子供のアトピーを回避するためにタンパク質を避け続けた母親の末路

アトピー 遺伝
子供のアトピーを回避するためにタンパク質を避け続けた母親の末路

トシです、

子供のためにタンパク質は
たくさん摂って下さい。

今回は子供をアトピーに
させないために母親がやれる
健康法について解説します。

将来的に子供がほしい!

と考えている女性や男性は
知っておいてほしい内容です。

★この記事で知れること

✅タンパク質を避けると生まれてくる子供にどう影響するのか?
✅子供をアトピーにさせないために母親がやれる1つのこと

スポンサーリンク

子供のためにタンパク質を避け続けた母親

 

 

ある母親のエピソードです。

彼女は一人目の子供を
授かってから間もないころ
自分の子供が乳児アトピーだと
医者から告げられました。

アトピーを悪化させないために
食事制限や生活環境の徹底など
とても苦労したようです。

そんな経験から二人目の際は
アトピーが出ないように

妊娠したタイミングから
食事に気をつけようと
決心したのです。

そして数カ月後、

二人目の赤ちゃんを
妊娠しました。

母親はさっそく
アレルゲンとされている

・卵
・肉
・魚
・牛乳
・大豆

などを食べないようにしました。

母親の食事内容が
子供のアレルギーに影響すると
考えていたからです。

食事制限は苦しかったようですが
生まれてくる子供には

アレルギーになってほしくない
その一心で頑張りました。

こうして子供は
無事に生まれました。

母親の計画ではアレルギーの無い
元気でたくましい子供が
生まれてくる予定でした。

ところが…

結果は真逆でした。

生まれてきた赤ん坊は
肌がとても敏感な子供で
アトピーとなったのです。

なぜ、アレルゲンを避けたのに
子供がアトピーになったのか?

それは、栄養不足だからです。

タンパク質は世間で
とても誤解が多いです。

アレルギーの原因だとか
健康に悪影響を与える。

なんて意見もあります。

ただ、

人間の体を構成する成分のうち
水分の次に多い割合なのは
タンパク質なのです。

あなたの体の肌も髪も爪も
内蔵も脳も筋肉も細胞も血管も
すべてタンパク質です。

タンパク質が無ければ体は
成り立たないのです。

これを避け続けた人間は
当然、栄養失調となります。

妊娠している母親であれば
その影響は子供にも影響します。

結果的にお腹の中の子供は
十分な栄養を受け取れずに
敏感肌やアトピーとなります。

どうすればアトピーのない元気な子供が生まれるのか?

アトピーという病は典型的な
タンパク質不足です。

母親に出来ることはなるべく
タンパク質を補給することです。

そうすれば生まれてくる子供は
肌が強くアレルギーに負けない
健康的な子供になります。

もし、母親自身が
アトピーなのであれば

まずは母親自身がアトピーを
治したほうが良いです。

治し方としては栄養補給です。

タンパク質を中心として

・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・亜鉛
・鉄

この辺りを摂りましょう。

理想を言えばここに追加で

・マグネシウム
・カルシウム
・ビタミンD
・セレン
・オメガ3

もあると良いのですが
まずは最初にお伝えした
栄養素を摂りましょう。

ちなみに、

食べ物から栄養を摂る方法は
個人的にオススメしません。

なぜなら、食べ物の栄養素は
年々減少し続けているからです。

これでは十分な栄養素を
体に取り組むことができません。

なのでサプリメントを活用し
体に栄養素を補給しましょう。

母親の取り組み次第で子供はアトピーを回避できる

生まれつきアトピーの子供は
大なり小なり母親の影響を
受け継いています。

これは、

母親が悪い!

といっているのではなく
こうした情報が広まっていない
医療関係の責任です。

あなたは何も悪くありません。

もし、子供にアトピーに
なってほしくないと思うなら

・タンパク質
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・亜鉛
・鉄

を最低でも1年は摂取してから
妊娠するようにしましょう。

サプリメントを活用する場合は
こちらの記事に個人的に
オススメのサプリメントを
一覧で紹介しています。

【保存版】アトピー完治に必要不可欠な11種類のサプリメントを公開!
   

まとめ

・タンパク質を避け続けた食事法では子供はアトピーになる

・サプリメントを活用しながら体に十分な栄養を与えることで、元気な赤ちゃんが産まれる

・母親の努力次第で赤ちゃんのアトピーは避けられる

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました