ピーナッツはアトピーに悪影響なのか?アレルギーの仕組みと攻略法を解説!

ビタミンC
ピーナッツはアトピーに悪影響なのか?アレルギーの仕組みと攻略法を解説!

トシです、

ピーナッツにアレルギーはありますか?

ピーナッツアレルギーは
意外と多いものです。

今回はピーナッツに含まれる栄養や
アトピーとピーナッツの関係性、
アレルギーの対処法を紹介します。

★この記事で知れること

✅ピーナッツの意外な歴史とは!?
✅アレルギーのメカニズムを徹底解説!
✅ピーナッツに含まれている7つの栄養素とは!?

スポンサーリンク

ピーナッツの歴史

ピーナッツは落花生とも言われ
南アメリカ大陸が原産地です。

最も古い出土品は、ペルーの
リマ近郊にある紀元前2500年前の
遺跡から出土したラッカセイの殻です。

16世紀のスペイン人修道士の記録では、
アステカ族はラッカセイを食糧ではなく
薬と考えていたと記されています。

南アメリカ以外にラッカセイの栽培が
広がったのは16世紀中頃です。

ポルトガルの船乗りたちが
アフリカに持ち込んだのが始まりで、

西アフリカ、南部アフリカ、
インドに栽培地が広がりました。

それとほぼ同時期に
スペインへ伝わったラッカセイは

南ヨーロッパ、北アフリカへと
渡っていきました。

さらにインドネシア、フィリピンへの
持ち込みもほぼ同時期です。

日本には東アジア経由で
1706年にラッカセイが伝来し、

南京豆(なんきんまめ)
と呼ばれました。

18世紀以前の北アメリカでは、
ラッカセイは家畜の餌か
黒人奴隷向けの食糧として
栽培されていましたが、

南北戦争による食糧事情の悪化により
白人もラッカセイを食べるようになり

ピーナツと呼ばれ
愛されるようになりました。

ピーナッツの栄養素&健康効果

ピーナッツに含まれている栄養素は

・脂質
・ビタミンB
・ビタミンE
・カリウム
・マグネシウム
・鉄
・ポリフェノール

が含まれています。

こうした栄養素によって
得られる健康効果は

・アンチエイジング
・二日酔い防止
・血行促進・貧血予防

などです。

ピーナッツアレルギーとアトピー

ピーナッツに限ったことではないですが
特定の食べ物にアレルギーがあると
痒みや湿疹などが現れます。

ピーナッツにアレルギーがある人は多く
アメリカではピーナッツバターに
アレルギーがある人も少なくないです。

もし、ピーナッツに
アレルギーがある場合は
食べないことをオススメします。

アレルギーのメカニズム

アレルギーという症状は免疫細胞が
過剰に反応してしまい起こります。

本来、体には侵入した成分が
体にとって有害か無害かを識別する
機能が備わっています。

これを免疫寛容と言います。

そして、

物質に過剰に反応する状態を
閾値が低いと表現します。

閾値というのは症状が出る
境目の量のことです。

閾値が低いということは
少量でアレルギーが
起こることを意味します。

人は3歳までの期間に
閾値を高めると言われています。

自然に触れ合うなどして
免疫力を身につけることによって
体の閾値は高まっていきます。

その結果、

閾値が高いまま大人になるので
あらゆるアレルギーが
起こりにくい体質になれます。

逆に都会で自然に触れずに
成長してしまうと閾値が低く
アレルギーが起こりやすいです。

「3歳以降でも閾値を
上げる方法はありませんか?」

と言いますと、
1つだけあります。

それはタンパク質の摂取と
ビタミンを摂ることです。

体に必要な栄養素を十分に満たすことで
あらゆる病気を克服できます。

もちろんアレルギーも治せます。

根本から治療することになるので
どうしても時間はかかります。

1年、2年、3年とかかりますが
続けていくことで確実に治せます。

また、閾値を上げるのとは別ですが
アレルギー症状を緩和させる
とっておきの方法もあります。

それは、ビタミンCを摂ることです。

アレルギー症状が出るのは
体内のヒスタミンが分泌するからです。

ビタミンCはこの成分の分泌を抑えつつ
製造する行為そのものを停止させます。

なので、

アレルギー症状を緩和させたい場合は
ビタミンCは非常に重要です。

閾値を高めるために

・タンパク質
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンE
・ビタミンD

などを摂りつつもビタミンCで
ヒスタミンを撃退して下さい。

ビタミンの摂り方は食べ物だけだと
相当な量を口にしないといけません。

無理なく続けるためには
サプリメントを活用して下さい。

僕が実際に使っているサプリや
具体的な摂取量はこちらを
参考にして下さい。

 

まとめ

・ピーナッツには様々な健康効果がある

・ピーナッツアレルギーなのであれば、食べるのを控えること

・閾値を上げればアレルギーは完治する

・タンパク質、各種ビタミンによって閾値は何歳からでも高められる

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました