アトピー 考え方 アトピー治療全般 アトピーと腸内細菌について

生まれつきアトピーを発症する原因とは?完治に向けた対策法を公開!

2018年12月23日

トシです、

僕は生まれつきアトピーです。

アトピーで悩んでいる方には
生まれつきアトピーだったり
中学生になってから発症した。

という方もいます。

今回は僕と同じように
生まれつきアトピーを抱えて

幼少期や学生時代、
社会人を経験している方に向けて

『生まれつきアトピーを発症する原因』

について詳しく解説していきます。

また、そこから分かるアトピーの正体や
改善方法についてもお伝えしていきます。

この記事で知れること

✅生まれつきアトピーが発症する原因
✅アトピーが起こるメカニズム
✅母乳の重要性
✅アトピーの根本治療法
✅医者は投与するアトピー原因物質とは?
✅腸だけではアトピーは治らない?

 

なぜ、生まれつきアトピーを発症するのか?

アトピーの原因として
巷で言われていることに、

・添加物の摂りすぎ
・砂糖の摂りすぎ
・ステロイドの副作用
・運動不足
・汚染された空気

などがよく言われます。

ただ、

僕はこの考えについて
少し疑問を持っています。

それは、

生まれつきアトピーの場合は
先ほどの理由が該当しないのでは?

ということです。

確かに、添加物の摂りすぎや
汚染された空気に触れたことで
アトピーを引き起こすというのは

「確かにそうかもしれないな」

と感じることもあります。

しかし、

生まれて間もない赤ちゃんは
添加物も食べていませんし
病院内の清潔な空気の中で
一定期間過ごすことになります。

それにも関わらず、
アトピーを発症します。

僕自身が生まれつきアトピーなので
以前からこのことについて疑問でした。

なので、

「食事内容が悪いからアトピーが出た」

「運動習慣が無いからアトピー」

「コンビニ食ばかりだからアトピー」

などという言葉は自分には
該当しないものだと思っていました。

ただ、1つだけ直感的にこれは
自分にも該当する気がすると
何となく思っていたものがあります。

それは、

『アトピーは腸内細菌バランスの乱れ』

という考え方です。

ヒトと菌の共同生活

医学が発展していくにつれて
徐々に人間の体の仕組みが
解明され始めました。

そこで分かった衝撃の事実として

『人は100兆の菌と共存している』

ということです。

そして、その菌たちの働きにより
食べ物の消化を助けてもらったり
病気を早く治してもらっています。

現代は大量殺菌時代

そんな健康に欠かせない
大切なパートナーである菌ですが
現代の生活環境に不満を持っています。

何故かと言うと、やたら菌にとって
住みにくい環境になっているからです。

例えば、

雑誌やテレビCMなどを見ていると

『除菌』

という言葉が必ず出てくるかと重ます。

確かに除菌をすることで
感染症などを予防できるので
とてもありがたいことなのですが、

僕たちの健康を支えている菌までも
簡単に殺してしまっているのです。

さらに、水道水に含まれている塩素や
タバコの化学物質、加工食品なども
菌を殺してしまう原因となっています。

なので、現代の環境というのは
人間の歴史上で最も菌を殺している
『大量殺菌時代』だと言えます。

先ほどもお伝えしましたが
人は菌と共存しています。

その関係性が乱れてしまうと
簡単に病気にかかってしまいます。

腸内細菌のバランスが乱れるとアレルギー症状が出やすくなる事実

その代表的な例として
アレルギー症状があります。

アレルギー症状というのは
アトピーだけでなく喘息や
花粉症、鼻炎などなど

様々な症状があります。

実はこのアレルギー症状が起こる
根本的な原因は何かと言うと、

『腸内細菌が不足している』

ことだと言われています。

腸内細菌には

・善玉菌
・日和見菌
・悪玉菌

の3つに分類されるのですが
アレルギー症状を抱えている方は
善玉菌が不足しているという
共通の特徴があります。

「日和見菌ってなんですか?」

と言いますと、

バランスが多い方に加担する菌です。

例えば、

善玉菌が多ければ善玉菌に加担し
悪玉菌が多ければ悪玉菌に加担します。

因みに、

それぞれの腸内細菌比率は

善玉菌:2
悪玉菌:1
日和見菌:7

が正常だとされています。

これがもし、善玉菌と悪玉菌が逆転すると
日和見菌はたちまち悪玉菌に加担し
腸内環境は一気に荒れてしまいます。

「確かに腸内細菌は大切だと
理解できたけど生まれつき
アトピーの人には関係ないのでは?」

と思うかもしれません。

僕もこれまでずっと
そう思ってきました。

腸内細菌バランスを整える必要があるのは
途中でアトピーになった人向けであって
自分には関係の無い話しなのだと。

ただ、なぜか腸内細菌に関しては
自分にも関係があるのでないか?

と直感的に感じていました。

そこで詳しく調べてみると
重大な事実に気がつきました。

赤ちゃんの無菌ライフ

もともと人は母親のお腹にいる時、
腸内は無菌状態にあります。

つまり、善玉菌も悪玉菌もいない
真っ白な何も世界ということです。

この状態から一定期間が経過すると
母親の産道を通って外の世界へ
誕生することになります。

ここまでの段階で赤ちゃんの腸内では
無数の菌たちが入り込み
腸内環境が作られ始めます。

「どうやって腸内細菌は
体の中に入ってくるの?」

といいますと、

ほとんどが口から
取り入れています。

赤ちゃんが生まれる際に通る
母親の産道に存在する乳酸菌
口から体内に取り入れたり、

外の空気に触れて様々な細菌を
呼吸と共に体内へと取り入れます。

こうして赤ちゃんの腸内には
無数の菌が繁殖するのです。

母乳の役割

人が健康状態を維持するためには
腸内細菌は善玉菌の割合を
多くする必要があります。

どうやって赤ちゃんは
善玉菌を多くするのか?

と言いますと、

母乳に含まれている成分で
善玉菌を増やしています。

母乳には善玉菌のエサとなる
成分が豊富に含まれています。

これを体内に取り入れることで
善玉菌をどんどん増やしていき
体の健康を維持しようとします。

特に初乳は通常の母乳とは成分が違い、
免疫力を強化させたり排便を促したりと
腸内環境を整える大切な役割があります。

こうして母親から母乳を通じて
赤ちゃんの腸内環境は整います。

生まれつきアトピーの赤ちゃんに起こっていること

ところが、

生まれつきアトピーの方の場合、
この腸内管渠を整える行為が
上手くできないまま、
成長している可能性が高いです。

どういうことかと言うと、

・母乳の質の問題
・抗生物質が投与されている

この2つの問題があることで
生まれつきアトピーになる
可能性が高いです。

✅母乳の質の問題

赤ちゃんは、母親の母乳を飲むことで
腸内の善玉菌を増やしていきます。

ところが、

母乳そのものに栄養が欠けていたら
一体どうなのでしょうか?

例えば、

母親の食生活が不健康で
腸内も汚れているという場合、
母乳の質も悪くなります。

結果的に赤ちゃんは腸内環境を
上手く整えることができずに
アトピーを発症する危険が高まります。

✅抗生物質が投与されている

赤ちゃんを生む前に膣内検査を行い
陽性という結果が出てしまうと
医者は抗生物質を投与します。

抗生物質は確かに悪い菌を死滅させる
とても便利な薬なのですが、

産道に存在する赤ちゃんに渡すはずだった
大切な乳酸菌さえも殺してしまいます。

その結果、

赤ちゃんの腸内は生まれた頃から
バランスが悪くなり外からやってくる
あらゆる物質に対してアレルギー反応を
示してしまうことにつながります。

実際、ある研究データによると、、

生まれつきアトピーがある
赤ちゃんのウンチと、

そうでない赤ちゃんの
ウンチを検査してみると、

アトピー持ちの赤ちゃんのウンチは
善玉菌の量がとても少ない。

ということが分かっています。

このことから考えると

『アトピーの根本的な原因は
腸内細菌のバランスの乱れ』

ということが分かります。

学生時代に急にアトピーになったり
社会人になって発症した場合は、

これまでの食生活などで善玉菌が
徐々に少なっていき、
一定数を超えたタイミングで
アトピーとして症状が出たと言えます。

なので、

添加物だダメという意見や
加工食品が良くないという考えは
間違ってはいませんが、

加工食品がダメというよりも
そういった食事を続けることで
善玉菌が減ってしまうことになるから
食べないほうが良い。

という言い方が正確です。

どうすれば生まれつきのアトピーを完治できるのか?

ここまでで生まれつき
アトピーが発症する経緯を
簡単に解説してきました。

こうしてアトピーという症状に対して
客観的に分析してみると解決策も
自然と思いつきやすくなります。

「アトピーを解決する方法は
一体何なのでしょうか?」

と言いますと、

『腸内細菌を整えること』

ということになります。

生まれつきアトピーということは
赤ちゃんの頃から善玉菌の数が
不足したまま成長しているので
そこを補ってあげればOKです。

善玉菌を増やすには?

では、どうすれば善玉菌を増やせるのか?

と言えば、

善玉菌にエサを積極的に
与えてあげれば良いです。

そのエサとなるのが食物繊維です。

自然界にある食物繊維の中でも
ダントツで効果があるものが

『サイリウム』

です。

サイリウム:
https://amzn.to/2EGqKl8

サイリウムはオオバコ科の植物で
食物繊維をかなり含んでいます。

まずはサイリウムを朝の水に混ぜて
飲むことで腸内に食物繊維を届け
善玉菌を増やすきっかけとなります。

腸内を活発化させる方法については
以前、僕が快便になった体験を
記事にしているので参考にして下さい。

アトピーを改善させる腸内洗浄4ステップと腸が原因で起こる恐ろしい病気を公開!

 

腸はあくまでアトピー完治の『第一ステップ』

ここで1つ誤解しないでほしいことは

腸を健康にすればアトピーが治ると
思わないでほしいということ

です。

腸内が荒れるとビタミンの生成が
上手く出来なくなってしまったり
ウンチが溜まったりしていきます。

その溜まった毒素は腸から逆流し
肝臓などにダメージを与えてしまいます。

すると、肝臓を痛めてしまったり
溜まった毒素を腸意外の場所で
なんとか出そうとします。

その結果、痒みを出し肌から
毒素を排出することもあります。

なので、腸をキレイにした後は
傷んだ肝臓を回復させることも大切です。

その他にも臓器を
痛めている可能性があるので

結局は全ての内臓を
キレイにする必要があります。

体は全てが繋がっています。

どこか1つのパーツを治せば
病気が完治する。

というわけではありません。

肝臓に関してはまた別の機会に
詳しく解説していきたいと思います。

まずは、こちらの記事を参考にして
腸を健康にしていきましょう。

アトピーを改善させる腸内洗浄4ステップと腸が原因で起こる恐ろしい病気を公開!

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




CATEGORIES & TAGS

アトピー 考え方, アトピー治療全般, アトピーと腸内細菌について,

Author:

幼少期からアトピーに苦しみ続け、普通の日常に憧れを持ちながら過ごしてきた。どうにかしてアトピーを完治させたいと思い、ブログを通して改善に効果があった方法や最新情報を提供しています。




自己紹介


こんにちは、トシです。

アトピーを改善させる方法や人生で役立つ情報を発信しています。
僕自身、幼少期からアトピーに悩まされイジメや不自由さを経験しながら生きてきました。

『病気には必ず原因があり、それを解決すれば完治する』という考えを信じ、アトピー改善に効果的だった方法を紹介しています。

趣味・特技:サッカー、読書、ネットサーフィン、筋トレ
性格:まじめで頑固な部分がある(笑)
長所:長期的な戦略を練るのが得意
短所:行動に移すことが苦手
好きな食べ物:カレー