アトピー 活性酸素 アトピー治療全般

活性酸素とアトピーの関係性とは?毒素を無毒化する2つの栄養素を公開!

2019年4月16日

トシです、

活性酸素を食い止めましょう。

あなたは活性酸素という言葉を
聞いたことはありますか?

体に悪影響を与える
諸悪の根源的な存在です。

活性酸素が全ての病気の原因と
考えている研究者も多いです。

今回は活性酸素は何なのか?
アトピーと活性酸素の関係性、

どうすれば健康被害を回避し
元気に過ごせるのかを
詳しくお伝えしていきます。

この記事で知れること

✅活性酸素の正体は一体何なのか?
✅体内で余った活性酸素が行う悪事
✅活性酸素4段階レベルを公開!
✅現代人に活性酸素が異常に多い3つの理由
✅活性酸素の除去に効果的な2つの栄養素とは!?

【活性酸素ってなに?】

活性酸素というのは
酸素が活性化したものです。

酸素が活性化すると聞くと
何だかエネルギッシュな
印象を持つかもしれませんが
健康にはあまり良くありません。

本体、酸素というのはです。

食べ物を一定期間、
外に放置しておくと
いずれ腐ります。

腐ることは
科学的に言えば酸化です。

例えば、

釘が年月と共にサビルことや
切ったリンゴが茶色くなる現象は
物質と酸素が結合した結果です。

空気中の21%は酸素です。

人間はこうした環境の中でも
生きれるように毒である酸素を
活用できるように生物です。

ただ、限度を超えた酸素は
人間の体で処理することができず
毒として体をむさぼります。

典型的な例としては
スポーツ選手です。

彼らは一般人の何倍もの
運動量を必要とします。

運動量が増えると呼吸が多くなり
吸い込む酸素量も増えます。

全てがエネルギーに変換されれば
とても理想的なのですが
残念ながら、そうはなりません。

大抵の場合、
体に酸素が余ります。

余った酸素は酸化し
活性酸素として活動します。

【活性酸素は体内にどう影響するのか?】

余った体内の活性酸素は
体を痛めつけます。

釘がサビていくように体を
内側から破壊するのです。

そうすることで

・寿命を縮める
・病気を引き起こす

などの悪影響が起こります。

スポーツ選手の場合は
活性酸素の量が多くなるため
短命の傾向が強いです。

しかし、これはあくまで
余った場合の話しです。

活性酸素というのは
その毒性を利用して

体に害のある細菌などを
攻撃する人体の武器です。

ですが、その武器が
必要以上に体内にあると
体を攻撃してしまうわけです。

【活性酸素は4段階】

活性酸素のレベルは
4つに分かれています。

レベル1は影響が少ないですが
レベル4になると毒性が強く
健康被害も大きくなります。

具体的な名称で言うと

・レベル1:一重項酸素
・レベル2:スーパーオキサイド
・レベル3:過酸化水素
・レベル4:ヒドロキシラジカル

この4つに分類されます。

特に注目されている活性酸素は

・スーパーオキサイド
・ヒドロキシラジカル

この2つです。

✅スーパーオキサイド

スーパーオキサイドは
体内に適量ある場合は
がん細胞を攻撃したり
細菌を除去してくれます。

しかし、

余った活性酸素は肝臓や
皮膚の障害に発展すると
科学的に分かっています。

それだけでなく、

自己免疫疾患さえも
スーパーオキサイドが
関与していると言われています。

体はこの問題の解決法を
既に持っています。

体内にはSODと呼ばれる
スーパーオキサイド除去酵素が
存在しています。

この物質がスーパーオキサイドを
無害化してくれているので
健康被害は起こりません。

しかし、後ほどお伝えしますが
現代人はSODの量が足りておらず
スーパーオキサイドを十分に
無毒化することができません。

無毒化できなければ
自己免疫疾患である
アトピーなどに繋がります。

✅ヒドロキシラジカル

活性酸素の中で最強クラスの
強さを誇るヒドロキシラジカル。

ヒドロキシラジカルは多すぎると
DNAに損害を与え、
ガンを発症させます。

早い話しが、

ヒドロキシラジカルを放置すると
命を落とすということです。

【現代人に活性酸素が多い理由】

活性酸素そのものは体内でも
適量は作られるものです。

その程度であれば健康上
特に問題はありません。

しかし、

現代人の活性酸素量は異常です。

なぜ、健康に悪影響を及ぼすほど
活性酸素が増えているのか?

それには3つの原因があります。

・環境汚染
・タバコ
・食事

この2つです。

✅環境汚染

活性酸素が増える原因の1つに
環境汚染が絡んでいます。

活性酸素は光化学スモッグ
などの影響で
大気中でも作られます。

それを吸い込むことで
体内の活性酸素が増えてしまい
健康被害を起こすのです。

✅タバコ

タバコには内容物の中に
ヒドロキシラジカルが
含まれています。

また、タバコの煙は体内で
スーパーオキサイドを作ります。

ヒドロキシラジカルの害と
スーパーオキサイドの害を
同時に引き受ける習慣が
タバコというものです。

✅食事

酸素が活性酸素になる時、
酸化させやすいものから
攻撃をスタートします。

最も酸化させやすいものは
不飽和脂肪酸というものです。

不飽和脂肪酸は魚の油や
植物油のことです。

これが古くなってしまうと
簡単に酸化してしまい
過酸化脂質となります。

市販で売られている食べ物には
何日も店頭で並んでいます。

そのせいで油が酸化してしまい
活性酸素たっぷりの食べ物へと
変貌しているのです。

具体的には、

・魚の干物
・煮干し
・しらす
・揚げせんべい
・かりんとう
・バターピーナッツ
・ポテトチップス
・インスタントラーメン

などです。

加工食品は良くないと
よく言われていますが、

その理由は添加物よりも
使われている油が酸化し
それを口にすることにあります。

上記以外にも植物油を使った
コンビニ関連の食べ物は
新鮮な物以外は避けたほうが
活性酸素を増やさずに済みます。

【どうすれば活性酸素を除去できるの?】

多すぎる活性酸素は
アトピーやガンを招きます。

では、どうすればこの問題を
解決することができるのか?

答えは、

『抗酸化力を高める』

です。

抗酸化とは酸化を食い止める。

という意味です。

抗酸化作用の成分は
いくつかありますが
代表的なものとして

・ビタミンC
・ビタミンE

この2つが強力です。

ビタミンCは
スーパーオキサイドを
無効化させてくれますし

ビタミンEは
ヒドロキシラジカルを
無効化してくれます。

日頃から2つの栄養素を
しっかりと摂ることで
活性酸素は防げます。

【食べ物からでは不十分】

ビタミンCとEは食べ物に
含まれている栄養分です。

なので、自然に考えれば
日頃から食事に気をつけて
ビタミンを摂取しようと
考えるかと思います。

ただ、

今の食べ物で栄養を期待するのは
あまり現実的ではありません。

例えば、

1950年に文部科学省が発行した

『日本食品標準成分表』

を確認してみると

1950年のほうれん草には
100mgのビタミンC含有量が
150mgだと記されています。

それから32年後の1982年には
含有量が65mgになり、

2000年には35mgにまで
激減しています。

1950年から2000年までの
わずか50年間で栄養素が
約5分の1に低下しているのです。

こうした事例が
いくつも報告されています。

こうした状況の中で十分な栄養を
食べ物からだけで補うのは
とても現実的ではありません。

【サプリメントを活用する】

食事で補えない栄養素は
サプリメントで補いましょう。

サプリメント先進国である
アメリカはその考えが常識です。

日本ではサプリメントに対して
まだ浸透しきれていませんが
体が栄養満点になれば薬なんて
飲む必要はありません。

今回お伝えしたビタミンである
ビタミンC、Eに関しては以前に

オススメする理由やメリットを
詳しく解説しています。

●ビタミンC

アトピー改善に必要なビタミンC摂取量とは?レモン500個を簡単に食べる方法

●ビタミンE

ビタミンEがアトピーに効果的な理由と42の健康効果を公開!

【まとめ】

・活性酸素はアトピーやガンなどの万病の原因とされている

・環境汚染、タバコ、食事が影響して現代人は活性酸素が増え続けている

・活性酸素を除去するには、ビタミンCとEが必要となる

 

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー 活性酸素, アトピー治療全般,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介

こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー