毎日にんじんを食べるとアトピーは治るのか?16種類の栄養素と治療効果

アトピー にんじん
毎日にんじんを食べるとアトピーは治るのか?16種類の栄養素と治療効果

トシです、

にんじんは肌に良いのでしょうか?

にんじんジュースを毎日飲むと
肌がキレイになるという情報を
聞いたことはありますか?

僕はその情報を信じて一時期
にんじんをジュースにして
毎日、飲んでいましたし、

にんじんスティックを我慢しながら
食べていたこともあります。

今回はにんじんの健康効果と
どのような栄養素が含まれているのか、
アトピー治療との関係性を紹介します。

★この記事で知れること

✅にんじんに含まれている16種類の栄養素を公開!
✅アトピー治療に効果的なにんじんの栄養素とは!?
✅にんじんのルーツとは意外な国だった!

スポンサーリンク

にんじんの歴史

にんじんの原産地は
アフガニスタンと言われています。

そこから中国に渡ったものを東洋種
ヨーロッパに渡り改良されたものが
西洋種となりました。

日本にやってきたのは江戸時代です。

江戸時代初期に中国から
東洋種のにんじんがやってきて

江戸時代後期には西洋種が
日本にやってきました。

普段、僕たちがスーパーで
買っているにんじんは西洋種です。

東洋種のにんじんは金時人参です。

普段、目にするにんじんと比べて
赤っぽい色をしています。

にんじんに含まれる栄養素

にんじんには
以下の栄養が含まれています。

・カロテン
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ナイアシン
・葉酸
・パントテン酸
・ビタミンC
・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・鉄

などです。

こう見ると非常に優秀に見えます。

ただ、

カロテンとカリウム以外の栄養素は
ごく少量しか含まれていません。

なので、

にんじんを食べることで
得られるメリットは
カロテンとカリウムの2つだと言えます。

カロテンとカリウムの健康効果

✅カロテン

にんじんには
β-カロテンが含まれています。

この成分は強力な抗酸化物質なので
ガン予防が期待できます。

さらに、β-カロテンは
体内でビタミンAに変わります。

ビタミンAは髪の健康維持だったり
視力の維持、粘膜や皮膚の健康維持、
喉や肺など呼吸器を守ります。

ちなみに、

金時人参にはカロテンではなく
リコピンが含まれています。

リコピンはビタミンAに変化しませんが
カロテンよりも抗酸化作用があります。

✅カリウム

カリウムは体内の余分な塩分を
外に排出してくれる成分です。

余分な塩分が抜けることで
血液の循環が良くなります。

アトピー治療とにんじんの効能

にんじんに含まれているβ-カロテンは
体内でビタミンAへ変化することで
肌の健康維持に効果を発揮します。

アトピーで荒れた肌を保護するためにも
ビタミンAは非常に重要な栄養素です。

ただ、アトピー治療に
必要なビタミンAの量は
にんじんを毎日食べ続けても
足りないほどです。

もちろん、

必要な量は個人差がありますが
アトピーになる体質の方というのは

一般の方以上に肌にまつわるビタミンを
必要とする個体だと言えます。

なので、にんじんを毎日食べても
肌への効果は微々たるものでしょう。

また、肌の再生に欠かせない栄養は
ビタミンAだけではありません。

タンパク質、ビタミンC、E、
亜鉛なども必要となります。

こうした理由からにんじんを毎日食べても
アトピーは完治しないと言えます。

アトピー患者に不足している栄養を
十分に満たすためには
サプリが欠かせないです。

品質の悪いサプリを飲んでも
何も意味はありませんが、

質の高いサプリを飲み続けることで
体の栄養は完全に満たされていき
アトピーを克服することができます。

僕が使っているサプリメントや
摂取量やタイミング、注意点に関しては
こちらの過去記事をチェックして下さい。

 

まとめ

・にんじんの主な健康効果はカロテンとカリウムによるもの

・アトピー治療においては、にんじんを毎日食べたとしても、治りが早まる可能性は低い

・不足している栄養素を完全にカバーするためにはサプリメントを摂ること

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました