正月にアトピーが悪化する原因は『ある』意外な食べ物だった!?

アトピーと米について
正月にアトピーが悪化する原因は『ある』意外な食べ物だった!?

トシです、

正月にアトピーが悪化した…
という経験はありませんか?

僕はあります。

今回は正月でアトピーが悪化する原因と
対処法について解説していきます。

この記事で知れること

✅正月でアトピーが悪化する原因は『ある』意外な食べ物だった
✅なぜアトピーが悪化するのか
✅どうすれば悪化を防げるのか

 

スポンサーリンク

正月にアトピーが悪化した経験談

僕は過去に何度か正月になると
アトピーが悪化した経験があります。

新年を迎えて昼ぐらいまで寝て
「そろそろ起きようかな」
と思い体を動かすと激痛が走るのです。

何とか布団から抜け出し
鏡で自分の体を確かめると
首や腕に無数の掻き傷があり

即病院に行くべきというレベルで
体中に湿疹が出ていました。

当時の僕は

「何でかな?昨日ガキ使を見ていて
夜遅くまで起きていたし今朝は
ダラダラと遅く起きたせいかな?」

と思っていました。

そして翌年も同じような経験をしました。

さすがに同じ時期に
アトピーが荒れるので

「正月にはアトピーを悪化させる
何かがあるはずだ」

と気づきました。

そこからアトピーと正月についての
詳しい関係性を考えるようになりました。

なぜ正月にアトピーが悪化したのか。

まず疑ったのは生活習慣です。

不規則な習慣がきっかけで
アトピーが悪化したのではないか?

そう思いました。

ところが、

正月以外にも時々そういった
不規則な生活をすることがありますが、
そこまで悪化することはありません。

なので生活習慣が
原因では無いと考えました。

次に考えたのは食べ物です。

正月は1年の中でも特別な日です。

新年を祝うということで
日頃は食べない物を口にします。

その代表例として

『おせち』

があります。

黒豆やクルミ入りごまめ、数の子、
かまぼこ、伊達巻き、栗きんとんなど、
美味しい食べ物が勢揃いします。

また、

「正月ぐらい良いだろ」

という気の緩みもあって
ついつい食べすぎてしまいます。

いわゆる暴飲暴食状態になりがちです。

これがアトピー悪化に
繋がっているのでは?

と思いました。

確かに暴飲暴食は悪化しやすいですが
正月以外にもたまにやってしまいます。

ただ、その時は正月よりも荒れず
なぜか正月の時だけ異常に荒れるのです。

僕は訳がわからなくなりました。

そこでダメ元で疑いの目を向けたのが

『お餅』

でした。

まさかお餅でアトピーが
悪化することはないと思い
初めから対象から外していました。

ただ、思い返してみると
お餅を食べるタイミングと
アトピーが悪化するタイミングが
非常に連動しているのです。

そこで、

餅について徹底的に調べたところ
アトピーが悪化する可能性があると
科学的に証明されている事が
判明したのです。

アトピー悪化の原因はまさかのお餅?

当時の僕はアトピーに対して
知識が乏しかったので、

・添加物
・白砂糖
・油もの

この辺りを避けていれば
アトピーは悪化しないと
思いこんでいました。

ですが、

実際のところ、それ以外にも
気をつけるべき点があったのです。

お餅の何がいけないのか

お餅でアトピーが悪化する要因として
でん粉があります。

でん粉というのは
モチモチにする成分のことで
お餅には欠かせない成分です。

ご存知かと思いますがお餅は
もち米から作られています。

もち米にはでん粉が
大量に含まれています。

そんな大量のでん粉を正月になると
お餅として何個もパクパク食べるので
アトピーが悪化したというわけです。

でん粉を細かく分類すると

さらに独学ではありますが
でん粉というのは2種類に分かれます。

・アミロース
・アミロペクチン

この2種類です。

アミロースが多めの食品は
モチモチ感よりもパサパサ感が増し

アミロペクチンが多めの食品は
よりモチモチした食品になります。

アトピーの方の場合は
アミロペクチン含有量が多い食べ物は
基本的に避けたほうが良いです。

※もちろん人によって悪化する食べ物は異なるので、正月に荒れる方は避けたほうが良いという意味です。

アミロペクチン含有量が多い食べ物

では、実際のところアミロペクチンが
多く含まれている食べ物は何があるのか。

と言いますと、

・日本米(コシヒカリ系)
・もち米
・お餅
・さつまいも
・小豆

この辺りが該当します。

日本米の特徴として
モチモチ食感があります。

そのため、日本の米は世界的に見ても
アミロペクチンが多く入っています。

僕自身は海外で
一時期生活していたのですが

その頃はアトピーであることを
すっかり忘れるぐらい肌がキレイでした。

ところが帰国してから一気に荒れて
元通りのアトピーとなりました。

食べ物の観点から考えると

日本に住んでいれば
日本米を口にするので
それが影響してアトピーが悪化している。

という見方もできます。

その他にも、

サツマイモにもアミロペクチンが
比較的、多く含まれています。

僕は焼き芋が好きだったので
よく食べていました。

これもアトピーを悪化させる
1つの原因だったようです。

どうすれば日本に居ながらアトピー悪化を食い止められるの?

では、

日本米に溢れた国内でどうすれば
アトピー悪化を阻止できるのか?

それは、

『インディカ米にすること』

です。

インディカ米というのは
長細いタイプの米です。

実は日本に住んでいると
以外に感じるかもしれませんが

世界全体で流通している80%の米は
日本米ではなくインディカ米です。

日本米は世界的に見ると
あまり食べられていません。

インディカ米は日本米と違い
アミロペクチン含有量が少なく
アトピーを悪化させません。

なので、もし

正月にアトピーが悪化した

という経験がある場合は
一度インディカ米に変えることを
強くオススメします。

実際にインディカ米を食べてみると

インディカ米に変えてから
約半年ほどになりますが
意外と美味しいことに驚いています。

カロリーも少なめなので
女性には嬉しいですし、

おかずと絡み合うので
カレーなどと相性バツグンです。

Amazonで手軽に購入できるので
試しに食べてみて下さい。

インディカ米:
https://amzn.to/2QZ9nT6

アトピーは非常に厄介な病気ですが
まずは反応する食べ物を避けることが
肌を炎症させないポイントです。

そして、それと並行して
体内の免疫機能を向上させ
根本的に病気を消す必要があります。

そのためにも、
まずは食べ物から
対策していきましょう。

食べ物から対策する:
https://amzn.to/2BpfXbX

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました