国民の4人に1人が花粉症!?激増し続ける背景とアトピーとの関係性とは?

アトピー 生まれつき
国民の4人に1人が花粉症!?激増し続ける背景とアトピーとの関係性とは?

トシです、

花粉の時期に
アトピーが悪化しませんか?

今回は、なぜ花粉患者が
急上昇しているのか?

アトピーと花粉の関係性について
詳しく解説していきます。

★この記事で知れること

✅日本の花粉症患者が爆増した背景とは!?
✅なぜ年々、花粉症患者が増え続けているのか?
✅アレルギーに深く関わっている『免疫寛容』の秘密を公開!

スポンサーリンク

花粉症とは?

花粉症というのはスギやヒノキなどの
植物の花粉が原因となり

くしゃみ・鼻水などの
アレルギー症状を起こす病気です。

日本における花粉症患者数

2008年に行われた1万人に調査した
花粉症アンケートの結果によると

スギ花粉に該当している方は
26.5%という結果でした。

これは約4人に1人が
花粉症であることを意味します。

また、東京都では頻繁に
花粉症アンケートを実施しており
2017年のデータでは48.8%の方が
花粉症であると分かっています。

参照元:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/12/18/14.html

ほぼ2人に1人が花粉症という
凄まじい割合を叩き出しています。

花粉症患者は年々増えている

花粉症は昔からある症状ですが
年々、増加していると言われています。

例えば、

東京都の1983年〜1987年度調査では
花粉症患者は10.0%しかおらず

1996年度で19.4%、
2006年度では28.2%、
2017年になると48.8%

という具合に急激に増えています。

初期の頃のデータと
最新のデータを比較すると
5倍近く患者数が増えています。

これは東京都だけの話しではなく
1998年に行われた全国調査によると

5〜9歳は7.2%、10〜19歳は
16.7%が花粉症患者でした。

これが2008年になると
5〜9歳が13.7%、
10〜19歳が31.1%となっています。

たった10年で花粉症患者が
約2倍に増加しているのです。

花粉症患者が増える本当の理由

花粉症患者が増加している理由は
一般的には花粉の飛散量が増えたため。

とされています。

しかし、これほど短期間に患者数が
倍近く増えるのは異常なことです。

飛散量が増えたこと以外にも
原因があると考えるのは妥当です。

そもそも人間の体には
免疫寛容と呼ばれる機能があります。

これは体内に侵入した物質に対して
有害か無害かを判別する力です。

花粉は本来であれば無害なので
免疫寛容がしっかり機能すれば
花粉症にはなりません。

ただ、現代人の4人に1人は
花粉症になっています。

これは体が花粉を有害だと
誤認しているということです。

免疫寛容の機能は基本的に
3歳までにどれだけ細菌やウイルスに
触れ合ってきのかが重要になります。

この年齢までに自然の中で
細菌やウイルスに接触することで
有害なものと無害なものを
識別する力が養われます。

ところが、現代人は自然から離れ
室内で生活する機会が多いです。

このことから免疫寛容が
発達すること無く成長し
花粉などのアレルギーが起こります。

つまり、

花粉症の本当の原因は
免疫寛容が未発達だから

ということです。

3歳以降から免疫寛容を鍛える方法

3歳を過ぎてしまうと
いくら自然に触れたとしても
免疫寛容を鍛えることはできません。

3歳以降に免疫寛容を鍛えるには
特定の栄養を摂取する必要があります。

まず大前提としてタンパク質です。

免疫に関わっている部分は
タンパク質によって作られます。

良質なタンパク質が満たされれば
免疫機能も正常に働きます。

また、ビタミンA、B、C、Dも
免疫機能を鍛えるために必要です。

ビタミンAやCは粘膜を強化し
花粉を洗い流してくれます。

ビタミンBとCはアレルギー状態で
分泌されるヒスタミンを食い止めて
症状を緩和させてくれます。

ビタミンDはホルモンのように働き
免疫機能の調整に役立ちます。

特に花粉症にはかなり効果的です。

ビタミンDは日光を浴びることで
体内で生成することができますが
現代人はデスクワーク主体なので
日光を浴びる機会が極端に少ないです。

こうした背景からビタミンDが不足し
花粉症になりやすい人が増えています。

その他のビタミンに関しても
基本的に足りていない人が多いです。

食べ物に含まれている栄養素は
年々、減少し続けているので

どれだけ食べても栄養を満たすのは
非常に困難な状況です。

オススメの栄養摂取方法

栄養を取り入れる方法として
オススメなのがサプリメントです。

サプリメントは栄養を濃縮しており
足りないビタミンを満たせます。

注意点としては日本のサプリは
選ばないほうがいいという点です。

なぜなら、容量がかなり少なく
飲んでもさほど意味がないからです。

サプリの分野に関しては日本よりも
アメリカのほうが進んでいるため
海外のサプリを飲むようにして下さい。

詳しい容量やオススメのメーカー、
サプリを飲むタイミングに関しては
こちらの記事をチェックして下さい。

 

まとめ

・花粉症患者は年々、増加している。

・花粉症の本当の原因は免疫寛容が発達していないから。

・3歳以降から免疫寛容を鍛えるには、タンパク質+ビタミンを摂るしかない。

・栄養摂取は食べ物だけでは満たせないため、サプリメントを活用すること。

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました