コーヒーはアトピーを悪化させる?カフェインのメリット&デメリットとは?

カフェイン アトピー
コーヒーはアトピーを悪化させる?カフェインのメリット&デメリットとは?

トシです、

コーヒーはアトピーに
良いのでしょうか?

現代人が日常的に飲む物の
代表はコーヒーです。

朝の一杯にコーヒーを飲んだり
ランチ時に飲んだりします。

コーヒーに含まれているカフェインには
様々な作用があると分かっていますが
アトピーにどう作用するのでしょうか?

今回はアトピーとコーヒーについて
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅カフェインの2つのメリットと3つのデメリットを公開!
✅アトピー治療に悪影響をもたらすカフェインの作用とは!?
✅コーヒーは●●時以降は飲んではいけない事実を公開!

スポンサーリンク

コーヒーに含まれている成分『カフェイン』とは?

コーヒーにはカフェイン
という成分が含まれています。

このカフェインとは何なのでしょうか?

Wikipediaで検索をしてみると
以下のように説明されています。

興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。

カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

コーヒーから分離されカフェインと命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。

医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。

副作用として不眠、めまいなどが含まれる。

減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。

頭痛は1日平均235mgの摂取で、2日目には52%が経験する。

この説明から分る通りカフェインには
精神を刺激する作用がある反面で
不眠やめまいのリスクがあります。

それでは具体的にカフェインの
メリットとデメリットを見ていきます。

カフェインの2つのメリット&3つのデメリット

✅メリット1:集中力を高める

カフェインは精神に作用するため
集中力を高める効果が期待できます。

仕事を長時間続ける中で
カフェインの力を借りることは
1つの有効な手段と言えます。

✅メリット2:ストレスを緩和させる

カフェンは一種の興奮状態にさせるので
ストレスに対して落ち込むことなく
挑戦する気持ちを与えてくれます。

適度なカフェインは

ストレス社会と言われている
現代では有効的なアイテムです。

✅デメリット1:不眠を招く

カフェインは興奮状態にさせるため
効果が持続している間は眠気が薄れます。

結果的に夜になっても眠れずに
翌朝のコンディションを
低下させる危険性があります。

✅デメリット2:中毒性がある

カフェインには中毒性があります。

中毒性があるということは止める時に
離脱症状があるということです。

具体的には、

・頭痛
・めまい
・集中力の欠如
・疲労感
・気分の落ち込み
・吐き気

などが起こります。

✅デメリット3:利尿作用

カフェインには利尿作用があります。

尿を出すことはデトックス
という考えからすると
良いことだと言えます。

しかし、体の水分が不足するので
カフェインを摂るのであれば
その分、水を飲む必要があります。

アトピーとカフェインについて

アトピー完治に向けて
カフェインの効能を考えてみると

ストレス緩和の効果は
メリットがあると言えます。

ただ、不眠症のリスクはデカイです。

人の体は寝ている間に
成長ホルモンが分泌して
体の修復作業がおこなれます。

アトピーの場合は、
肌が傷つきやすいので

睡眠の質を高めてあげないと
回復スピードが落ちてしまい
なかなか傷が治らない。

なんて事態にもなります。

こうしたデメリットを回避するためには
カフェインを摂るタイミングを
工夫する必要があります。

カフェイン摂取の適切なタイミング

カフェインは、飲んでから
40〜60分後に効果が現れます。

そして、持続時間は8時間
長くて14時間あると言われています。

この特性を理解したうえで
カフェインを摂るタイミングを考えると

『14時以降はNG』

とした方が良いです。

14時までなら大体22時には
カフェインの効果が薄れるため

夜に寝られれないという事態は
回避することができるはずです。

ただし、

体質的にカフェインが効きやすい人は
8時間以上持続することもありますので
不眠になるリスクを考えると
飲まないほうが良いと言えます。

この辺りは体質によって異なるので
あなた自身の体質に合わせてください。

僕の場合はカフェイン効果が
長く続くわけではありませんが
基本的にカフェインは控えています。

理由は中毒性があるからです。

仕事が忙しい時などに
カフェインがとれない場合、

頭痛や集中力が欠乏するなどの
離脱症状が起こるのが嫌なので
はじめから飲まないようにしています。

また、摂取するタイミングによっては
不眠に繋がることになるため
アトピー悪化を招く恐れがあります。

安全なカフェイン摂取量

僕自身はカフェインを控えていますが
日頃から飲んでいるという方は
摂取量に気をつけましょう。

カフェインの摂取量は欧州連合(EU)の
欧州食品安全機関(EFSA)によると

1日400mg未満に抑えるようにして
1回の摂取量が200mg以下にすべきと
正式に発表しています。

コーヒーなら4〜5杯が上限です。

カフェインの含有量は
コーヒーが最も多いですが

その他にも紅茶、ココア、緑茶、
コーラ、チョコなどにも含まれています。

具体的なカフェイン量は以下の通りです。

コーヒー(200g):80mg
カプチーノ(200g):55mg
エスプレッソ(200g):64mg
紅茶(200g):44mg
ココア(200g):34mg
緑茶(200g):30mg
コーラ(200g):38mg
エナジードリンク(200g):80mg
ダークチョコレート(200g):53mg

まとめ

・カフェインには良い面もあるが、悪い面もある

・カフェインによって睡眠の質が下がり、アトピーが悪化する可能性がある

・カフェインを摂るならタイミングと摂取量に気をつけること

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました