

ですがアトピーとは相性の悪い食べ物だと言えます。

油の酸化も気になる

もう一つナッツ類で疑わしいのが油の酸化。

オメガ3は非常に不安定な成分です。

そのため熱などの刺激で簡単に酸化します。

酸化したオメガ3は逆にアトピーを悪化させる研究も報告されています。

市販のナッツ類は基本的にローストしています。

生だと食べにくいですしカビが繁殖する可能性もあります。また生のナッツに含まれている『酵素抑制物質』が原因で腹痛になることもあります。

こうしたデメリットを無くすためにナッツ類はローストされてから販売することがほとんど。

ですが熱を加えるとナッツに含まれている油が酸化するリスクが高まります。

こうした状況を踏まえるとアトピーにとってナッツ類は相性が良くない食べ物だと言えます。

1日でも早くアトピー体質を克服する方法

ナッツ類を食べないとしてもアトピー体質は改善できます。

積極的に食べてほしい食べ物は魚。

魚にはナッツ類のようにオメガ6が含まれていません。そのため効率的にオメガ3のみを増やすことができます。

オメガ3の含有量が特に多い魚はサバやサンマ、イワシです。

こうした魚を積極的に食べつつオメガ6の摂取量を減らしましょう。

油の比率を意識しながら生活をすることでアレルギー体質はスッと嘘のように消えます。

魚を食べる頻度

厚生労働省によると

週に一回以上海産物を食べる人は、極稀にしか食べないあるいは全く食べない人と比較して心疾患が原因で死亡する可能性が低いようです。

とのこと。

炎症性の慢性疾患は全て同じアプローチで改善できるのでアトピーに関しても週一回以上は食べたいところ。

特にアトピー体質を改善させる初期の頃は油の比率が相当オメガ6に傾いています。

この比率をオメガ3に傾けるためには大量のオメガ3が必要です。

そのため毎日のように魚を食べる方が改善が早い。

調理が面倒であれば缶詰もあります。むしり缶詰の方が骨まで柔らかい状態で食べられるのでカルシウムなどの栄養素も多く摂れます。

近所のスーパーで100円代で手に入るので今日から実践してみてください。最近の缶詰にはオメガ3の含有量が表示されていることが多いです。

なるべく含有量が多い物を選びましょう。

まとめ

ナッツ類にはオメガ3以上に大量のオメガ6が含まれています。

アトピーを改善させるためには油を変える必要があるので相性が良くない食べ物だと言えます。

例えオメガ3を摂れたとしても酸化している可能性も高い。

やはり魚からオメガ3を摂取しつつオメガ6を控える方が確実にアトピー改善に繋がると言えます。

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました