10月からアトピーが悪化する原因は【湿度】にある?冬の痒み対策を公開

アトピーと保湿について
10月からアトピーが悪化する原因は【湿度】にある?冬の痒み対策を公開

トシです、

寒さと共にアトピーが
悪化していませんか?

肌寒くなると空気が乾燥し
痒みが増長しやすくなります。

今回は季節変化における
アトピー対策を科学的に紹介します。

この記事で知れること

✅アトピー患者が気をつけるべき2つのポイント
✅科学的に判明している痒みが増幅する”ある”きっかけとは!?
✅冬の時期に役立つ便利アイテムを公開!

スポンサーリンク

アトピーが悪化する季節

あなたのアトピーは
いつ悪化しやすいでしょうか?

夏に悪化しやすい人もいれば
秋や冬に悪化する人もいるでしょうし
その両方の人もいます。

ちなみに僕の場合は両方です。

夏は汗などがきっかけとなり
肌が痒くなる傾向がありますし

秋や冬は湿度の低下と共に
乾燥による痒みが起こりやすいです。

科学的に判明した痒みが強まる2つの要因

アレルギー支援ネットワーク
というサイトで掲載されている
アトピーの関する研究結果によると、

アトピー患者は湿度が下がるほど
肌の水分量が徐々に低下していき

強い痒みを感じるようになると
科学的に判明しています。

アレルギー支援ネットワーク:
https://alle-net.com/allergy/allergy-atopic/allergy-atopic05/

少し見にくいですが研究資料です。

水分量が少ない時期に症状スコアが
急激に伸びていることが分かります。

また、月別のアトピーの具合を調査すると
夏は全体的に症状が落ち着き11月頃から
顕著に症状が悪化すると判明しました。

こちらが研究資料です。

もちろん個人差が大きいですが
乾燥しやすい時期になると
痒みが強まる傾向にあります。

また、

アトピー患者に向けて
悪化する要因は何だと思いますか?

というアンケートを行ったところ
以下の回答が得られました。

1位 汗
2位 エアコン
3位 入浴
4位 就寝時
5位 体が温まった時

ちなみに一般の方のアンケートでは
このような結果となりました。

1位 体が温まった時
2位 季節(春・秋)
3位 妊娠、出産

この結果から分かることは
アトピーの痒み強まるタイミングは

・汗や入浴、就寝時などの
体が温まるタイミング

・エアコンや季節変化で
湿度の低下による肌の乾燥

この2つだと言えます。

ただ、

このアンケートの母数は
たったの30人であることから

悪化要因は個人差が
大きいかと思われます。

症状を落ち着かせるための環境づくり

先ほどの研究結果からも分かる通り
アトピーの猛烈な痒みの引き金は
極端な環境の変化から起こります。

日本は四季がある国なので
季節が年に4回も変わります。

特に夏と冬では
環境が180度異なります。

そうした急激な環境変化は
痒みを増幅させる要因となります。

とすれば、やるべきことは2つあります。

それは、

・夏の時期は汗対策をすること
・冬の時期は乾燥対策をすること

です。

季節ごとの対策方法

夏の対策方法

まず夏の時期の対処法です。

この時期は汗によって痒みが起こります。

ある研究結果によると
アトピー患者の80%は
汗アレルギー持ちと言われています。

汗対策としては、

・こまめに汗を拭き取ること
・帰宅後はシャワーで汗を流す

です。

なるべく汗を
放置しないことがポイントです。

冬の対策方法

冬の場合は乾燥対策がテーマです。

肌が乾燥すると刺激に敏感になり
一般の人でも痒くなりやすいです。

乾燥対策としては

・水分補給
・保湿剤の使用
・加湿器

寒くなると水分補給をする頻度は
自然と減ってしまいがちですが

人間の体は息などで
常に水分を放出しています。

保湿剤に関しては
冬場はクリーム系がおすすめです。

「べっとりしてヤダな〜」

と思うかもしれませんが
ニベア辺りは使いやすいです。

万能保湿剤NIVEA:
https://amzn.to/2BqpWhg

また、

加湿器は簡単に湿度を上げてくれるので
一台持っておくと役立ちます。

実は僕自身、加湿器を購入するお金が
とても勿体ないと感じていたので
今まで使ってこなったのですが

最近、肌寒くなり乾燥による痒みが
少し強まってきました。

そこで思い切って購入したところ、
確かに痒みが軽減したと実感しました。

実際に購入した加湿器:
https://amzn.to/33MBmIt

日々の環境づくりが大切

汗や乾燥による痒みは
アトピーの人だけでなく
一般人も感じています。

ただ、アトピーの人というのは
長年、肌を掻いてきたことによって

刺激を探知する神経が
通常よりも多くなっています。

なので、ちょっとした痒みから
徐々に強烈な痒みへと変化していき
体全体を掻き壊してしまいます。

それを防ぐためには今回お伝えした
痒みの原因となる

・汗
・乾燥

この2つの対処法を持つことが大切です。

このブログで日頃からお伝えしている
栄養療法も勿論大切なことですが
それと同時並行で痒みが起こりにくい
環境づくりにも取り組んでいきましょう。

まとめ

・アトピー患者は汗と乾燥の2つに弱い
・季節ごとの対処法を知ることは非常に大切
・栄養療法と共に環境作りにも配慮する

 

「参考になった!」という方は
こちら↓をクリックして下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました