水分がもたらす隠された美肌効果と具体的な飲み方のコツを一挙大公開!

アトピー治療全般
水分がもたらす隠された美肌効果と具体的な飲み方のコツを一挙大公開!

トシです、

水分補給していますか?

今回は水分についてです。

人間の体の60%を占めている
水という成分は体内で
どのような働きをしているのか?

逆に水分不足に陥ると
どのような不都合が生じるのか?

また理想的な水分摂取量は
一日どのくらいなのか?

ということについて
解説していきます。

★この記事で知れること

✅人間は体内の何%が水分不足だと餓死するのか?
✅水分がもたらす5つの健康効果
✅肌がキレイな人が共通して心がけている事柄とは?
✅一日に必要な水分量を公開!

スポンサーリンク

人間は60%が水分

人間を構成する要素は

・水分:60%
・タンパク質:20%
・脂質:14%
・ビタミン、ミネラル:5%
・糖質:1%

となっています。

これまでの僕の記事では
栄養面にフォーカスしていたので

・タンパク質
・脂質
・ビタミン、ミネラル

について詳しく解説してきました。

しかし、今回は栄養面の話しではなく
水分というものに焦点をあててみます。

人間の体を構成する成分のうち
当然ですが割合が大きいものほど
体にとって必要性が高いと言えます。

そう考えると体内に水分が
60%もあるということは
それだけ重要性が高いと言えます。

水分の5つの働き

では、水分は体内で
どのような働きをするのでしょうか?

水の働きは主に4つあります。

・体内のあらゆる水分となる
・栄養の分解
・栄養の運搬
・体温調節

です。

✅体内のあらゆる水分となる

まず水分というがなぜ大切かと言うと
血液、胃液、膵液、胆汁、
尿、唾液、涙、肌の潤い、汗など

体内のあらゆる液体の原料として
使われるからなのです。

もし、水分が十分になければ
肌はカサカサとなり内蔵に潤いが無くなり
体は正常に機能しなくなります。

✅栄養の分解

水分は栄養の分解にも使われます。

食べ物に含まれている栄養を
吸収しやすい形に分解するときに
体内の水分を使用します。

水分があることで
栄養は吸収しやすい形で
血液の中に送られます。

✅栄養の運搬

分解された栄養は血液を通って
体内の細胞や内蔵へ栄養を届けます。

この届ける作業を行えるのは
血液という大量の水分があるからです。

仮に水分が不足してしまうと
水圧の弱いシャワーのように
勢いがなくなってしまい
血液の流れが滞ります。

そうなれば細胞や内蔵へと
栄養や水分を届けることができず

どれだけ栄養摂取しても
水の泡となってしまいます。

✅毒素の排出

水分が運ぶのは
栄養だけではありません。

体内にある毒素を外へと
押し出してくれるのも水分です。

水分が満たされている人は
体内がとてもキレイで
健康的な状態をキープできます。

✅体温調節

人間の体温は一定に保たれていますが
それは水分のおかげです。

体温が上昇すると汗を出し
体内温度を調節してくれているのです。

こうすることによって体温を一定に保ち
体の機能が一時的に機能しないような
トラブルを回避することができます。

20%の水分不足で死に至る

では、もしも水分が体内で不足すると
体にどんな悪影響が起こるのでしょうか?

結論から言えば、死にます。

人は食べ物を食べなくても
しばらくは生きていけるのですが
水分は2〜3日摂らないと死に至ります。

水分不足の割合による症状は
以下のとおりです。

水分の損失割合

1%:のどの渇きを感じる
2%:めまいや吐き気、食欲不振
10%:けいれん、失神
20%:

となります。

体にとってどれだけ水分が
重要な存在なのか思い知らされます。

一日にどれだけ水分を摂ればいいのか?

体にとって水分が最重要なことは
ここまでで理解できたかと思います。

では、

具体的に一日にどれだけの水分を
摂ったほうが良いのか?

ということについて
解説していきます。

欧米の研究によると水の必要量の目安は
活動量が少ない人で1日2.3〜2.5L、

活動量の多い人で1日3.3〜3.5Lと
推定されています。

「そんなに必要なんですか?」

と思うかもしれませんが
これはあくまで総量です。

つまり、食事の際に摂取する水分や
食べ物から摂る水分も含んでいます。

食べ物やスープなどでも
水分は体に吸収されるので

意識的に飲む水分は
1.5〜2Lあたりが目安となります。

水分補給の注意点

水分補給をする場合3つだけ
気をつけるべきことがあります。

✅水分補給は水を飲むこと

水分補給と聞くとお茶やコーヒーで
済ませてしまおうとする方がいます。

しかし、こういった飲み物だと
一度体で水分と飲み物の成分を
分離しなくてはならないため
腎臓などに負担を与えます。

水そのものを飲むことで
体にスッと吸収されるため
水分補給は水にして下さい。

また、味付けのある水もNGです。

何も加工されていない水を
飲むようにしましょう。

✅一度にたくさん飲まない

水分補給の重要性に気がついた人の中には
大量の水を一度にゴクゴクと
飲む方がいます。

しかし、一度に大量の水を飲んでも
吸収できなかった分は尿となって
排出されるだけですし

血液を薄めてしまい
体にあまり良くないです。

こまめに飲むのがポイントです。

僕自身は朝起きて500ml飲む。
その後は1.5~2Lあたりをこまめに
摂取するようにしています。

「喉が乾いた」

と感じた時点で既に
脱水症状だと言われているので

喉が乾く前にこまめに水分を
摂るようにしていきましょう。

✅常温で飲むこと

夏場になるとキンキンに冷えた
水を飲むことが多いと思います。

しかし、冷えた水は体にとって
負担になってしまいます。

なるべく常温の水を飲むようにして
体の負担を減らしてください。

水分補給とスキンケア

肌をキレイにするために
化粧水や乳液、保湿クリームなど
いろいろな商品が売られていますが、

肌がキレイな人に共通していることは
あまりそういった商品に
依存していないことです。

彼女らが意識していることは
日頃の食事や水分補給です。

ここさえしっかりできていれば
80%は肌がキレイになります。

残りの20%を埋める時になって
初めて化粧水などを活用するのです。

まとめ

・人間にとって最も重要な成分は水分

・水分は一日に1,5〜2Lを目安に摂る

・水分補給は水で摂り、こまめに飲むこと。

・美肌は化粧品ではなく、食事と水分補給で作られる

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました