断食でアトピーは完治するのか!?驚異のファスティング療法の威力

アトピー 断食
断食でアトピーは完治するのか!?驚異のファスティング療法の威力

 

トシです、

断食は最強の健康法です。

断食という言葉を知っていますか?

食を断つという言葉の通りで
固形物を一切口にしない。

ただそれだけの健康法です。

今回は食べないだけで
なぜ体が健康になるのか?

そしてアトピーに対する効果について
詳しく解説していきます。

この記事で知れること

✅断食の健康効果
✅6,000年前のエジプトで記された健康法
✅断食の2つのポイントとは!?
✅アトピーと断食の関係性

スポンサーリンク

断食(ファスティング)の歴史

断食という行為はかなり昔から
宗教的行動として行われてきました。

断食行為として有名なものに
ラマダーンと呼ばれるものがあります。

これはイスラム教の教えで
イスラム暦で9月を意味する
ラマダーンになると、

日の出から日没までの時間、
一切飲食を断ちます。

こうすることで空腹のツラさを通して
飢えた人と平等の共感を得られる
という教えのもと行われています。

その他にも宗教をそれぞれ見ていくと
必ずと言っていいほど断食をする行為が
一定期間設けられています。

キリスト教ではイエス・キリストが
40日間の断食を行ったことから
定期的な断食行為を行う場合もありますし

ユダヤ教では年に6回の断食を行います。

断食による健康効果

これほど世界的に行われている断食には
宗教的な意味合いだけでなく
体を健康にする効果も秘められています。

僕たちの体というのは
食べた物を消化するために
エネルギーの半分を消費する。

と言われるほど消化に対しての
消費エネルギーがかなり多いです。

断食を行うと普段から消費されていた
エネルギーが消化に使わなくて済みます。

すると、

その余ったエネルギーは体の修復や
毒素の排出、細胞を新しく作ることに
使われるようになります。

要するに健康体へと促進してくれます。

6,000年前の古代エジプトに刻まれた格言

食べ過ぎ=健康に害を与える

という関係性は現代人であれば
何となく理解できるかと思います。

ただ、実はこの考え方は6,000年前から
人々の意識にあったというのです。

エジプトのピラミッドの碑文には
このような1文が刻まれています。

『われわれは食べる量の4分の1で生き、4分の3は医者のために食べる』

これはかなり的を得た言葉ですよね。

食べ過ぎる行為は
医者を儲けさせるばかりで
何も得することはありません。

こういった言葉は世界各国に存在します。

例えば、

ドイツでは、

『断食で治らない病気は、医者でも治せない』

という言葉がありますし、

フランスでは、

『断食はメスを使わない手術である』

とまで明言されています。

さらに、アメリカでは

『すべての薬で一番良いのは、休息と断食である』

とされています。

また、哲学者であるソクラテスは

「断食は哲学の門である」

と語っており、

イエス・キリストは、

「病気は祈りと断食で治しなさい」

と遺しているのです。

断食とアトピーの関係性

アトピーという病気を見ていくと
食べ物に含まれている添加物などの
化学物質が反応することで痒みが出たり、

腸内環境が悪い状況であるために
毒素が排出することができず
痒みが起こるという見方があります。

断食を行うと体に悪い食べ物を
食べる機会がゼロになり

腸は食べ物を吸収する仕事が
無くなった分、排出に専念できます。

そうすることで痒みの原因となっていた
体の毒素が体外へと排出されていき
徐々に肌が元に戻っていきます。

断食のポイント

断食のやり方はいくつも存在します。

そうはいっても食べない行為は変わらず

・飲み物
・期間

の2つに違いがあるだけです。

✅飲み物

断食は基本的に固形物はNGですが
飲み物はOKとすることが多いです。

飲み物に関しては水のみであったり
ジューサーで作った果物ジュースや
野菜ジュースなどが推奨されています。

僕自身、断食の最大の目的は
胃腸を休めることだと思っているので
固形物をとらなければスープなども
全然問題ないと感じています。

なので、味噌汁やすまし汁などで
断食を乗り切るのも良いです。

✅期間

断食の期間は1日だけであったり
3日、1週間などバラバラです。

ただ、

1日断食を毎週行うだけでも
かなりの健康効果が得られるので
まずは1日断食を行いましょう。

毎週、日曜日は断食Dayとすると
続けやすいかと思います。

断食がツライと感じたら

断食は確かに効果的ですが
人によってかなりの苦行だと
感じてしまうかもしれません。

僕自身、食べることが大好きなので
何も食べない断食という行為は
とてもツライ行為です。

なので、どこかで境界線を引いて
断食に取り組むのがベストかなと
感じています。

例えば、

1日断食は難しいと感じても
朝と昼は食べずに夜だけ食べたり

朝だけ食べずに昼と夜の
2食だけ食べるようにしたりと

やりやすい方法で挑戦するのが
継続させるコツだと思います。

断食と聞くと固い印象ですが
ゆる〜く始めることが大切です。

何事も継続しないと
本当の効果は出てきません。

自分の中でやりやすい範囲で
断食にチャレンジしましょう。

半日断食なんて方法もあるので
参考にしてみて下さい。

断食の注意点

断食は確かに健康に効果がありますが
注意点がいくつか存在します。

これらの注意点を知ったうえで
断食に取り組みましょう。

✅好転反応

断食を行うと一時的に
アトピーの症状が悪化する
という場合があります。

これを好転反応と言います。

アトピーが悪化するので
断食は良くないのでは?

と思うかもしれませんが
毒出しを行っている証拠なので
むしろ良い傾向だと言えます。

好転反応は人によって違い
頭痛などを感じることもあります。

一時的に苦しい思いをしますが
次第に緩和されていくので
何も不安になることはありません。

✅準備食

断食を行う前には食事内容を
いつも以上に気をつけましょう。

気をつけると言っても
和食の野菜中心の食事で
腹8分目あたりに抑えるだけです。

要するに胃に負担のかかる物を
食べないようにすればOKです。

だいたい断食の3日前あたりから
準備を開始するようにしましょう。

✅回復食

断食が終わった後は
回復食をとるようにしましょう。

回復食というのは胃腸に
負担のかからない食べ物を食べることで

徐々に断食から通常の活動を
再開できるようにする食事のことです。

断食後の胃腸はまだ休み明けなので
本調子と比べるとエンジンが
かかりきっていません。

なので、

あまり負担のかかる食事は
胃腸を痛めてしまい断食前よりも
体にダメージを与えてしまいます。

なので、消化に悪い物を避けていき
胃腸に良い物を食べていきましょう。

具体的には、

・肉や魚は3日ほど控える
・食物繊維を多く摂る
・発酵食品を食べる

です。

食物繊維に関してはサイリウムや
フラックスシードがオススメですし

発酵食品に関しては
ザワークラウトが食べやすいです。

サイリウム:
https://amzn.to/2SeW5TV

ザワークラウト:

管理人のオススメ断食法

最後に僕がオススメする
断食法を紹介します。

オススメの断食法は

『味噌汁断食』

です。
僕自身、食べることが大好きなので
断食という行為はとてもツライです。

それでも断食の健康効果は
かなりパワフルなものなので
やらない理由はありません。

どうにかして食べるのが好きな自分でも
断食を成功させたいと考え
思いついたのが味噌汁断食でした。

味噌汁断食はとてもシンプルで
具なしの味噌汁を飲む断食法です。

お腹が空いたら味噌汁を飲み
空腹を満たすやり方なのですが
意外と続けやすくオススメです。

味噌汁はなるべく無添加のもので
品質には十分に注意しましょう。

オススメの味噌:
https://amzn.to/2GaIQNQ

まとめ

断食は確かにツライ行為ですが
それ以上のリターンは必ずあります。

野菜中心の準備食から断食を行い
胃腸の負担が少ない回復食を食べて
徐々に胃腸をならしていきましょう。

回復食で取り入れた食物繊維は

・サイリウム
・フラックスシード

の2つです。

また、断食に関する書籍として
半日断食が面白かったので
興味があれば一度読んでみて下さい。

半日断食:
https://amzn.to/2SrmWvo

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました